体験から学ぶ防災意識 ー 本所防災館

CC(チャレンジコミュニティ)大学の同級生で月一度のクラス会をしてしています。日ごろの活動の報告をしたり、みんなで出掛けたり。今月は、防災意識を高めるために、本所防災館へ行って、いくつかの体験をしてきました。首都直下型地震だとか、記録的豪雨だとか、突然降りかかる災害に対応できるよう心構えが必要です。そんな体験が出来る施設です。

錦糸町の駅前で待ち合わせ、歩いて約15分。
e0219011_11080843.jpg
   曇っていましたが、スカイツリーもくっきり。まだ、上ったことはありませんが。
e0219011_11075995.jpg
東京消防庁の「本所都民防災教育センター」は、楽しみながら学べる防災体験施設です。
e0219011_11072913.jpg
まず「防災シアター」の大型スクリーンに映し出された災害を映像と音で体感し、心の準備をします。その後、私たちは、2時間のツアーの中で、暴風雨、消火器操作、煙からの脱出、地震の揺れを体験しました。
暴風雨体験では風速30ミリの強風と雨にさらされながら、手すりにしがみついて、飛ばされないよう必死。
e0219011_11070930.jpg
e0219011_11070100.jpg
次は、消火器の使い方の説明を受けてから、消火の体験。消火器は結構重い。
e0219011_11065143.jpg
スクリーンに映った火の元に向かって、消火の体験。消火器の噴出時間はたった15秒だとか。あっという間に終わってしまいます。いかに初期消火が大切かということ。
e0219011_11064414.jpg
建物の中などで、煙に囲まれたら、背を低くして非難します。煙の中には、呼吸や目に悪影響を及ぼす物質もあり、口をハンカチで覆ったりすること。こんな中で停電になったら。。真っ暗って、とても怖い。
e0219011_11052321.jpg
火災で一番多い原因は、1位 放火、2位 たばこの不始末、3位はコンロの火だそうです。漏電も要注意!たこ足配線とか、コンセントに差しっぱなしのプラグに埃が溜まったりして、これも漏電の原因になります。
e0219011_11292353.jpg
e0219011_11293965.jpg






















最後に、震度7の地震を体験。直下型とか海溝型とかあるそうですが、まず、机の下に頭を隠し、机の脚の上の方を掴んで身を守る。一生懸命脚にしがみついていても、凄い揺れ。15秒ほどの揺れの体験でしたが、3分続いたらとても頑張れるかどうか。。。地震が収まったら、頭を座布団か何か被い、ブレーカーを落とし、ドアを開ける。たいへん!
e0219011_11050719.jpg
机の下に頭を入れていれば、落下物からも身を守れます。
e0219011_11045553.jpg
日頃、頭では思っているけど、実際に何一つ準備は出来ていません。いざの時にどれほどの行動がとれるのか、自信はありません。そんな方は、是非ご家族で体験を。
e0219011_11044336.jpg






# by oshaberichi-yan | 2017-10-06 09:30 | 何気に

十五夜お月さん 

テレビで中継していたお月様がとてもきれいだったので、雨戸を開けて覗いてみました。雲に隠れたり、顔を出したり。お月様と雲と追っかけこをしているようでした。

e0219011_08405797.jpg
e0219011_08411412.jpg
e0219011_08413234.jpg
e0219011_08414303.jpg

e0219011_08415210.jpg

              十五夜お月さん ごきげんさん
              婆やは お暇(いとま)とりました

              十五夜お月さん 妹は
              田舎へ貰(も)られて ゆきました

              十五夜お月さん 母(かか)さんに
              も一度わたしは あいたいな

「十五夜お月さん」って、悲しい歌なんですね。





# by oshaberichi-yan | 2017-10-05 08:57 | 何気に

地域が伝える日本の伝統文化アート展

東京2020オリンピック・パラリンピックの応援プログラム「地域が伝える日本の伝統文化アート展」が、9月26日(火)から10月2日(月)まで「ギャラリー高輪AO」で開催されます。
東京都から「東京2020応援プログラム」の認定を受け、港区の後援も受けています。
e0219011_08203145.jpg
地域在住のアーティストの木版画、水墨画、書、能面、布枝、切り絵など9人の作家の作品が展示され、日本の伝統的文化に触れられる貴重なチャンスです。
開館時間は13時~18時まで。無料です。
e0219011_08205064.jpg
8月の初めに、私たちも写真展をさせてもらった「ギャラリー高輪AO」。目印は「旧細川家のシイの木」、静かな住宅街にある優しいギャラリーです。
e0219011_15320586.jpg



# by oshaberichi-yan | 2017-09-21 09:53 | 何気に

竹芝ふ頭のプロムナードをぶらり

秋の気配が感じられた一日、ランチを兼ねて竹芝をぶらり。「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」の近くにあるレストランの駐車場に車を入れ、まだランチには早かったので、近くの桟橋に行ってみました。
「新東京丸のりば」から大人の男の人が大勢下りてきます。珍しいツアーだなと思って後で調べたら、東京都が運航している視察船でした。東京湾の重要な役割を案内するために、東京湾に関心のある15歳以上の人を対象に運航しています。竹芝からレインボーブリッジ、大井ふ頭、青海ふ頭、廃棄物処理場などを廻って、竹芝に戻ってくる1時間半のコースで、無料だそうですが、予約が必要です。こんな東京湾クルーズがあるの知っていました?東京湾の役割を知るために、是非乗ってみたいナ。
e0219011_18141757.jpg
クルーズはともかく、お昼の時間になったので、眺めが良くて。。。というレストラン「T'SUKI sur La mer ツキ シュール・ラ・メール」へ。レストランは2階で窓は総ガラス張り。レインボーブリッジや東京湾を行く船を眺めながらの優雅なランチです。結婚式場も兼ねているので、玄関に向かう階段に赤い絨毯が敷いてあるのが、ちょっと。。。
e0219011_18140078.jpg
<スープ> 7種類の野菜のクリームスープ
e0219011_18135279.jpg
<メイン> サーモンムースの フリット アンチョビのクリームソース
e0219011_18134569.jpg
<メイン> ステーキとフレンチフライ
e0219011_18133724.jpg
<デザート> 栗のエクレアとシャーベット
e0219011_18133021.jpg
帰り際に、お店のパンフレットを貰ったら、間違えて中国語のものを貰っちゃいました。まさか日本語以外のパンフがあるなんて思わなかったし、ましてそれが中国語だなんて。。。それだけ中国からの観光客が多いってことでしょうネ。こんな所にまでと言うと失礼ですが、素直にびっくり!
食事を終えて「竹芝ふ頭公園」に向かってプロムナードを歩いてみました。
e0219011_18132321.jpg
晴れているのに、ガスっているのでしょうか? 何かみんな灰色に見えます。 
e0219011_18131618.jpg
お台場の観覧車も見えますが。。。
e0219011_18130820.jpg
始めてみた和船です。
e0219011_18124921.jpg
「御座船 安宅丸」だそうです。ランチコース、ディナーコース、トワイライトコースとか、色々。演劇付きのコースもあるとか。ちょっと乗ってみたい気がします。
e0219011_18122658.jpg
e0219011_18121484.jpg
e0219011_18120335.jpg
水辺を歩いて、雲を見て、秋も近いことを感じました。







# by oshaberichi-yan | 2017-09-18 08:35 | 気軽にぶらり

高輪地区情報誌「みなとっぷ」10年の歩みと表紙を飾ったアーティスト展

高輪地区で年に3回発行される地域情報紙「みなとっぷ」は創刊以来10年。その10年を記念して9月22日(金)~24日(日)の3日間、表紙を飾って下さった先生方の作品展を、高輪区民センター2階の「展示ギャラリー」で開催します。絵画、版画、写真、書道などの他、能の面と衣装など、15名のアーティストの作品をご覧頂けます。生の作品から、表紙絵とは違った先生方の個性が発見できるかも。
e0219011_08430703.jpg
23日(土)と24日(日)の2日間は、出展アーティストによるお子様向けイベントも用意しております。会場は、区民センター2階「第二制作室」。
23、24日の午前11時から、画家の今井みどり先生の折り紙による紙芝居を上演します。
23日2時からは、書家の國兼凛仙先生と一緒に、みんなで一つの大きな作品を作ります。
24日2時からは画家の小川エリ先生と、一人一人自分だけのお面を作ります。
e0219011_08434140.jpg
編集員はボランティアで15名くらい。1号からの参加者は2,3名ですが、タブロイド版8ページの企画、取材、編集を行います。取材先は港区高輪支所の管轄する地区(高輪、白金、白金台、三田4,5丁目)に限られていて、お住まいが管轄外のため、お願いできないこともしばしば。「みなとっぷ」の発行部数は現在約4万部ですが、もっと認知度を高めたいと、頑張っています。入場は無料です。北海道の方でも沖縄の方でも、どなたでも入場いただけますので、遠くのお友だちもお誘い合わせの上、ご来場ください。


# by oshaberichi-yan | 2017-09-14 16:00 | 何気に


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ(旅行 - 海外)
旅ごころ(旅行 - 国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん(レストラン)
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

体験から学ぶ防災意識 ー 本..
at 2017-10-06 09:30
十五夜お月さん 
at 2017-10-05 08:57
地域が伝える日本の伝統文化ア..
at 2017-09-21 09:53
竹芝ふ頭のプロムナードをぶらり
at 2017-09-18 08:35
高輪地区情報誌「みなとっぷ」..
at 2017-09-14 16:00

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

レストラン・飲食店
旅行・お出かけ

画像一覧