小江戸と言われる 「川越」

埼玉県川越市の観光の目玉 「蔵造りの町並み」 を中心に 「小江戸」 と言われる地区を歩いてみました。 大した距離を歩いたつもりはありませんが、家に帰ったら、ちょっと疲れた。 恵比寿を9時半頃の電車に
乗って、恵比寿に戻ったのは3時半、埼京線で片道1時間ほどでした。 その間、昼食に1時間ほど休んだ程度で、お茶タイムもしなかったから、3時間くらいは歩いたかも。 やっぱり、観光地には平日に出掛けた方がゆっくり出来ますね。 観光コースを回るには 「小江戸巡回バス」 があります。 私たちは予定として、川越駅から 「喜多院」 までタクシーで行って、「蔵造りの町並み」 を南から 「菓子屋横丁」 まで、歩くつもりだったのです。 ところがタクシーの運転手さんから、逆に北から南に歩く方が効率的 (?) だと勧められ、 「菓子屋横丁」 までタクシーで行って、北から南に 「喜多院」 まで歩きました。

「菓子屋横丁」 は、お菓子屋さんが20軒くらい、当時の面影を残したまま路地に軒を並べています。 明治の頃は70軒以上も並ぶ横丁だったとか。 ふ菓子、飴玉、葛湯、いもドーナッツ、まんじゅうなど、明治の頃の懐かしい味が残っています。 この日は小学生が先生と一緒に課外授業で横丁を訪れていました。  
e0219011_13131182.jpg
e0219011_13131876.jpg
「一番街」 の通称 「蔵造りの町並み」 は、川越城の城下町として賑わったエリア。 こういう名前が付いていても、行ってみると数件が並んでいるだけだったり、案外がっかりすることが多いけど、ここは30数棟の蔵造り建築が残っていて、カメラを向けるのも忙しい。 
e0219011_1314038.jpg
          1日4回 (朝6時、正午、午後3時と6時) 、今も鐘の音で時を知らせるという
          「時の鐘」 。 私達は昼食中だったからか、正午の鐘にも気付きませんでした。 
          すぐ近くで食事をしていたんですけどね。。。
e0219011_13132577.jpg
黒い壁に豪華な屋根瓦は土蔵造りの店舗、江戸情緒あふれる景観です。  タイム・スリップしました。
e0219011_13141552.jpg
          大正時代に建てられた「埼玉りそな銀行川越支店 (元第八十五銀行本店) 」。 
          江戸と明治と大正と、こんなにきちんと残っているなんて、川越を見直しました。 (失礼!)
e0219011_13144029.jpg
e0219011_13142842.jpg
「蔵造りの町並み」 をもう少しそのまま南に歩いて、「蓮馨寺 (れんけいじ) 」 に立ち寄りました。 毎月1日は 「川越七福神の縁日」 、8日は 「呑龍様の縁日」 として露店が並び賑わうそうです。 2月2日の日曜日も 「節分会」 で賑わうことでしょう。 境内正面は呑龍上人を祀った 「呑龍堂 (どんりゅうどう) 」。
e0219011_1314513.jpg
       「おびんずる様」 とは、俗に 「なでぼとけ」 と言われ、昔から自分の体の悪いところと、
       おびんずる様の同じところを交互に撫でると良くなると言われているそうです。 私は
       頭を撫でてきました。
e0219011_1315226.jpg
境内の 「鐘つき堂」 。
e0219011_13151960.jpg
「蓮馨寺」 から 「喜多院」 まで更に歩きました。 この歩道には、名所を描いたタイルが埋めてあって、それを追いながら歩くと楽しいですよ。 
e0219011_15242213.jpg
e0219011_15243852.jpg
「喜多院」 は 「川越大師」 として親しまれている徳川家とゆかりの深いお寺。 「徳川家光 誕生の間」 や 「春日局 化粧の間」 などが江戸城から移築され、重要文化財に指定されています。 
「だるま市」 、「節分会」 、 「桜祭り」 などの他、「植木市」 、「菊まつり」 、「大茶盛会」 など、1年を通じて催しがあるそうです。 だから川越散策では欠かせないスポットなんですね。
e0219011_13154426.jpg
          境内の 「多宝塔」 。
e0219011_13155782.jpg
私が一番行ってみたかった 「五百羅漢」 。 1782年から50年間にわたり建立され、人間の喜怒哀楽を
とらえた様々な表情の石仏群は538体だそうです。 
e0219011_1316750.jpg
e0219011_13161793.jpg
あまり期待をしないで行ったからか、思いの外見所があって満足、満足。 それでも、私たちはほんの一部しか廻っていません。 川越城本丸御殿や中ノ門堀跡も心残りの一つ。 神社仏閣も多く、その他美術館、博物館、蔵造りの資料館なども、歩いて廻れる距離ではないかと思います。(責任は負いかねますが。)
by oshaberichi-yan | 2014-01-20 10:48 | 気軽にぶらり


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ(旅行 - 海外)
旅ごころ(旅行 - 国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん(レストラン)
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

イチョウ並木の校門
at 2017-11-07 18:23
Ginza Place 7F..
at 2017-11-05 11:15
体験から学ぶ防災意識 ー 本..
at 2017-10-06 09:30
十五夜お月さん 
at 2017-10-05 08:57
地域が伝える日本の伝統文化ア..
at 2017-09-21 09:53

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

タグ

ブログジャンル

レストラン・飲食店
旅行・お出かけ

画像一覧