カテゴリ:何気に( 96 )

イチョウ並木の校門

女学校の校門の前を通ると、イチョウ並木がとてもきれい。カメラを持って来なかったことを後悔すること度々。今日はちゃんと生徒の授業中を見計らって撮りました。夕方の下校時間になると、カメラを向けられませんものね。イチョウの葉から、陽の光が透けて、とてもきれいなんですが、私の腕では、表現できていないですね。残念!!
e0219011_18134599.jpg
e0219011_18135593.jpg




by oshaberichi-yan | 2017-11-07 18:23 | 何気に

体験から学ぶ防災意識 ー 本所防災館

CC(チャレンジコミュニティ)大学の同級生で月一度のクラス会をしてしています。日ごろの活動の報告をしたり、みんなで出掛けたり。今月は、防災意識を高めるために、本所防災館へ行って、いくつかの体験をしてきました。首都直下型地震だとか、記録的豪雨だとか、突然降りかかる災害に対応できるよう心構えが必要です。そんな体験が出来る施設です。

錦糸町の駅前で待ち合わせ、歩いて約15分。
e0219011_11080843.jpg
   曇っていましたが、スカイツリーもくっきり。まだ、上ったことはありませんが。
e0219011_11075995.jpg
東京消防庁の「本所都民防災教育センター」は、楽しみながら学べる防災体験施設です。
e0219011_11072913.jpg
まず「防災シアター」の大型スクリーンに映し出された災害を映像と音で体感し、心の準備をします。その後、私たちは、2時間のツアーの中で、暴風雨、消火器操作、煙からの脱出、地震の揺れを体験しました。
暴風雨体験では風速30ミリの強風と雨にさらされながら、手すりにしがみついて、飛ばされないよう必死。
e0219011_11070930.jpg
e0219011_11070100.jpg
次は、消火器の使い方の説明を受けてから、消火の体験。消火器は結構重い。
e0219011_11065143.jpg
スクリーンに映った火の元に向かって、消火の体験。消火器の噴出時間はたった15秒だとか。あっという間に終わってしまいます。いかに初期消火が大切かということ。
e0219011_11064414.jpg
建物の中などで、煙に囲まれたら、背を低くして非難します。煙の中には、呼吸や目に悪影響を及ぼす物質もあり、口をハンカチで覆ったりすること。こんな中で停電になったら。。真っ暗って、とても怖い。
e0219011_11052321.jpg
火災で一番多い原因は、1位 放火、2位 たばこの不始末、3位はコンロの火だそうです。漏電も要注意!たこ足配線とか、コンセントに差しっぱなしのプラグに埃が溜まったりして、これも漏電の原因になります。
e0219011_11292353.jpg
e0219011_11293965.jpg






















最後に、震度7の地震を体験。直下型とか海溝型とかあるそうですが、まず、机の下に頭を隠し、机の脚の上の方を掴んで身を守る。一生懸命脚にしがみついていても、凄い揺れ。15秒ほどの揺れの体験でしたが、3分続いたらとても頑張れるかどうか。。。地震が収まったら、頭を座布団か何か被い、ブレーカーを落とし、ドアを開ける。たいへん!
e0219011_11050719.jpg
机の下に頭を入れていれば、落下物からも身を守れます。
e0219011_11045553.jpg
日頃、頭では思っているけど、実際に何一つ準備は出来ていません。いざの時にどれほどの行動がとれるのか、自信はありません。そんな方は、是非ご家族で体験を。
e0219011_11044336.jpg






by oshaberichi-yan | 2017-10-06 09:30 | 何気に

十五夜お月さん 

テレビで中継していたお月様がとてもきれいだったので、雨戸を開けて覗いてみました。雲に隠れたり、顔を出したり。お月様と雲と追っかけこをしているようでした。

e0219011_08405797.jpg
e0219011_08411412.jpg
e0219011_08413234.jpg
e0219011_08414303.jpg

e0219011_08415210.jpg

              十五夜お月さん ごきげんさん
              婆やは お暇(いとま)とりました

              十五夜お月さん 妹は
              田舎へ貰(も)られて ゆきました

              十五夜お月さん 母(かか)さんに
              も一度わたしは あいたいな

「十五夜お月さん」って、悲しい歌なんですね。





by oshaberichi-yan | 2017-10-05 08:57 | 何気に

地域が伝える日本の伝統文化アート展

東京2020オリンピック・パラリンピックの応援プログラム「地域が伝える日本の伝統文化アート展」が、9月26日(火)から10月2日(月)まで「ギャラリー高輪AO」で開催されます。
東京都から「東京2020応援プログラム」の認定を受け、港区の後援も受けています。
e0219011_08203145.jpg
地域在住のアーティストの木版画、水墨画、書、能面、布枝、切り絵など9人の作家の作品が展示され、日本の伝統的文化に触れられる貴重なチャンスです。
開館時間は13時~18時まで。無料です。
e0219011_08205064.jpg
8月の初めに、私たちも写真展をさせてもらった「ギャラリー高輪AO」。目印は「旧細川家のシイの木」、静かな住宅街にある優しいギャラリーです。
e0219011_15320586.jpg



by oshaberichi-yan | 2017-09-21 09:53 | 何気に

高輪地区情報誌「みなとっぷ」10年の歩みと表紙を飾ったアーティスト展

高輪地区で年に3回発行される地域情報紙「みなとっぷ」は創刊以来10年。その10年を記念して9月22日(金)~24日(日)の3日間、表紙を飾って下さった先生方の作品展を、高輪区民センター2階の「展示ギャラリー」で開催します。絵画、版画、写真、書道などの他、能の面と衣装など、15名のアーティストの作品をご覧頂けます。生の作品から、表紙絵とは違った先生方の個性が発見できるかも。
e0219011_08430703.jpg
23日(土)と24日(日)の2日間は、出展アーティストによるお子様向けイベントも用意しております。会場は、区民センター2階「第二制作室」。
23、24日の午前11時から、画家の今井みどり先生の折り紙による紙芝居を上演します。
23日2時からは、書家の國兼凛仙先生と一緒に、みんなで一つの大きな作品を作ります。
24日2時からは画家の小川エリ先生と、一人一人自分だけのお面を作ります。
e0219011_08434140.jpg
編集員はボランティアで15名くらい。1号からの参加者は2,3名ですが、タブロイド版8ページの企画、取材、編集を行います。取材先は港区高輪支所の管轄する地区(高輪、白金、白金台、三田4,5丁目)に限られていて、お住まいが管轄外のため、お願いできないこともしばしば。「みなとっぷ」の発行部数は現在約4万部ですが、もっと認知度を高めたいと、頑張っています。入場は無料です。北海道の方でも沖縄の方でも、どなたでも入場いただけますので、遠くのお友だちもお誘い合わせの上、ご来場ください。


by oshaberichi-yan | 2017-09-14 16:00 | 何気に

「アートアクアリウム2017」

中央通りの日本橋三越の向かい側にコレド室町1,2,3とありますが、ビルの上の方は
オフィスビル、下の方はショップとレストランが多いようです。
その中の「コレド室町1」の5階、日本橋三井ホールで行われている ”金魚” にスポットを当てた毎年恒例の水族アート展覧会。今年で11年目だそうです。7月7日から9月24日まで行われている「五感で楽しむ、江戸の涼」のイベントの一つ「アートアクアリウム2017~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム」に行ってみました。
e0219011_12371322.jpg
入口からは、正しい金魚の見方である上見で、金魚を観賞します。
e0219011_12365646.jpg
横からは、九谷焼で描かれた金魚の華やかな世界を楽しみます。
e0219011_12370381.jpg
        会場のコンセプトは「龍宮城」。龍宮城に続く水中散歩。
e0219011_12364908.jpg
正面が龍宮城。玉手箱をモチーフにした新作って、手前の箱かな?
e0219011_12364278.jpg
金魚を中心に海の魚も交え8,000匹の観賞魚が行燈や毬をイメージした水槽で、優雅に泳いでいます。ライトの変化で、雰囲気も変わって、見ていて飽きません。
e0219011_12362961.jpg
e0219011_12361205.jpg
e0219011_12355736.jpg
e0219011_12353581.jpg
e0219011_12351899.jpg
e0219011_12350468.jpg
e0219011_12344865.jpg
「江戸時代に日本橋で金魚が庶民文化として根付き、金魚を観賞して涼をとっていた文化を、現代に蘇らせ、江戸時代の花街に迷い込んだかのような非日常の ”涼” の世界をお楽しみ頂けます。」とのこと。


by oshaberichi-yan | 2017-07-22 10:54 | 何気に

白金の住宅街 「今井記念館」ってなぁに?

犬の散歩は、車の多い道を避け住宅街を歩いています。その途中「今井記念館」を見つけました。ただ名前だけの表札しか出ていなくて、いつも門は閉まっています。前を通るたびに気になっていました。ある日、門の中に館長の今井みどり先生(後でわかったことですが)をお見掛けして、「何の記念館ですか?」とお尋ねしました。記念館は戦前の建物で、以前はスエーデン大使館としても利用されていたとか。今は、ご自宅とギャラリー、コンサートにも利用されています。
e0219011_19275024.jpg
みどり先生の祖父は外交官、祖母は聖心幼稚園を設立、現在のサンタ・セシリア幼稚園や東京保育専門学校の法人である「学校法人聖心学園」に関わった方です。父上は東京芸術大学の教授兼ピアニスト。「応接間」左のピアノ(ベシュタイン)は父上が、右のピアノは母上が愛用されたもの。この記念館には、古いタイプライター、SP・LPレコード、オルガンなども含め、今井家の歴史が詰まっています。
e0219011_19274257.jpg
       先生は女子美術大学絵画科洋画専攻を卒業され、現在は日本国際美術家協会 (JIAS)
       や日中現代芸術交流協会に所属、フランスや中国を始め、国内外の美術展に
       多数出展されています。作品は「青い静物」。
e0219011_19272674.jpg
        「デルフィニウム」。
e0219011_19270095.jpg
二階アトリエに上がる階段にも絵画が沢山掛けてあります。階段の途中に掛けられた絵画は、立ち位置と窓からの光の反射との関係が図れず、うまく撮れませんでした。修行が足りず、反省!!
左「水辺のシンフォニー」。右奥は「音楽」。
e0219011_19265137.jpg
         上は「此岸の情景」、下が「黒い猫」。
e0219011_19271595.jpg
「第13回 日仏現代美術世界展」に出展された「汚れなき森」。「 2013年サロン・
ドートンヌ展」にも出展されました。
e0219011_19263561.jpg
「楽園の鳥達」。「第27回 パリ国際サロン展」に出展。「第45回 スペイン美術賞展」に特別推薦で出展されました。
e0219011_19255363.jpg
アトリエには、制作中の作品も。私など写真のタイトルを付ける時は、とても悩みますが、先生は、タイトルが決まってから、作品を描いて行く時もあるんですって。
e0219011_19252272.jpg
制作中の「春風」。
e0219011_19253105.jpg
       古い造りなのに、モダンな感じのバスルーム。10代から
       20代の頃に描いた抽象画です。左側に「太陽への道」。
       右側二作は上からアクリル画の「飛行」と「ダンス」。
e0219011_19251356.jpg
先生は多才な方で、折り紙で絵や紙芝居を作られます。これは「鳥達の十二ヶ月」と言うシリーズの中の一部です。左上から「1月 鶴の舞う新雪の庭」、下に「2月 鶯鳴く湖畔の老梅」、右上に行って、「4月 尾長飛び交う日だまりの桜」、「5月 藤咲く庭の鳩とカナリア」、「10月 雁の飛び立つ明月夜」、「11月 里山の鴉」。
e0219011_19234925.jpg
折り紙で一場面一場面作られた紙芝居「ももたろう」。折り紙の本も出版していらっしゃるし、
保育専門学校でも図画工作を教えていらっしゃいます。
e0219011_19233846.jpg
今年10月に、フランス・ロワールのクロ・リュセ城で開催される日本人アーティストによる美術展「Invitation from Da Vinci ダ・ヴィンチからの招待状」に出展されるそうです。
クロ・リュセ城はレオナルド・ダ・ヴィンチが晩年を過ごし、世界遺産にもなっているところ。
そこで、ダ・ヴィンチの絵(レプリカ)と一緒に展示され、展覧会後には、作品がラベルになったロワール・ワインを記念として頂けるんですって。 出展作品「森の梟」。
e0219011_19225938.jpg
居住スペース全体がギャラリーのようで、すべてが見学コースです。一年に一度、桜の頃、お庭の桜を眺めながら新作発表会が行われます。その他にも、スイーツと音楽のホームコンサートが企画されることもあるそうです。入館には、予約が必要ですのでお忘れなく(03 - 3444 - 5502)。


by oshaberichi-yan | 2017-06-09 19:55 | 何気に

ニューカメラの練習(ニコンD5600)

最近、一眼レフのカメラを抱えて、歩き廻るのがしんどくなってきました。レンズを含めて 1.36 kg 。首に掛けていると肩が凝るし、手で支えていると手首も疲れる。特に先日箱根に行った時、坂道を登っていて、もうダメ!と感じました。ミラーレス一眼はレンズも含めて 500g くらいだから、軽くて良いのだけど、何かが違う。先生に相談したら、ニコンの D5600 が、軽いし性能も良いとのこと。本体とバッテリーで 464g 。いつも使っているレンズが 560g だから、レンズより軽い。全部で 336g 軽くなったのだけど、それがどの程度、体力に影響するのかな?
早速、カメラに慣れるために、庭の花を撮ってみました。確かにレンズのある前の方が重い気がします。今までの D7000 より、ランク(?)が低いらしいけど、私の技能では使用しない設定だから、使用中の不便は感じませんでした。336g って、やっぱり違うのかな?

               「バイカウツギ」
e0219011_10384319.jpg

「ヒメウツギ」

e0219011_10382743.jpg

「コバノズイナ」

e0219011_10391727.jpg

「ニオイバンマツリ」

e0219011_10381423.jpg

「ヤマアジサイ」

e0219011_19371102.jpg
e0219011_19375640.jpg

「プルメリア」

e0219011_10390024.jpg

「ブーゲンビリア」

e0219011_10365866.jpg
「製品説明書」は付いてきましたが、「活用ガイド」は HP からダウンロードするようにとのこと。「製品説明書」は各部の名称とか主な仕様が書いてあるだけ。名前が分かったって。。。今までのカメラから、ある程度は想像出来ますが、ランクは下がっても、新しい機種は進歩してるはずですよね。それに、はじめての一眼レフって人だっているんじゃない?「活用ガイド」は200ページもあるのに、それを自分でプリントする? サポートセンターに電話をしたら、有料でプリントしてくれるそうな。振込用紙を送ってきて、振り込みを確認したら、プリントして送ってくれるんだって。2~3週間かかるらしい。親切なこと!!


by oshaberichi-yan | 2017-05-21 10:56 | 何気に

「ギャラリー高輪 AO」オープン

私がボランティアで参加している地域情報紙の編集長が、自宅の一角を改造して、「ギャラリー高輪 AO」をオープンされました。名前の「AO」は、編集長の父上が主宰していらした詩集「青」にちなんだそうで、入り口の青いフレームが目印です。高輪の緑に囲まれた住宅街で「何故ここに?」と思いましたが、この地域の文化やアートを発信し、みなさんに親しまれるギャラリーとして、地域に貢献したいという編集長の熱い思いを感じました。
e0219011_14312899.jpg
e0219011_13453032.jpg
桜やメタセコイヤの林が広がる高輪の住宅街。
e0219011_14321124.jpg
      ギャラリーの斜め前にある「東京都指定天然記念物」の旧細川邸の
      樹齢400年以上という椎の樹。  
e0219011_14323050.jpg
お祝いの花かごが、たくさん届いていました。
e0219011_10410329.jpg
オープン記念は3月26日から4月9日までの「関野凖一郎・洋作 版画展」。故関野凖一郎氏と編集長のお父上の間には浅からぬご縁がありました。最近、編集長夫人が展覧会で気に入り購入した版画が、ご子息の洋作氏の作品だったそうです。調べているうちに、凖一郎氏と編集長のお父上の交友関係に思い至り、ギャラリーのオープン記念展に繋がったそうです。両お父上のお引き合わせでしょうか。
e0219011_10405015.jpg

                 関野凖一郎 「大文字」(木版)
案内状にも印刷されている「大文字」には、とても惹かれました。バックは真っ黒なのですが、照明のため、こちら側がガラスに映ってしまったのが残念です。凖一郎氏は、1981年紫綬褒章も受賞されています。

e0219011_10402589.jpg

                関野洋作「さくら」(木版・金箔)
凖一郎氏の次男、洋作氏の「さくら」は、2015年に美智子皇后もお買い上げになったそうです。年に2回、調布市のご自宅の「アトリエ・関野」を公開し、作品展が催されます。

e0219011_10401348.jpg

「森のねこ」

e0219011_10403370.jpg

「アイリス」

e0219011_10400226.jpg

「青いパンジー」

e0219011_10395059.jpg

「黄色い牡丹」

e0219011_10393825.jpg

左から「赤いバラ」「椿」「コスモス」

e0219011_10392710.jpg
ギャラリー正面の桜は、まだチラホラ咲いているだけでしたが、もう少ししたら、夜はライトアップして、地域のみなさんに楽しんで頂いています。ギャラリーは19時までですので、是非、夜桜も楽しみに、お立ち寄りください。
e0219011_15142376.jpg

by oshaberichi-yan | 2017-03-28 14:59 | 何気に

私は「さくら」、12才になりました。

   12才といえば、人間で65才。高齢者に入りました。去年10月に脱臼の手術を
   したけど、先生の「僕、失敗しませんから」というドラマのような言葉通り、見事
   快復。うれしいです!

   私がちゃんと歩けるようになった時は、あのケチな母が自分では買わないような
   ワインを持ってお礼に行ったんですって。その時「半分は疑っていたんですけど、
   本当にうれしいです!」って、本人は感謝を込めたつもりで言ったらしいのですが、
   先生は「半分ですか。。。」って、ショックだったみたい。
   私が言うのもなんだけど、ほんと母は一言多いのよね。自覚して欲しいな。
e0219011_18433053.jpg
私はアトピーなので、2週間か3週間に一度、シャンプーを含めて肌の手入れに、病院に行きます。でも、父と同じ短毛(薄毛)なので、トリミングは必要ありません。
まず、シャンプーから。
e0219011_18432125.jpg
e0219011_18431418.jpg
次は、バブルのお風呂。毛穴の汚れをかきだすんですって。
e0219011_18430599.jpg
耳のお掃除。私は耳が立っているので、耳の病気はあまりありません。時々痒いだけ。
e0219011_18424815.jpg
次は、歯磨き。家でも寝る前に、母がコットンの指サックみたいなもので、強引に口の中に入ってきてゴシゴシするの。本当にこれは嫌い! 時々、母の手を思いっきり噛んで「やった!」と思っていると、倍になって返してくるから。親の自覚ないのかしら。。。
e0219011_18423982.jpg
お風呂から上がったら、保温と保湿のため、タオルでぐるぐる巻き。
e0219011_18422315.jpg
その後は「ネイル・ケア」。
e0219011_18421200.jpg
     そして、保湿液をぬって、長いフルコースは終わり。あっ、本当はこの後、
     肛門腺を絞られたんだけど、その写真は恥ずかしいから、カットです。
e0219011_18404255.jpg

       最後に、きれいになったところで、トリマーさんのご褒美に釣られて、写真を
       撮ってもらいました。このバックはニューヨークだけど、ロンドンだったり、
       ローマやギリシャだったり。世界を回りました。
       この日は何もつけてないけど、ハローウィンやクリスマスには仮装もするんです。

e0219011_18402242.jpg

きれいなトリマーさんでしょ。私が男だったら、1週間に1度でも通っちゃうかも。今日は一日、
母が側で写真を撮りまくり、うるさかったでしょう。ありがとう。
もう二度と邪魔しないように言っておくから、これからもよろしくね。

e0219011_18401090.jpg



by oshaberichi-yan | 2017-02-18 23:42 | 何気に


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ(旅行 - 海外)
旅ごころ(旅行 - 国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん(レストラン)
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

11月のヨーロッパ - 秋の..
at 2017-12-10 10:48
イチョウ並木の校門
at 2017-11-07 18:23
Ginza Place 7F..
at 2017-11-05 11:15
体験から学ぶ防災意識 ー 本..
at 2017-10-06 09:30
十五夜お月さん 
at 2017-10-05 08:57

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

レストラン・飲食店
旅行・お出かけ

画像一覧