カテゴリ:何気に( 91 )

「アートアクアリウム2017」

中央通りの日本橋三越の向かい側にコレド室町1,2,3とありますが、ビルの上の方は
オフィスビル、下の方はショップとレストランが多いようです。
その中の「コレド室町1」の5階、日本橋三井ホールで行われている ”金魚” にスポットを当てた毎年恒例の水族アート展覧会。今年で11年目だそうです。7月7日から9月24日まで行われている「五感で楽しむ、江戸の涼」のイベントの一つ「アートアクアリウム2017~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム」に行ってみました。
e0219011_12371322.jpg
入口からは、正しい金魚の見方である上見で、金魚を観賞します。
e0219011_12365646.jpg
横からは、九谷焼で描かれた金魚の華やかな世界を楽しみます。
e0219011_12370381.jpg
        会場のコンセプトは「龍宮城」。龍宮城に続く水中散歩。
e0219011_12364908.jpg
正面が龍宮城。玉手箱をモチーフにした新作って、手前の箱かな?
e0219011_12364278.jpg
金魚を中心に海の魚も交え8,000匹の観賞魚が行燈や毬をイメージした水槽で、優雅に泳いでいます。ライトの変化で、雰囲気も変わって、見ていて飽きません。
e0219011_12362961.jpg
e0219011_12361205.jpg
e0219011_12355736.jpg
e0219011_12353581.jpg
e0219011_12351899.jpg
e0219011_12350468.jpg
e0219011_12344865.jpg
「江戸時代に日本橋で金魚が庶民文化として根付き、金魚を観賞して涼をとっていた文化を、現代に蘇らせ、江戸時代の花街に迷い込んだかのような非日常の ”涼” の世界をお楽しみ頂けます。」とのこと。


by oshaberichi-yan | 2017-07-22 10:54 | 何気に

白金の住宅街 「今井記念館」ってなぁに?

犬の散歩は、車の多い道を避け住宅街を歩いています。その途中「今井記念館」を見つけました。ただ名前だけの表札しか出ていなくて、いつも門は閉まっています。前を通るたびに気になっていました。ある日、門の中に館長の今井みどり先生(後でわかったことですが)をお見掛けして、「何の記念館ですか?」とお尋ねしました。記念館は戦前の建物で、以前はスエーデン大使館としても利用されていたとか。今は、ご自宅とギャラリー、コンサートにも利用されています。
e0219011_19275024.jpg
みどり先生の祖父は外交官、祖母は聖心幼稚園を設立、現在のサンタ・セシリア幼稚園や東京保育専門学校の法人である「学校法人聖心学園」に関わった方です。父上は東京芸術大学の教授兼ピアニスト。「応接間」左のピアノ(ベシュタイン)は父上が、右のピアノは母上が愛用されたもの。この記念館には、古いタイプライター、SP・LPレコード、オルガンなども含め、今井家の歴史が詰まっています。
e0219011_19274257.jpg
       先生は女子美術大学絵画科洋画専攻を卒業され、現在は日本国際美術家協会 (JIAS)
       や日中現代芸術交流協会に所属、フランスや中国を始め、国内外の美術展に
       多数出展されています。作品は「青い静物」。
e0219011_19272674.jpg
        「デルフィニウム」。
e0219011_19270095.jpg
二階アトリエに上がる階段にも絵画が沢山掛けてあります。階段の途中に掛けられた絵画は、立ち位置と窓からの光の反射との関係が図れず、うまく撮れませんでした。修行が足りず、反省!!
左「水辺のシンフォニー」。右奥は「音楽」。
e0219011_19265137.jpg
         上は「此岸の情景」、下が「黒い猫」。
e0219011_19271595.jpg
「第13回 日仏現代美術世界展」に出展された「汚れなき森」。「 2013年サロン・
ドートンヌ展」にも出展されました。
e0219011_19263561.jpg
「楽園の鳥達」。「第27回 パリ国際サロン展」に出展。「第45回 スペイン美術賞展」に特別推薦で出展されました。
e0219011_19255363.jpg
アトリエには、制作中の作品も。私など写真のタイトルを付ける時は、とても悩みますが、先生は、タイトルが決まってから、作品を描いて行く時もあるんですって。
e0219011_19252272.jpg
制作中の「春風」。
e0219011_19253105.jpg
       古い造りなのに、モダンな感じのバスルーム。10代から
       20代の頃に描いた抽象画です。左側に「太陽への道」。
       右側二作は上からアクリル画の「飛行」と「ダンス」。
e0219011_19251356.jpg
先生は多才な方で、折り紙で絵や紙芝居を作られます。これは「鳥達の十二ヶ月」と言うシリーズの中の一部です。左上から「1月 鶴の舞う新雪の庭」、下に「2月 鶯鳴く湖畔の老梅」、右上に行って、「4月 尾長飛び交う日だまりの桜」、「5月 藤咲く庭の鳩とカナリア」、「10月 雁の飛び立つ明月夜」、「11月 里山の鴉」。
e0219011_19234925.jpg
折り紙で一場面一場面作られた紙芝居「ももたろう」。折り紙の本も出版していらっしゃるし、
保育専門学校でも図画工作を教えていらっしゃいます。
e0219011_19233846.jpg
今年10月に、フランス・ロワールのクロ・リュセ城で開催される日本人アーティストによる美術展「Invitation from Da Vinci ダ・ヴィンチからの招待状」に出展されるそうです。
クロ・リュセ城はレオナルド・ダ・ヴィンチが晩年を過ごし、世界遺産にもなっているところ。
そこで、ダ・ヴィンチの絵(レプリカ)と一緒に展示され、展覧会後には、作品がラベルになったロワール・ワインを記念として頂けるんですって。 出展作品「森の梟」。
e0219011_19225938.jpg
居住スペース全体がギャラリーのようで、すべてが見学コースです。一年に一度、桜の頃、お庭の桜を眺めながら新作発表会が行われます。その他にも、スイーツと音楽のホームコンサートが企画されることもあるそうです。入館には、予約が必要ですのでお忘れなく(03 - 3444 - 5502)。


by oshaberichi-yan | 2017-06-09 19:55 | 何気に

ニューカメラの練習(ニコンD5600)

最近、一眼レフのカメラを抱えて、歩き廻るのがしんどくなってきました。レンズを含めて 1.36 kg 。首に掛けていると肩が凝るし、手で支えていると手首も疲れる。特に先日箱根に行った時、坂道を登っていて、もうダメ!と感じました。ミラーレス一眼はレンズも含めて 500g くらいだから、軽くて良いのだけど、何かが違う。先生に相談したら、ニコンの D5600 が、軽いし性能も良いとのこと。本体とバッテリーで 464g 。いつも使っているレンズが 560g だから、レンズより軽い。全部で 336g 軽くなったのだけど、それがどの程度、体力に影響するのかな?
早速、カメラに慣れるために、庭の花を撮ってみました。確かにレンズのある前の方が重い気がします。今までの D7000 より、ランク(?)が低いらしいけど、私の技能では使用しない設定だから、使用中の不便は感じませんでした。336g って、やっぱり違うのかな?

               「バイカウツギ」
e0219011_10384319.jpg

「ヒメウツギ」

e0219011_10382743.jpg

「コバノズイナ」

e0219011_10391727.jpg

「ニオイバンマツリ」

e0219011_10381423.jpg

「ヤマアジサイ」

e0219011_19371102.jpg
e0219011_19375640.jpg

「プルメリア」

e0219011_10390024.jpg

「ブーゲンビリア」

e0219011_10365866.jpg
「製品説明書」は付いてきましたが、「活用ガイド」は HP からダウンロードするようにとのこと。「製品説明書」は各部の名称とか主な仕様が書いてあるだけ。名前が分かったって。。。今までのカメラから、ある程度は想像出来ますが、ランクは下がっても、新しい機種は進歩してるはずですよね。それに、はじめての一眼レフって人だっているんじゃない?「活用ガイド」は200ページもあるのに、それを自分でプリントする? サポートセンターに電話をしたら、有料でプリントしてくれるそうな。振込用紙を送ってきて、振り込みを確認したら、プリントして送ってくれるんだって。2~3週間かかるらしい。親切なこと!!


by oshaberichi-yan | 2017-05-21 10:56 | 何気に

「ギャラリー高輪 AO」オープン

私がボランティアで参加している地域情報紙の編集長が、自宅の一角を改造して、「ギャラリー高輪 AO」をオープンされました。名前の「AO」は、編集長の父上が主宰していらした詩集「青」にちなんだそうで、入り口の青いフレームが目印です。高輪の緑に囲まれた住宅街で「何故ここに?」と思いましたが、この地域の文化やアートを発信し、みなさんに親しまれるギャラリーとして、地域に貢献したいという編集長の熱い思いを感じました。
e0219011_14312899.jpg
e0219011_13453032.jpg
桜やメタセコイヤの林が広がる高輪の住宅街。
e0219011_14321124.jpg
      ギャラリーの斜め前にある「東京都指定天然記念物」の旧細川邸の
      樹齢400年以上という椎の樹。  
e0219011_14323050.jpg
お祝いの花かごが、たくさん届いていました。
e0219011_10410329.jpg
オープン記念は3月26日から4月9日までの「関野凖一郎・洋作 版画展」。故関野凖一郎氏と編集長のお父上の間には浅からぬご縁がありました。最近、編集長夫人が展覧会で気に入り購入した版画が、ご子息の洋作氏の作品だったそうです。調べているうちに、凖一郎氏と編集長のお父上の交友関係に思い至り、ギャラリーのオープン記念展に繋がったそうです。両お父上のお引き合わせでしょうか。
e0219011_10405015.jpg

                 関野凖一郎 「大文字」(木版)
案内状にも印刷されている「大文字」には、とても惹かれました。バックは真っ黒なのですが、照明のため、こちら側がガラスに映ってしまったのが残念です。凖一郎氏は、1981年紫綬褒章も受賞されています。

e0219011_10402589.jpg

                関野洋作「さくら」(木版・金箔)
凖一郎氏の次男、洋作氏の「さくら」は、2015年に美智子皇后もお買い上げになったそうです。年に2回、調布市のご自宅の「アトリエ・関野」を公開し、作品展が催されます。

e0219011_10401348.jpg

「森のねこ」

e0219011_10403370.jpg

「アイリス」

e0219011_10400226.jpg

「青いパンジー」

e0219011_10395059.jpg

「黄色い牡丹」

e0219011_10393825.jpg

左から「赤いバラ」「椿」「コスモス」

e0219011_10392710.jpg
ギャラリー正面の桜は、まだチラホラ咲いているだけでしたが、もう少ししたら、夜はライトアップして、地域のみなさんに楽しんで頂いています。ギャラリーは19時までですので、是非、夜桜も楽しみに、お立ち寄りください。
e0219011_15142376.jpg

by oshaberichi-yan | 2017-03-28 14:59 | 何気に

私は「さくら」、12才になりました。

   12才といえば、人間で65才。高齢者に入りました。去年10月に脱臼の手術を
   したけど、先生の「僕、失敗しませんから」というドラマのような言葉通り、見事
   快復。うれしいです!

   私がちゃんと歩けるようになった時は、あのケチな母が自分では買わないような
   ワインを持ってお礼に行ったんですって。その時「半分は疑っていたんですけど、
   本当にうれしいです!」って、本人は感謝を込めたつもりで言ったらしいのですが、
   先生は「半分ですか。。。」って、ショックだったみたい。
   私が言うのもなんだけど、ほんと母は一言多いのよね。自覚して欲しいな。
e0219011_18433053.jpg
私はアトピーなので、2週間か3週間に一度、シャンプーを含めて肌の手入れに、病院に行きます。でも、父と同じ短毛(薄毛)なので、トリミングは必要ありません。
まず、シャンプーから。
e0219011_18432125.jpg
e0219011_18431418.jpg
次は、バブルのお風呂。毛穴の汚れをかきだすんですって。
e0219011_18430599.jpg
耳のお掃除。私は耳が立っているので、耳の病気はあまりありません。時々痒いだけ。
e0219011_18424815.jpg
次は、歯磨き。家でも寝る前に、母がコットンの指サックみたいなもので、強引に口の中に入ってきてゴシゴシするの。本当にこれは嫌い! 時々、母の手を思いっきり噛んで「やった!」と思っていると、倍になって返してくるから。親の自覚ないのかしら。。。
e0219011_18423982.jpg
お風呂から上がったら、保温と保湿のため、タオルでぐるぐる巻き。
e0219011_18422315.jpg
その後は「ネイル・ケア」。
e0219011_18421200.jpg
     そして、保湿液をぬって、長いフルコースは終わり。あっ、本当はこの後、
     肛門腺を絞られたんだけど、その写真は恥ずかしいから、カットです。
e0219011_18404255.jpg

       最後に、きれいになったところで、トリマーさんのご褒美に釣られて、写真を
       撮ってもらいました。このバックはニューヨークだけど、ロンドンだったり、
       ローマやギリシャだったり。世界を回りました。
       この日は何もつけてないけど、ハローウィンやクリスマスには仮装もするんです。

e0219011_18402242.jpg

きれいなトリマーさんでしょ。私が男だったら、1週間に1度でも通っちゃうかも。今日は一日、
母が側で写真を撮りまくり、うるさかったでしょう。ありがとう。
もう二度と邪魔しないように言っておくから、これからもよろしくね。

e0219011_18401090.jpg



by oshaberichi-yan | 2017-02-18 23:42 | 何気に

Masami's Birthday Concert (シャンソン・コンサート)

お友だちのお友だちのコンサートに誘われて、久しぶりにシャンソンを聴きに行きました。会場は六本木ヒルズ森タワーの「六本木ヒルズクラブ」とのこと。51階と言うのも楽しみでしたが、このクラブは会員制なので、こんな時しか行けないですからね。

窓は、北西向きだったので、明治神宮の緑でしょうか。
e0219011_09020921.jpg
ドコモタワーが目印になって、新宿方面とわかります。
e0219011_09021994.jpg
目の下は、国立新美術館。東京タワーとかスカイツリーとか見たかったのですが、逆でした。
e0219011_09030670.jpg
フルコースの昼食後、コンサート。お料理は撮り忘れました。
e0219011_09032437.jpg
       今日の主役の神長まさみさん。六本木の「ピギャール」のオーナー兼歌手です。
       何歳のお誕生日かは発表がありませんでした。
e0219011_09035944.jpg
         ゲストの川島豊さん。
e0219011_09041012.jpg
e0219011_09042464.jpg
e0219011_09043598.jpg
ハイアットホテル&リゾーツの運営だから、結婚式もあげられるみたいです。でも、そんな年頃の友達もいないし、孫もいないから、二度と行く機会はないと思いますが。
もともとシャンソンは好きですが、最近はすっかり聴きに行く機会もなくなっていました。そんなに流行っている風でもないのに、聞けば、シャンソンのライブも結構あるみたいですから、又、ハマっちゃうかな?2月は「ピギャール」に、4月は「六本木シャンソンフェスティバル2017」に行くことに決まりました。


by oshaberichi-yan | 2017-01-29 12:13 | 何気に

ワンちゃんの散歩道

プラチナ通りは、陽当たりも良く、ワンちゃんの散歩には最高!大人気の散歩道です。ママはウインドウショッピングが出来るしネ。我が家の名犬は、陽が当たってても、寒いのは嫌で頑として歩かない。誰に似たんだろう?この頑固さ。病院に行く時は、いつも毛布でくるんで抱いて行く。3.2kg と言えど15分歩くと結構疲れます。最近力持ちになったかも。
e0219011_12525342.jpg
ブログの管理画面が、1月の10日ごろから突然変わってしまって、一苦労。問い合わせをすると、ひどく簡単に出来るというメールが届く。10日掛かってやっと、この記事は書けたけど、それでも今までと違うんで、行ったり来たりで時間がかかってしまう。慣れるまで大変そう。それにまだ一つ、ヘッダの変更が出来ない。そろそろ、イルミネーションから春色に変えたいんだけど。。。今日は1回目の練習投稿です。
にっちもさっちも行かず、この投稿をした翌日、ZEST写真教室に行って、パソコンも得意な先生に教えて頂きました。それで、ヘッダーも季節の梅に変更出来たというわけです。
めでたし!めでたし!




by oshaberichi-yan | 2017-01-19 11:17 | 何気に

気分転換に熱海へ「梅園、来宮神社」

昨夜、温泉にも入らず、朝風呂にも入らず、11時のチェックアウトまで、引き続きおしゃべり。どこに行くかも決まっていなくて、フロントの人にお勧めポイントを聞いたら「梅園」の紅葉と「来宮神社」のパワー・スポットとのこと。両方の場所も近いので、駅のロッカーに荷物を預けてから、廻ろうということになり、タクシーを呼んでもらいました。おしゃべりの私たちは、運転手さんを交えて色々話しているうちに、二つのお勧めポイントを回って、ランチのレストランまで送ってもらって、約1時間で5000円ということで話しがまとまっちゃいました。

確かに梅園の紅葉はきれいでした。梅園だから梅の季節以外に見頃があるとは、思ってもみませんでしたが、四季を通じて楽しめるんですね。根津美術館と同じくらい感激しました。
e0219011_1095734.jpg
冬の梅は、咲く時の美しさを秘めていて、花がなくても、立ち姿が凛として美しい。
e0219011_10101391.jpg
園内は、約14,000坪ですって。
e0219011_10104331.jpg
e0219011_10111343.jpg
e0219011_10113252.jpg
「来宮神社」までは、車で5分位。来福・縁起の神様として古くから信仰されています。その境内にある楠が、パワースポット。パワーポイントと言って「パソコンソフトじゃないんだから」って笑われちゃいましたが、スポットもポイントも同じような ”点” じゃないですか。
e0219011_10115394.jpg
樹齢2000年以上、周囲は24m以上、高さは26m以上の大楠。この木の周りを1周すると、一年寿命が延びるそうです。
e0219011_1012685.jpg
        誰も長生きしたいんですね。もちろん、私たちも列に並んで
        廻りました。今更、1周くらいでは意味がない。少なくとも
        10周くらいはしたかったけど。。。
e0219011_1012467.jpg
e0219011_1013086.jpg
        ちょっと湯河原へ向かう山寄りのレストラン「春陽亭」へ行って
        みました。運転手さんもご存じだったし、有名店のよう。
        私はネットで見た、ここからの海の景色をみたかったのです。
e0219011_10131515.jpg
メニューはコースが二つ。私たちが選んだコースは、サラダ、カボチャのポタージュ、イサキの
ポワレ ラタトゥイユ添え、にデザート12種類の中から5種類選べました。
e0219011_10132710.jpg
e0219011_10133959.jpg
私が見たかったレストランからの風景。手前が初島で、後ろが大島です。望遠にし過ぎました。
e0219011_1013532.jpg
帰りは、湯河原から東海道線で、ゆっくりお喋り。食べてしゃべって「口」の疲れた旅でした。
熱海についてびっくりしたことが一つ。昨日、宿までのタクシー代が710円だったので、1010円を出しました。当然300円お釣りをもらうつもりだったのですが、運転手さんは
「ありがとうございました!」と知らんぷり。「あの~、おつり。。。」と言ったら、笑いながら300円をくれました。これって300円はチップとしてを貰うつもりだった? 
今日のタクシーも同じ会社のタクシーだったので、それとなく聞いてみたら、熱海では当然なんですって。観光客だからではなく、地元の人もおつりは貰わないって。熱海の人って太っ腹!!
「東京でそんなことしないよね。」という話になったのですが。。。だったら、最初から初乗り1000円にすれば良いじゃない! 
更に不快にした出来事が。友人がマフラーを旅館に忘れてきて、送ってもらったという。すぐ届いて、送料も旅館が払ってくれて、丁寧なお手紙まで付いたらしい。ところが、その手紙のあて名が違っていて、がっかりしたという。コピーをする前に、せめて客の名前くらい確かめて欲しい。
最近、熱海は一時より客足が戻って来たと聞いたけど、大丈夫?
by oshaberichi-yan | 2016-12-03 20:24 | 何気に

脱臼の手術後、さくら(犬)は退院し、自宅療養

手術後1週間の入院で、無事(?)退院。短毛なので、毛を剃る必要があるのかと思ったけれど、
お尻の右半分が、剃られているのがよくわかりました。
e0219011_12372030.jpg
縫った傷口が痛いので、右後ろ足は、まだ使えません。
e0219011_12373153.jpg
e0219011_12374133.jpg
手術した足が気になるのか、何とも奇妙な寝姿。
e0219011_12375027.jpg
この1週間は、自然に過ごさせて、抜糸したらリハビリを始めるそうです。私がするのかな?
e0219011_1238652.jpg

by oshaberichi-yan | 2016-10-30 12:50 | 何気に

脱臼の手術で入院中のさくら(犬)に面会

昨日も、さくらの好物のササミを持って面会に行きました。面会しても5分もいないのだから、顔を出すと、かえって里心がつくかと思うのだけど、食欲はあるかな?とか、痛がっていないかな?とか気になります。隣に座ると膝の上に乗ってきたりするから、やっぱり淋しいんですね。
左手には、傷み止めの点滴。
e0219011_18402248.jpg
看護師さんは、優しくてうれしいで~す。「さくらちゃん、長い時間、よく頑張ったわね。」と言われ、思い出しました。手術は午後からで、終わったら連絡があると聞いていたので、3時ごろからソワソワ落ち着きませんでした。5時ごろになって待ちきれず電話をしたら、さっき始まったところなので、終わるのは7時過ぎるとのこと。7時を過ぎて、7時半を過ぎて、やっと8時前に「無事、終わった」との連絡を受けました。考えれば、2時間半くらい掛かったのだから、よく頑張ったのかも。右足の縫った跡が痛々しいし、短毛なのに、剃った跡が寒そう。
e0219011_18404467.jpg
他にも、入院中のわんちゃんが。この間訪ねた時は、20くらいあるゲージは満室だったのに、今日はいくらか空いているみたい。横になったままのワンちゃんもいるんですよ。
e0219011_18424695.jpg
この病院は、夜間も獣医さんと看護師さんが、一人づつ泊まってくれていて安心です。高齢犬も増えているこの頃、理学療法やリハビリの方法も研究され始めたとか。さくらの退院後は、老々介護になるんでしょうか、心配です。
e0219011_18431899.jpg
        退院に備え、家の床は滑らないように、ヨガマットを敷いて、
        準備をしています。これじゃあ、お客さんもよべませんね。
e0219011_18434419.jpg

by oshaberichi-yan | 2016-10-22 10:05 | 何気に


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ(旅行 - 海外)
旅ごころ(旅行 - 国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん(レストラン)
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

「旅ごころ ヨーロッパの写真展」
at 2017-08-08 08:50
新旧の日本橋界隈
at 2017-07-23 11:10
「アートアクアリウム2017」
at 2017-07-22 10:54
銀座三越12F 「ル・ブール..
at 2017-07-17 09:58
睡蓮と菖蒲の「明治神宮」
at 2017-06-23 18:29

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

レストラン・飲食店
旅行・お出かけ

画像一覧