カテゴリ:気軽にぶらり( 91 )

箱根の隠れスポット 「深沢銭洗弁財天」「阿弥陀寺」「蓬莱園」

助手が箱根のツツジを撮りに行くと言う。ツツジの花だけなら、わざわざ出かけなくても、どこで撮っても同じでは? そしたら「銭洗弁天」と「阿弥陀寺」にも行くと言うので、全てお任せで出かけました。

まず最初に、箱根登山鉄道「塔ノ沢」駅のホームに直結している「深沢銭洗弁財天」に行きました。駅の近くに車を止めて、ホームを探すことに。何だか裏山のような所でしたが、工事中のお兄さんに聞いたら、ご親切にもホームに降りる坂道まで案内してくれました。正規ルートなのかはわかりません。ちょっと足元の危ない坂道でしたが、ホームに入るとすぐ弁天さまが見つかりました。
e0219011_11275672.jpg
駅の上りホームから、境内に続く参道があります。私の他には外国人が一組いただけ。あまり知られていないのかな?緑に囲まれ、静かな所でした。電車の中からでも見られると思いますが、気にしていなかったら、気が付かないかも。
e0219011_11274854.jpg
本宮の前に、お金を洗う柄杓と笊がおいてあります。ここの水でお金を洗うと、何倍にも増えて金運向上のご利益があるそうですが、お金は車の中に置いてきてしまっていて残念。老後が心配になりました。
e0219011_11273474.jpg
     なぜ蛙なのかわかりませんが、大きな蛙の背中にも後にも、可愛い蛙が。
     何か意味があるのでしょうね。
e0219011_11272791.jpg
私たちが行ったのは12日。毎年5月11日例祭では、このホームで、ご利益のあるだるまやお札を販売しているそうです。一日遅かった! ここでも運に見放された感じ。
e0219011_11274199.jpg
      そんなに広くないのですが、弁天さまの奥に観音さまがあります。
      駅からすぐお参りできる二つのパワースポット。怠け者の方には、お勧め。
      電車の中からでもお参りできますが、そんな手抜きじゃご利益ないかもね。
e0219011_11271900.jpg
「塔ノ沢」駅から、20分の山登りで「阿弥陀寺」だという。「僕はさくらと待っているから、行って来たら」と勧められましたが、行き先は森のようで全然先が見えません。本当に20分で着くのか心配。迷っていたら、小さな看板を見つけました。そこに矢印があり「阿弥陀寺 駐車場あり」と書いてあるんです。「やった~」。俄然行く気になって、車で入っていたのですが、一台がやっと通れるような細い道。もし、前から車が来たら、坂道のバックなんて。。。最近は、アクセルとブレーキの踏み間違いとか、老人の自動車事故が多いからドキドキしましたが、車と出会うこともなく、無事、駐車場に到着。
e0219011_11270920.jpg
e0219011_11264075.jpg
そこの駐車場から本堂までは、更に坂道を上るのだから、下から歩いて20分では、絶対辿り着けないと思います。男坂、女坂とあるようですが、それどころではありませんでした。
e0219011_11262328.jpg
       参道には、檀家や信者の方々の供養石仏や石塔が並んでいます。
e0219011_11261071.jpg
6月には「六地蔵」の周りのアジサイがきれいだとか。
e0219011_11255103.jpg
やっとたどり着いた「阿弥陀寺」。
e0219011_11253521.jpg
お堂から講和の声が聞こえてきました。ご住職の奥さまが出て来られて「講話を聴いていきませんか」と声をかけてくださいました。40分間位とのことだったので、お参りだけにして。今度は財布をちゃんと持ってきていて良かった!講和中なので「転法輪」は打たないでとのこと。本堂の頭上に掛かっている「百万遍転法輪」は、箱根町の重要文化財。弾誓上人の日課念仏の教えから、信者が一日千遍の念仏を唱える仲間を集め、数珠車に名前を刻んで、毎日住職に廻してもらえば、念仏を唱えたことになると考えて造った数珠だそうです。でも。。。それでいいの?
e0219011_11252552.jpg
小涌谷まで戻る途中です。場所はどこかわかりません。
e0219011_11250074.jpg
          藤の花を、初めて撮りました。
e0219011_11244797.jpg
箱根のツツジで有名な場所は「蓬莱園」の他にも「小田急 山のホテル」とか「強羅公園」とかあるようですが、咲きっぷりをネットでチェックし、「蓬莱園」に決めたようです。
このツツジだけを見て、「皇居東御苑」だとか「根津神社」だとか「蓬莱園」だとか、違いなんて分かりませんよね。
e0219011_11243447.jpg
e0219011_11242404.jpg
e0219011_11241541.jpg
e0219011_11240252.jpg
e0219011_11233280.jpg
今回は偶然の助けを借りて、3時過ぎには家に着き、一度も迷わなかったことを、助手は自慢気。普通だと思うけど。。。機嫌が良かったのか「強羅 花壇」のランチをご馳走してくれました。でも、犬が車に酔ったのか、元気がなく、食事もしないで寝込んでいました。今までは、車酔いなんてしなかったのに。。。


by oshaberichi-yan | 2017-05-18 10:23 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

ネモフィラの丘(国営ひたち海浜公園)

このところ毎日、連休の観光穴場とか、お勧めスポットなどの情報がテレビや新聞にあふれています。その中でもかなり多く取り上げられているのが、ここ「国営ひたち海浜公園」のネモフィラ。あの一面のブルーは「凄い!」。一昨年の10月には紅葉のコキアを撮りに来ていたので、あのブルーの丘を撮ってみたいと、9時前に家を出てきたのですが。。。
10時半過ぎに駐車場に着いた時には、もう既にこの観光バスの行列。なのに、まだまだバスが入ってきます。この他にも駐車場はありますが、西口ゲートがネモフィラの「みはらしの丘」に一番近いのです。一体何人の人が丘に登っているのでしょうか。ゾッとしました。
e0219011_18305210.jpg
   白と青のネモフィラで作った「みはらしの丘」の方向を指す矢印 →
e0219011_18304488.jpg
   ゲートを入って、「みはらしの丘」の麓まで、歩いて10分ちょっと。
e0219011_18303755.jpg
   お勧めの「混雑回避ルート」は、こんな森を抜けます。ここを抜けた時には。。。
e0219011_18302957.jpg
   森を抜けた時、目の先に広がる一面のブルーに、みな「ワァー!」と声を上げました。
   人の多さにだったかな? びっくり!!
e0219011_18301985.jpg
   もう最近は、平日でも空いているところはないですね。高齢者が多くなり、一年中連休
   だから、カレンダーの休みは関係ありません。逆にそれを避けて平日に出掛けるから、
   やっぱり平日も混むんです。
   この頃は、スイセンは終わっていたけど、菜の花の黄色とのコンビネーションも良い。
   あぁ、青い空が欲しい!!
e0219011_18300231.jpg
e0219011_18295362.jpg
e0219011_18293414.jpg
e0219011_18292179.jpg
   最初は結婚式の写真を撮っておるのかと思いましたが、多分モデルさんでしょう。
   ずーっとその辺りにいて、みんなのカメラに応えていました。
e0219011_18291133.jpg
e0219011_18290150.jpg
    丘からの下り道。
e0219011_18285188.jpg
e0219011_18283784.jpg
   ここでは、菜の花に合わせた、黄色いドレスのモデルさん。そういえば、丘の上の
   「みはらしの鐘」のそばには、白いドレスのカップルがいたのですが、その人たちも
   モデルさんだったかな。周りの色と合わせての、モデルさん配置? おしゃれ~
e0219011_18282627.jpg
そうそう、もうすぐ「端午の節句」なんですね。最近はあまり見ない古民家と「こいのぼり」。
e0219011_18281579.jpg
ゲートの手前の「レイクサイドカフェ」付近。
e0219011_18280227.jpg
4月27日は、朝まで降っていた雨も上がり、青空を期待したのですが、ずっとうす曇りでした。
12時前には撮影終了。もっと他にも、砂丘エリア、草原エリア、バーべキュー広場など、サイクリングで回ることも出来るのですが、みはらしエリアだけで、もういいか。。。
公園内は混んでいるし、お弁当も持ってきていないので、常磐自動車道の途中のSAで食事を済ませて、3時には自宅に到着。今年の「春の花」写真班はこれで終了です。
「スカイツリー」に高速の車内から挑戦。連写で何枚撮ったかな?
e0219011_18274637.jpg


















by oshaberichi-yan | 2017-04-29 12:39 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

山梨の「桃源郷」

笛吹市の桃を撮って、勝沼のワイナリーでランチをして帰ってくるというコースで出発。ネットで検索し、手当たり次第にプリントするので、何処に行くのか私にも分からないし、具体的には助手自身も考えてなかったと思います。
朝9時に家を出て、途中で一度、ワンコのトイレのために談合坂SAで休憩。スタバでコーヒーを買おうと思ったら、凄く並んでいて、20人のうち15人は外国人でした。
中央自動車道の渋滞もなく、10時半には「釈迦堂PA」に到着。ここが目的地だったのかどうか分かりませんが、桃の樹が沢山見えたので、とりあえず、ここで撮ることにしました。パーキングエリアから専用階段を上がっていくと、高台に「釈迦堂遺跡博物館」があり、周りは桃畑。博物館は中央自動車道建設時に発掘された縄文遺跡や土器が展示されているそうです。
e0219011_09273185.jpg
e0219011_09271885.jpg
e0219011_09271029.jpg
桜の樹は、並木とか川沿が名所になっていますが、ここは畑なんだから、それは凄い!桃の樹がこんなに群生(?)しているのを見たことがなく、びっくりで感動です。時期的には8,9割り咲きで丁度いい感じ。でも、桃の香りはあまりしなかったような気がします。
e0219011_09263822.jpg
e0219011_09261440.jpg
    ちょっとボケちゃったけど、やっぱり桃の花のアップがないと淋しいから。
e0219011_09252531.jpg
e0219011_09251227.jpg
e0219011_09254244.jpg
向こうの山並みは南アルプス。右の方の一番高い山は「北岳」で、富士山の次に高い山だそうです。売店のお兄さんに教えてもらいました。これで「もう帰ってもいいね」なんて思いましたが、折角だからもうちょっと。
e0219011_09245491.jpg
次は水芭蕉がきれいだという「大窪いやしの杜公園」を目指したのですが、いつものように「ここはどこ?」状態。農家の方に道を聞きながら、走ったのですが。。。そして、迷い道の途中に行き着いたのが「八代町ふるさと公園」。「ここも来ようと思っていたんだよ!」だってサ。
e0219011_09244014.jpg
後が桜の樹、手前に桃の樹。ピンクの濃淡がきれいでした。
e0219011_09243002.jpg
e0219011_09241918.jpg
笛吹市一帯が桃の絨毯を敷いたよう。
e0219011_09235914.jpg
やっとたどり着いた「大窪いやしの杜公園」。公園内は水芭蕉の群生地ですが、もう9分通り終わっていました。ベスト・シーズンは3月の後半ですって。
e0219011_09234962.jpg
e0219011_09233663.jpg
「藤垈の滝」から流れる清流に沿って、歩道橋を歩きながら水芭蕉が楽しめるはずです。
e0219011_09232502.jpg
中央自動車道で勝沼まで戻って、ワイナリーでランチを。又、ここでも「こっちの方だと思う」と言う助手の言葉が曖昧で。。。目的のワイナリーの場所を他のワイナリーで聞くというのが間違いでした。「うちにもありますよ」という言葉で、引き返せなくなってしまって、挫折。「シャトー勝沼ワイナリー」のランチも美味しかったし、工場見学も一人で回れたから、文句はないんですが。
e0219011_09231095.jpg
e0219011_09225956.jpg
本来の目的地だった「ぶどうの丘」。もうちょっと登れば良かったんだ!
e0219011_09224440.jpg
「写真を撮るには、筋力がいる」って本当ですね。車に乗ったり降りたり、坂道を上ったり下ったり。立ったり座ったり。だんだん疲れを感じるようになりました。首にかけているカメラも重くて、肩が凝ります。犬も動いたり止まったりを繰り返すので、疲れたようです。長時間留守をするのは可哀想と思って連れて行くのですが、かえって迷惑だったかも。静かにゆっくり寝ていたいと思っていたりして。。。



by oshaberichi-yan | 2017-04-15 18:18 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

散策にお勧め「池上本門寺」

お寺が好きなわけではないけれど、「善光寺」に続き大田区の「池上本門寺」に行って来ました。今の時期、何があるわけでもないけれど、以前、誰かに勧められたのを覚えていたから。境内も広いし、墓地も広そう。それに区立の「本門寺公園」や「池上梅園」にも足を延ばせば、充分一日の散策コースだと思います。
e0219011_10075475.jpg
      「此経難持坂(しきょうなんじざか)」。加藤清正が寄進した
      96段の石段。ここをマラソンで上がり降りしている人もいるんです。
e0219011_10074657.jpg
石段をフーフー言いながら上がって「仁王門」。
e0219011_10041856.jpg
e0219011_10043352.jpg
境内も広い。
e0219011_10052726.jpg
e0219011_10060231.jpg
         この時期らしい「桜絵馬」。
e0219011_10053696.jpg
        「鐘楼」。
e0219011_10061720.jpg
「大堂」。堂内は撮影禁止。こういう所はたいてい撮影禁止なのに、張り紙が見当たらないので、写真を撮っていたら、参拝者に注意されました。やっぱり隅の方に貼ってありました。でも、もう撮った後。その写真は載せないことにします。
e0219011_10072230.jpg
e0219011_10064745.jpg
徳川秀忠が寄進建立した関東に残る最古の「五重塔」。毎年4月の第一土曜・日曜に五重塔祭り・特別開帳があるそうです。
e0219011_10032835.jpg
墓地も広い。有名な人のお墓があったのですが、誰だったか忘れてしまいました。地元の人風の
おじさんに「有名な人のお墓がありましたよね?」って聞いたら、力道山のお墓を教えてくれました。やっぱり私は、ミーハーおばさんに見えるんですね。行きたかったのは、紀州徳川家や加納探幽の墓地だったのに。
e0219011_10031267.jpg
「松濤園」は、年1回、9月の初旬に一般公開されるだけ。通常は朗報会館の1階から景色を楽しむしかありません。なのに助手が、子供の頃、友達と一緒に池で遊んだから入れる筈だと言ってきかない。それも、一般公開とかそんな日ではなく、普通の日だという。どっちでもいいけど。。。後で遊んだのは墓地の横にある「本門寺公園」の池だったと思い直して、一件落着!
お昼は「朗報会館」の1階「松濤園 櫻」で松濤園の景色を楽しみながら、松花堂弁当を。
e0219011_10024130.jpg
e0219011_10025735.jpg
近くに梅園があると聞き「もう、遅いんじゃないの」と思いながら行ってみました。案の定2,3本の梅が残っているだけ。ちょっとだけだからと思い、カメラだけしか持って行かなかったら、「大田区池上梅園」だから高齢者以外は有料だったのです。高齢者を示す証明書を要求されて、思わず「見て分かりませんか?」と言ったら、「あぁそうですね。どうぞ」だって。「わかりません」と言われるのを、心ならずも期待していたんだけど。。。聞いた私がバカだった!
e0219011_10021919.jpg
きっと見頃の頃は、梅の花が山一面を覆い、きれいでしょうね。
e0219011_10020354.jpg






by oshaberichi-yan | 2017-03-18 09:55 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

雪の善光寺

「雪景色を撮りたい」と言って、なぜ「善光寺」なのかわからないけど、”牛”ならぬ”助手”にひかれて、「善光寺」に行って来ました。北陸新幹線も初めてでしたが、東京駅から上野、大宮に止まって、長野は三つ目の駅。1時間24分で行ってしまいます。びっくり! 前もって切符を買っていたので、雪景色がとれるかどうかは、その日のお天気次第。途中には雪が見当たらず「外れかな。。。」と思っていたら、長野に近づくにつれ、トンネルを抜けるたびに、雪景色になって、長野駅に着いた時は粉雪が降っていました。これ以上ひどくなると、カメラが濡れる。。。大雪にならないようにと祈りました。
駅の観光情報センターで、雪景色のきれいな所を聞いて、最初に向かったのは「裾花川」。千曲川に続いているそうです。
e0219011_09115582.jpg
e0219011_09114251.jpg
タクシーにほんの数分待っていてもらって、次は「雲上殿」のある丘に行き、長野市内を見下ろしました。粉雪のポツポツも入ってちょっといい感じ。
e0219011_09112232.jpg
e0219011_09111248.jpg
善光寺の北側まで、タクシーに送ってもらい、北側から入って行きました。空も晴れてきて、雪も止んで、良い感じ。
「忠霊殿(善光寺資料館)」。太平洋戦争の戦没者を祀る日本唯一の仏式による霊廟だそうです。
e0219011_09104578.jpg
後ろからの「善光寺本堂」。
e0219011_09105577.jpg
e0219011_09103747.jpg
雪が止んだばかりなのに、裏側から正面にまわる道もチャンと雪かきがしてありました。
e0219011_09101961.jpg
e0219011_09101107.jpg
「善光寺本堂」。
e0219011_09100353.jpg
e0219011_09094497.jpg
「山門」。
e0219011_09093334.jpg
「大勘進」。
e0219011_09092377.jpg
「六地蔵」。地獄、鬼畜、畜生、修羅、人、天の六つの世界で、我々衆生を救ってくださる菩薩さまだそうです。お参りするの忘れました。
e0219011_09091037.jpg
一寸裏道に入ると、宿坊が沢山あります。
e0219011_09081299.jpg
「ひとにぎり地蔵尊」。辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、左手に力を入れて、ギュッとにぎり、安らぎとパワーを頂けるそうです。そんな時にはきっと来ます。
e0219011_09080072.jpg
「山門」と「仁王門」の間の「仲見世通り」。昼食におそばを食べました。
e0219011_09082449.jpg
「仁王門」。
e0219011_09072786.jpg
e0219011_09071027.jpg
「仁王門」を出たところに、長野駅行のバス停があります。時間があるので歩いても良かったのですが、助手は荷物を持つのは平気なのですが、歩くのが嫌いなので、バスに乗りました。帰りは16時45分の「あさま」の切符をとっていましたが、長野駅に戻ったのが12時半ごろ。切符を13時23分の「あさま」に替えて、16時には家に着いていました。
この金沢発の「はくたか」にも乗れたのですが、予定より3時間も早いので、余裕をみて長野発にしました。今度また、善光寺に来ることがあっても、やっぱり雪の日が良いな~
e0219011_09065770.jpg
前日、犬を病院に預けてあったので、早く引き取りに行けて良かったのですが、お腹を壊したとか。整腸剤を貰いましたが、犬の下痢って大変。その度に、ベタベタのうんちをふき取って、シートを替えて。ちゃんとシートにすれば良いけど、外れた時もあるし。何も言わないけど、静かだから、お腹が痛いのかな。。。



by oshaberichi-yan | 2017-02-24 13:29 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

南房総「佐久間ダム」と「崖観音」

久しぶりに花を撮りに行こうという、助手の提案で千葉の「佐久間ダム」に向かいました。12日のNHK千葉県ニュースでこのダム湖親水公園の河津桜が見頃だという話を聞いたらしい。混むからと9時前に家を出て、1時間ちょっとで到着。着いてから気が付いたのですが、去年の3月の初めに来ていたのです。その時は、河津桜は終わり、ソメイヨシノには早すぎて、丁度その狭間で、桜は、2、3本しか咲いていませんでした。今回は、河津桜の終り頃でしたが、何とか間に合いました。
e0219011_15092190.jpg
河津桜の後は、ソメイヨシノが咲いて、3月18日~4月9日までが桜祭りです。ここでは、河津桜を「頼朝桜」と愛称で呼んでいますが、石橋山の戦いで敗れた源頼朝が、町内の竜島海岸に上陸し、再起を図ったという史実に因んでいるそうです。水仙もほとんど終り、梅が少し残っているくらい。。。
e0219011_15091272.jpg
桜の花びらをつまんでいえる「メジロ」。
e0219011_11041624.jpg
ダム湖の上の方の駐車場に車を止めて、湖まで歩きました。大した距離ではありませんが、NHKのニュースの効果か、多くのカメラマンが、桜を狙っていました。私は三脚を立てるほどの熱意もなく、相変らず、通り過ぎる途中に、パシャ!パシャ!
e0219011_15090636.jpg
e0219011_15085909.jpg
30分で撮り終り、10時半では、帰るにも、ランチにも早すぎる。で、前回来た時には、修繕中で、網がかかっていて写真も撮れなかった、「崖観音(大福寺)」に寄ることにしました。
e0219011_15085253.jpg
        「内房なぎさライン」に出るまでののどかな田園風景。
e0219011_15084476.jpg
おじさんは、何を摘んでいたのでしょう?
e0219011_15083743.jpg
内房なぎさラインを館山方面に向かう途中、岩井海岸から東京湾を挟んで富士山が見えました。(雲ではありません。)
e0219011_15083105.jpg
e0219011_15082349.jpg
        ここが崖観音として知られている「大福寺」。下から眺めているだけで充分。
        登ろうという提案は誰からも出ませんでした。
e0219011_15081371.jpg
e0219011_15080178.jpg
「千葉は、やっぱり鮮魚だよね」ということで、ランチは、館山駅前のお店で。お土産は、「富楽里PA」で、苺とトマトを買って、千葉県を味わいました。



by oshaberichi-yan | 2017-02-16 17:03 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

「品川神社」 初詣

去年のあのモヤモヤした気分を払拭したくて、友人を誘ってに初詣に行きました。「東京十社(皇居を中心に23区内にある格式のある神社)」の中から、縁結びの神社と行ったことのある神社を省いて「品川神社」に決定。京浜急行の「新馬場」から2~3分、駅と第一京浜を挟んで斜め向かい側にあります。11時半に品川で待ち合わせ、食事をしてから行くことにしていましたが、ちょっとランチには早すぎるからと、先にお参りをして「正解!」。帰る頃には、入場規制も出来るほどの混みようでした。
e0219011_199240.jpg
「拝殿」
e0219011_1993259.jpg
「神楽殿」
e0219011_1991172.jpg
        「阿那稲荷神社 鳥居」
e0219011_19103446.jpg
「御嶽神社」
e0219011_19105313.jpg
        「浅間神社」
e0219011_1911374.jpg
        「富士塚」へ向かう登山道。浅間神社の横の五合目から登りましたが、
        六合目からは、石道で、足場も悪く、かなりきつい傾斜。。。
        並行している鎖を頼りに、情けない。写真を撮る余裕もありませんでした。
e0219011_19115639.jpg
頂上から富士山が見えるのかと思いましたが、多分、天気の良い日でも無理。昔から富士山に登るとご利益があるという言い伝えから、本当の富士山に登れない場合、ここに登ってお茶を濁したのでしょう。富士山に登ったと同じご利益があるそうだから、今年は春から縁起がいい~
e0219011_1912722.jpg
頂上は高さ15メートルだそうです。降りる頃には、境内には長い人の列。
e0219011_19124774.jpg
2合目にある「修験者の石像」
e0219011_1913136.jpg
もう、第一京浜まで参拝者が並んでいました。順番に人数制限を受けて参拝です。私たちは午前中で良かった!!
e0219011_19131818.jpg
        そうそう、この日は三日。箱根駅伝の復路の日です。第一京浜では、
        読売新聞の旗を2本手渡され、それを振って、沿道で応援するらしい。
        そんな光景をテレビで見ました。いつ頃来るのか?みんな、スマホで
        確認しながらランナーがやってくるのを待ちます。鶴見を過ぎたという
        声を聞いて、私たちも旗を持って身を乗り出しました。
e0219011_19132815.jpg
やっぱり、ランナーを見た時は感動しました。沿道から歓声が上がり、凄い盛り上がり。この歓声を聞いたら、メンバーから落ちて号泣したという選手の言葉が、納得できます。
e0219011_19133891.jpg
        一位で走って来た青山学院の安藤キャプテン。友達曰く「さすが
        一位だね。身体が揺れていないし、目力が凄い。二位、三位の選手は、
        頭も身体も揺れ揺れ。」だからと言うわけではありませんが、私の
        撮った東洋大、早大の写真は、ブレていました。ピントがあってなかった
        のかも知れませんが。
e0219011_13091130.jpg
        今年は、初詣もしたし、富士山にも登ったし、駅伝にも遭遇したし、
        いい年になりそう!そう願っています。
by oshaberichi-yan | 2017-01-05 17:47 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

紅葉の「根津美術館」

たまたま、グループ活動の一つとして、開催中の「円山応挙展」を観に行ったのですが、今年初めての紅葉に出会い、感動しました。美術館というと、展示品を観賞する所としか考えず、庭園が広く、こんな素敵な紅葉を楽しめるなんて、思ってもいませんでした。
「根津美術館」は、根津嘉一郎氏の日本・東アジアの古美術コレクションを保存・展示するために昭和16年に南青山に設立されました。開館75周年記念特別展の「丸山応挙展」は12月18日まで開催され、前期・後期に分かれていて、展示品も大幅に入れ替わるそうです。
e0219011_9351130.jpg
同時開催の「茶人の正月 ー 口切 ー」では、中国からの掛け軸や茶壷が展示されています。お茶席では、11月にその年の初夏に摘んだ新茶を入れた壷の封を切って、茶の湯の新しい一年が始まるんですって。季節に合わせた展示なんですね。館内の作品を撮ることは出来せん。
e0219011_9353364.jpg
e0219011_936580.jpg
その後、平成21年、隈研吾氏の設計によってリニューアルオープンされました。根津家私邸時代の面影を残す約17,000㎡の日本庭園は、四季折々の風景を楽しめるそうです。今回は、紅葉を楽しむのにピッタリ!の時期でした。
e0219011_9363539.jpg
天気も良かったし、庭園の中を歩いているだけでも気持ちが良い。リニューアルに際して、主要な園路を飛び石から歩きやすい石畳に作り替えて、一部は車椅子での通行も可能になりました。
e0219011_9371441.jpg
e0219011_9373659.jpg
庭園には4つの茶室があります。その一つ「閑中庵・牛部屋」。
e0219011_9374818.jpg
今は何かな?と思いますが、4月になると燕子花が水面を覆って、それは見事とか(友人の目撃者の話)。その頃、尾形光琳の「燕子花図屏風」が展示されるそうです。
e0219011_9383199.jpg
園内の低地にある「八ツ橋の池」。
e0219011_9393295.jpg
e0219011_9394414.jpg
茶室「弘仁亭・無事庵」。
e0219011_940059.jpg
e0219011_9405046.jpg
e0219011_941640.jpg
    この椅子は、根津美術館を気に入ったドイツ人から寄贈されたものだとか。
e0219011_9412367.jpg
庭園の中の「NEZUCAFE」。11時半にはもう待っている人が並んでいて、座れたのは12時過ぎでした。カフェがメインだから、ランチメニューは少ないけど、ガラス張りで紅葉を愛でながらのランチだったから、気分は上々。又、訪れたい美術館です。
e0219011_94249.jpg
美術館に行く時、乗ったタクシーがいけなかった。根津美術館を知らないと言われ、「南青山6-5-1」と住所を言ったら「南青山は何区ですか?」って、ナビに住所を入れる時の質問でした。都内のタクシーじゃなかったのかな? これからは、ナンバープレートを見てから乗らなくちゃ。
それに、運転手さんの年齢もチェックしたい。結構年配の方もいて、アクセルとブレーキを踏み間違うんじゃないかと心配になる今日この頃です。
by oshaberichi-yan | 2016-11-21 09:00 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

近くの桜の名所 - 光林寺

天現寺から渋谷に向かって、明治通りの両側に桜並木が続きます。まだ木は大きくないけど、もう5年もすれば、立派な桜並木になるでしょう。
e0219011_2047116.jpg
明治通りを天現寺を背にして、渋谷と反対方向にしばらく行くと、交差点の名前にもなったお寺「光林寺」があります。日ごろは気に留めることもないのだけど、この時期は通りからでも桜が
目に入り、足を止めてしまいますが、「知る人ぞ知る」桜の名所です。お寺の裏山をお墓の間を
歩きながら、桜を愛でてきました。
e0219011_20471342.jpg
e0219011_20472125.jpg
e0219011_20481333.jpg
        1本1本の樹が大きく、お寺の古さも感じます。
e0219011_2048297.jpg
e0219011_20484654.jpg
e0219011_20485338.jpg
e0219011_2049839.jpg
e0219011_20492381.jpg
e0219011_20493176.jpg
一回りして、駐車場の近くの桃の木。これからが出番です。
e0219011_20494444.jpg

by oshaberichi-yan | 2016-04-06 21:01 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

薄色の春「舞岡公園」

前回、この舞岡公園に来たのは去年の11月、その時「桜の頃に、又来たいね。」と話し合っていたのが実現し、お弁当を持って、電車とバスでやってきました。花を目当てにすると日を決めるのが難しい。天気予報を見ながら、みんなのスケジュールと合わせても、今日のように外れる。前日の予報では「晴天で5月中旬のような暖かさ」だったので、日頃の行いの良さを称えあったのに。軽いコートがないと寒いし、曇り空、雨が降らないかと心配してしまうくらい。桜の花も三部咲きくらいだったでしょうか。でも、春は春。これから繰り広げられる花の人生(?花生)に想像が膨らみます。
e0219011_12474759.jpg
「中丸の丘」に園児たちも遊びに来ていました。可愛いお嬢ちゃんが、さくらの花びらを拾って、
お花屋さんを開業。
e0219011_12485437.jpg
「えっ、マムシがいるの?」「本当はいないんだけど、山の中に入って荒らす人がいるから、わざとじゃない?」とは、意地悪なおばさんたちの見立て。
e0219011_1248117.jpg
この丘を歩いている時、四方からずっと鶯の鳴き声が聞こえていて、山歩きを実感。とてもいい気分でした。鶯が鳴いているのは聞いたことがありますが、鶯の合唱を聴いたのは初めてでした。
e0219011_12491825.jpg
丘を降りて「小谷戸の里」に向かう途中、池のまわりに鳥撮の人たち。「ノスリ」というタカ科の鳥を待っているんですって。
e0219011_12501734.jpg
「小谷戸の里」には、古民家や炭焼き小屋が、昔のまま残っていて、維持するための色々なボランティアを募っています。
e0219011_1250435.jpg
e0219011_12571513.jpg
e0219011_12503035.jpg
田んぼの横をのんびり歩いて、春が真近なことを体感しました。
e0219011_1251151.jpg
e0219011_12513174.jpg
昼食の目的地「さくら休憩所」に到着。
e0219011_125146100.jpg
e0219011_1252518.jpg
もう何組かのグループがお弁当を広げています。私たちは皆さまのお邪魔にならないように、少し離れて、ビニールシートを敷きました。お雛様(?)のように、その上に赤い毛氈をひいて。何を持っていくか決めてなかったのに、フルーツ、アップルパイ、チョコレート、せんべい、ゼリーとみんな夫々で、きれいに揃いました。
e0219011_12524687.jpg
私たちのお弁当が欲しかったのか、私達の周りをトンビがくるりと輪を描いた~ ♫ ♪ と思ったけど狙われたのは、ちっちゃな女の子。手に何かを持っていたのでしょう、低空飛行で突っ込んでくるんですよ。狙われたら、ちょっと怖いかも。
e0219011_1253196.jpg
品川からJRで三つ目。川崎、横浜の次が戸塚なんだから、おしゃべりさんたちには物足りないくらいの30分。そこからバスに乗って10分くらいでしょうか。適度な里山歩きです。ただし、飲み物も含め一切自販機はありませんので、欲しい物は全て持参すること。そして、発生したごみは全て持ち帰ること。
by oshaberichi-yan | 2016-04-02 10:35 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(2)


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ (海外)
旅ごころ (国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

ニューカメラの練習
at 2017-05-21 10:56
箱根の隠れスポット 「深沢銭..
at 2017-05-18 10:23
ネモフィラの丘(国営ひたち海..
at 2017-04-29 12:39
山梨の「桃源郷」
at 2017-04-15 18:18
白金台のフレンチレストラン「..
at 2017-04-09 19:38

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
料理・レシピ

画像一覧