カテゴリ:気軽にぶらり( 94 )

紅葉の「根津美術館」

たまたま、グループ活動の一つとして、開催中の「円山応挙展」を観に行ったのですが、今年初めての紅葉に出会い、感動しました。美術館というと、展示品を観賞する所としか考えず、庭園が広く、こんな素敵な紅葉を楽しめるなんて、思ってもいませんでした。
「根津美術館」は、根津嘉一郎氏の日本・東アジアの古美術コレクションを保存・展示するために昭和16年に南青山に設立されました。開館75周年記念特別展の「丸山応挙展」は12月18日まで開催され、前期・後期に分かれていて、展示品も大幅に入れ替わるそうです。
e0219011_9351130.jpg
同時開催の「茶人の正月 ー 口切 ー」では、中国からの掛け軸や茶壷が展示されています。お茶席では、11月にその年の初夏に摘んだ新茶を入れた壷の封を切って、茶の湯の新しい一年が始まるんですって。季節に合わせた展示なんですね。館内の作品を撮ることは出来せん。
e0219011_9353364.jpg
e0219011_936580.jpg
その後、平成21年、隈研吾氏の設計によってリニューアルオープンされました。根津家私邸時代の面影を残す約17,000㎡の日本庭園は、四季折々の風景を楽しめるそうです。今回は、紅葉を楽しむのにピッタリ!の時期でした。
e0219011_9363539.jpg
天気も良かったし、庭園の中を歩いているだけでも気持ちが良い。リニューアルに際して、主要な園路を飛び石から歩きやすい石畳に作り替えて、一部は車椅子での通行も可能になりました。
e0219011_9371441.jpg
e0219011_9373659.jpg
庭園には4つの茶室があります。その一つ「閑中庵・牛部屋」。
e0219011_9374818.jpg
今は何かな?と思いますが、4月になると燕子花が水面を覆って、それは見事とか(友人の目撃者の話)。その頃、尾形光琳の「燕子花図屏風」が展示されるそうです。
e0219011_9383199.jpg
園内の低地にある「八ツ橋の池」。
e0219011_9393295.jpg
e0219011_9394414.jpg
茶室「弘仁亭・無事庵」。
e0219011_940059.jpg
e0219011_9405046.jpg
e0219011_941640.jpg
    この椅子は、根津美術館を気に入ったドイツ人から寄贈されたものだとか。
e0219011_9412367.jpg
庭園の中の「NEZUCAFE」。11時半にはもう待っている人が並んでいて、座れたのは12時過ぎでした。カフェがメインだから、ランチメニューは少ないけど、ガラス張りで紅葉を愛でながらのランチだったから、気分は上々。又、訪れたい美術館です。
e0219011_94249.jpg
美術館に行く時、乗ったタクシーがいけなかった。根津美術館を知らないと言われ、「南青山6-5-1」と住所を言ったら「南青山は何区ですか?」って、ナビに住所を入れる時の質問でした。都内のタクシーじゃなかったのかな? これからは、ナンバープレートを見てから乗らなくちゃ。
それに、運転手さんの年齢もチェックしたい。結構年配の方もいて、アクセルとブレーキを踏み間違うんじゃないかと心配になる今日この頃です。
by oshaberichi-yan | 2016-11-21 09:00 | 気軽にぶらり

近くの桜の名所 - 光林寺

天現寺から渋谷に向かって、明治通りの両側に桜並木が続きます。まだ木は大きくないけど、もう5年もすれば、立派な桜並木になるでしょう。
e0219011_2047116.jpg
明治通りを天現寺を背にして、渋谷と反対方向にしばらく行くと、交差点の名前にもなったお寺「光林寺」があります。日ごろは気に留めることもないのだけど、この時期は通りからでも桜が
目に入り、足を止めてしまいますが、「知る人ぞ知る」桜の名所です。お寺の裏山をお墓の間を
歩きながら、桜を愛でてきました。
e0219011_20471342.jpg
e0219011_20472125.jpg
e0219011_20481333.jpg
        1本1本の樹が大きく、お寺の古さも感じます。
e0219011_2048297.jpg
e0219011_20484654.jpg
e0219011_20485338.jpg
e0219011_2049839.jpg
e0219011_20492381.jpg
e0219011_20493176.jpg
一回りして、駐車場の近くの桃の木。これからが出番です。
e0219011_20494444.jpg

by oshaberichi-yan | 2016-04-06 21:01 | 気軽にぶらり

薄色の春「舞岡公園」

前回、この舞岡公園に来たのは去年の11月、その時「桜の頃に、又来たいね。」と話し合っていたのが実現し、お弁当を持って、電車とバスでやってきました。花を目当てにすると日を決めるのが難しい。天気予報を見ながら、みんなのスケジュールと合わせても、今日のように外れる。前日の予報では「晴天で5月中旬のような暖かさ」だったので、日頃の行いの良さを称えあったのに。軽いコートがないと寒いし、曇り空、雨が降らないかと心配してしまうくらい。桜の花も三部咲きくらいだったでしょうか。でも、春は春。これから繰り広げられる花の人生(?花生)に想像が膨らみます。
e0219011_12474759.jpg
「中丸の丘」に園児たちも遊びに来ていました。可愛いお嬢ちゃんが、さくらの花びらを拾って、
お花屋さんを開業。
e0219011_12485437.jpg
「えっ、マムシがいるの?」「本当はいないんだけど、山の中に入って荒らす人がいるから、わざとじゃない?」とは、意地悪なおばさんたちの見立て。
e0219011_1248117.jpg
この丘を歩いている時、四方からずっと鶯の鳴き声が聞こえていて、山歩きを実感。とてもいい気分でした。鶯が鳴いているのは聞いたことがありますが、鶯の合唱を聴いたのは初めてでした。
e0219011_12491825.jpg
丘を降りて「小谷戸の里」に向かう途中、池のまわりに鳥撮の人たち。「ノスリ」というタカ科の鳥を待っているんですって。
e0219011_12501734.jpg
「小谷戸の里」には、古民家や炭焼き小屋が、昔のまま残っていて、維持するための色々なボランティアを募っています。
e0219011_1250435.jpg
e0219011_12571513.jpg
e0219011_12503035.jpg
田んぼの横をのんびり歩いて、春が真近なことを体感しました。
e0219011_1251151.jpg
e0219011_12513174.jpg
昼食の目的地「さくら休憩所」に到着。
e0219011_125146100.jpg
e0219011_1252518.jpg
もう何組かのグループがお弁当を広げています。私たちは皆さまのお邪魔にならないように、少し離れて、ビニールシートを敷きました。お雛様(?)のように、その上に赤い毛氈をひいて。何を持っていくか決めてなかったのに、フルーツ、アップルパイ、チョコレート、せんべい、ゼリーとみんな夫々で、きれいに揃いました。
e0219011_12524687.jpg
私たちのお弁当が欲しかったのか、私達の周りをトンビがくるりと輪を描いた~ ♫ ♪ と思ったけど狙われたのは、ちっちゃな女の子。手に何かを持っていたのでしょう、低空飛行で突っ込んでくるんですよ。狙われたら、ちょっと怖いかも。
e0219011_1253196.jpg
品川からJRで三つ目。川崎、横浜の次が戸塚なんだから、おしゃべりさんたちには物足りないくらいの30分。そこからバスに乗って10分くらいでしょうか。適度な里山歩きです。ただし、飲み物も含め一切自販機はありませんので、欲しい物は全て持参すること。そして、発生したごみは全て持ち帰ること。
by oshaberichi-yan | 2016-04-02 10:35 | 気軽にぶらり

春を探して南房総へ

春は近いとは言え、寒さが行ったり来たり。天気も良く暖かいと聞いた水曜日、久しぶりにさくらを連れて、南房総へ出かけました。近くて行きやすい所と言うと、箱根か千葉方面になってしまいますが、今の時期なら、やっぱり南房総でしょう。目的地は佐久間ダムの桜だったのですが、河津桜は散ってしまい、ソメイヨシノや八重桜には早すぎて、ちょうど空白の時期。満開の時はきれいだろうなという想像で終わってしまいました。

「佐久間ダム湖 親水公園」に花は見当たりませんが、湖の周りは「もう咲きたい!」と言わんばかりの桜の木がぐるりと囲んでいます。大きな湖ではありませんが、満開の桜の下を一回りしたら、気分も華やぎ、人生に何か良いことがあ起こりそうな気がするような気がします。
e0219011_18533733.jpg
e0219011_18532260.jpg
e0219011_18532968.jpg
中には、待ちきれず咲き始めた桜もありました。
e0219011_18542919.jpg
e0219011_18542086.jpg
鋸南町と言えば「水仙ロード」が有名ですが、その水仙は終わっていました。でも、ここに少しだけ黄色い水仙が残っていて、良かった!
e0219011_18534457.jpg
e0219011_18535281.jpg
いつものように道を間違え、もう一つの目的地「石堂寺」が見つからない。仕方がないので近くのお寺を探して、道路標識を見て進んで行ったのに、それも見つけられない。ウロウロするうちに、勝山の近くで、山の上にお城のような建物とその隣に富士山を見つけ「では、あの山に登ってみよう」ということになりました。近くの駐車場に車を止め「大黒山展望台」で、高さ74~75m位だということがわかったのですが、徒歩10分と書いてあります。助手は膝が痛いし、犬がいるからと、私一人で登ることに。何か策に嵌められたような気がしました。
e0219011_190489.jpg
        坂を10分登るとは、どんなものか想像がつかなかったけど、二度と
        登りたくありません。階段の段差が膝くらいあるので、足を高く上げるのが、
        だんだん辛くなるし。それに、幅がマチマチで、テンポがとり難い。
        上高地を6時間歩いた時の方がもっと楽でした。途中に休む所もなく、
        進むべきか戻るべきかと考え始めた時、上から人の声が聞こえてきました。
        前を行く若者カップルに追いついたのです。行きも帰りも会ったのは
        この若者たちだけでした。途中「近道」と標識がありましたが、近道は
        もっと急な階段のよう。頂上に近かったら、ここで戻るのも悔しいし、
        躊躇していると、若者が先に登って「もうすぐですよ!」と叫んで
        くれました。お陰で、登頂に成功!!
e0219011_18545731.jpg
下から見えたお城のような建物は、コンクリーでできた展望台でした。360度遮るものはなく、そこからの眺めは本当に素晴らしい筈なのに、それどころではありません。ゼーゼー息は切れるし膝はガクガク笑い続けるし。。。ちゃんと降りられるかどうか、それが心配で、オチオチ座ってもいられませんでした。証拠の写真を撮って、直ちに退散!!
e0219011_1855718.jpg
海上自衛隊があるからでしょうか、潜水艦だそうです。若者が感激して、叫んでいました。
e0219011_18551521.jpg
勝山近くの「浮島」。季節はいつかわかりませんが、黒鯛とメシナの釣り場だそうです。
e0219011_18552830.jpg
内陸方面。山を崩して何を造るのでしょうか?
e0219011_18553789.jpg
途中で見かけたおばあさん二人。何とも微笑ましかったので、声をかけて撮らせてもらいました。本来は助手が手回しをすべきなのに、自分は他人のような顔をして向こうを向いて、知らん顔をしているんです。私の図々しさに付いていけないんですって。
e0219011_18531414.jpg
「富楽里とみやま」の道の駅で買った魚のお弁当も美味しかったし、新鮮なスナップえんどう、
ブロッコリー、菜の花も百何十円で買えてしまうんですから、茹でるのも面倒と思っているのに思わず買っちゃいました。帰りは「南房総特選市場」で、パンとチーズケーキを買って。そのパンの中に「びわメロンパン」と言うのがありました。びわが特産品と言うのは知っていますが、びわパンかメロンパンかはっきりした方が良いと思います。昔、「豚のトンカツ」と言って、笑われたのを思い出しました。
by oshaberichi-yan | 2016-03-19 19:30 | 気軽にぶらり

親子で楽しむ 「東京ドイツ村」

お正月の三が日も過ぎてほっと一息、初詣に行こうと思ったのですが、何だかんだということで、全然関係のない千葉の 「東京ドイツ村」 に出かけました。 ドイツの田園風景をイメージしたとか。 「東京」 を付けたのは、東京湾アクアラインが開通し、首都圏から近くなったことに由来するそうです。 最近、TVでカラフルな花畑やイルミネーションを何度か目にしていたので、期待して出かけたのですが、花畑がきれいなのは春・夏・秋。 冬は夜のイルミネーションが人気。 それを冬の昼間に行ったのだから、何もない広場だけでした。 
e0219011_17452593.jpg
e0219011_17453350.jpg
まず全体を把握するために観覧車に乗りました。 目に入るのはドイツ風建物だけだけど、夜は約250万球のLEDを使用したイルミネーションを楽しめるそうです。 残念!! 
e0219011_17454433.jpg
トイレもメルヘンティックなこと! 長居したくなるかも。 後ろは、パターゴルフ場です。
e0219011_17455362.jpg
食事処は、ここマルクト・プラッツ (マーケット) のカフェテリアとバーベキューコーナーだけ。 食券を買って、並んで、出来上がるのを待って、自分で運びます。 ドイツ料理は2~3種類しかなく、ドイツ料理専門のレストランを考えていたので、意外でした。 ドイツビールを飲めば良かったのかな? でも、運転手は飲めないし、私はビールは苦手だし。。。  
e0219011_1746075.jpg
ドイツ料理の代表 「アイスパイン」 。 豚の骨付きすね肉と玉ねぎを煮込み、ザワークラウトと一緒にマスタードをつけていただきます。 大らかな盛り付け。 見ただけで、フランス料理ではないことがわかります。
e0219011_17462812.jpg
もう一つ、ドイツといえば、ウインナー。 盛り合わせです。 帰りにフードショップでお土産に買いました。
e0219011_1746345.jpg
マルクト・プラッツ横の庭にはパンジー。 夜はイルミネーションに彩られることでしょう。 
e0219011_17464057.jpg
でも、子供連れには楽しいものがいっぱい! 
e0219011_17464769.jpg
「おもしろ自転車」 をはじめ、ブタ天キッズコースター、トランポリン、リトルティーカップ、
まめ汽車とか、アトラクションが色々いろいろ。 子供たちは一日いても飽きることはないで
しょうが、大人二人で行ってもネ。。。 
e0219011_17465315.jpg
これに、おじいさんとおばあさんが乗っていたら、カートを押しているみたいじゃない?
e0219011_17472143.jpg
観覧車も、赤、黄、黒のドイツカラー。 昼間は電気の配線が至る所にあって、味気ないけど、
その分、夜はイルミネーションがきれいなんでしょうね。
e0219011_17472910.jpg
子供動物園には、ヤギ、ヒツジ、ミニブタ、モルモット、リスなどが身近にいて、抱いたり、一緒に写真を撮ったりしている子供たちも、おっかなびっくりだけど、うれしそう。
e0219011_1747409.jpg
園内には車ごと入れて、犬も一緒でOKなのがうれしいけど、「わんちゃんランド」 以外は、犬を車内から出すのは禁止でなんです。 我が家の犬は、ほかの犬と遊べません。 
e0219011_17474928.jpg
ほぼ、園の周りを一周する遊歩道には、水仙が見頃でした。
e0219011_17475912.jpg
こういう所は、お孫さんとかを連れてきてあげたら、きっと、「おじいちゃん、おばあちゃん、
大好き~」 なんて言われるんでしょうね。 残念!!
by oshaberichi-yan | 2016-01-08 19:28 | 気軽にぶらり

プラチナ通りの銀杏

昨日は天気も良く、暖かくて、プラチナ通りの銀杏が本当に金色に、プラチナのように輝いていていました。 でも、タイミングとしては少し遅かったかな。 歩道は枯葉でいっぱい。 私は金色の歩道も好きですけどネ。 
犬のクリニックに行った時、やっぱりカメラを持って来れば良かったと後悔して、一旦家に帰って、犬を置いて出直そうと思ったのですが、帰ってしまうと。。。今日は寒くて曇っていたのですが、カメラのクリーニングにニコンに行くつもりだったので、地下鉄に乗る前に、ちょっと遠回りをしてみました。 やっぱり、晴れている時の方が、きれいです。
e0219011_18395084.jpg
e0219011_1840453.jpg
e0219011_18402047.jpg
        落ち葉も見ている時は、きれいなんだけど、掃除をする人は大変。 
        掃いても掃いても、切りがないんだもの。 この葉が全部落ちるまでは。
e0219011_18405899.jpg
e0219011_18413372.jpg
        先日の大山千枚田に行った時、雨に降られて、カメラにカビが生える
        のではないかと心配でしたが、大丈夫でした。 良かった!!
by oshaberichi-yan | 2015-12-18 19:17 | 気軽にぶらり

南房総 「那古寺」 と 「大山千枚田」

最近は、助手も長距離の運転は厳しいらしく、活動範囲は千葉か湘南あたりまでになってきました。 この日は南房総をぐるっと回って、鴨川近くの 「大山千枚田」 に行くことに。 棚田が美しいのは春だろうと思っていたら、この時期、夜はライトアップされるとのこと。 初夏はホタル、秋は彼岸花、そして10月23日~25日は 「棚田の夜祭り」 というイベントが行われる人気のスポットだそうです。

天気はいつ雨が降り出すかという感じのすっきりっしない日。 ライトアップなら、日没までは頑張らなくちゃ。 それに、三脚もいるかな。 持っていくのは良いけど、取り付けにやや自信がなく、練習をして何とか。。。
最初に 「崖観音」 として有名な 「大福寺」 に行くと気合が入っていたのですが、行ってみたら、観音堂は1月15日から来年の6月まで工事中でした。 がっかりしながらも気を取り直し、ここも助手お勧めの 「那古寺」 に回りました。 お寺とか神社は、違いを見ぬくほど知識もなく、私にとっては、ただ写真を撮るだけの対象でしたが、確かになかなか趣があり、いい意味で田舎のお寺って感じ。
e0219011_1042376.jpg
観音様がおまつりしてあるという 「那古観音堂」 。
e0219011_10421099.jpg
「多宝塔」。 横の道を登れば、紫式部の供養塚があったり、展望台があったり、那古山を歩く 「式部夢山道」 に繋がっているようです。 もちろん、私たちは、観音堂のエリアから一歩も登りませんでした。
e0219011_10422072.jpg
ちょっと裏に回ると、普通の柿の木。 特に御利益があるとは何も。。。
e0219011_10422834.jpg
          「仁王門」 の仁王様の一人。
e0219011_10423657.jpg
          観音堂エリアから館山湾を望む。
e0219011_104339.jpg
e0219011_10431454.jpg
館山から海岸線沿いを走り、房総フラワーラインの途中のカフェでランチをして、千枚田に向かいました。 太平洋側に出ると風が強く、雨もポツポツ降り始め、とても車から降りる気になりませんが、この砂浜の風景を見て、思わず降りてしまいました。 これは風で砂が飛ぶのを防御している? 
e0219011_10403289.jpg
風紋も見逃せない。
e0219011_10432854.jpg
「大山千枚田」 へは、鴨川から34号線を行くのが簡単なようですが、ちょっと近道をしようと思い、地図を
見ながら、地元の人に聞きながら、相も変わらず迷いに迷って、4時前に現地到着。
e0219011_10433564.jpg
ライトアップは日没ごろ、明るさに反応して自動的に点くとのこと。 雨はポツポツだけど降ったり止んだりしていて、陽は照っていないので、日没はない。 多分4時半前後だろうと、とりあえず山の上の和風カフェで、甘酒とお汁粉を飲みながら、待ちました。 久しぶりのお汁粉は美味しかった!
e0219011_10434230.jpg
曇っているのが、返ってガスがかかっているようで雰囲気が気に入りました。 黄色い棚は二度目の作付けの穂なので、棚全体ではないそうです。 千枚田というより三枚田という感じかな。
e0219011_10443261.jpg
「大山千枚田」 はすり鉢状の地形に展開する棚田で、江戸時代には高品質の米を生産していたそうです。 ところが、集落の高齢化により、一時荒廃が進んだ時もあったそうですが、今は 「棚田オーナー制」 を導入し、都市住民と地域との交流で保存会もでき、成功例として全国的に注目を集めています。
e0219011_1044436.jpg
e0219011_10445318.jpg
やっぱり4時35分に、ライトアップが始まりました。 この電球は 「大山千枚田保存会」 の皆さんが、50cm置きに1日がかりで取り付けたそうです。
e0219011_1045857.jpg
ライトアップが始まったころから雨が激しくなり、三脚は持って行ったのに、外では撮れない。 車の中から、エンジンを切って撮ったのですが、人間呼吸してますものね。 ブレて、暗くなったら、こんな写真しか撮れませんでした。 それで、助手が文句を言い始め、「情けない、こんな写真しか撮れないのか」 とか 「何年、写真やっているのか」 とか。。。 反論したいけど、確かに情けない。
e0219011_10452735.jpg
でも、うす曇りの、もやった棚田の風景がとても気に入りました。 ライトアップが散々だったのと、カメラが濡れたのを除けば、まぁまぁかな。 でも、その二つを除けば、何が残る? カメラにカビが生えたら大変!!
by oshaberichi-yan | 2015-12-06 12:57 | 気軽にぶらり

紅葉を訪ねて 「東郷公園 もみじまつり」

あまりの天気の良さに急きょ紅葉を撮りに行くことになり、下調べも充分出来ないまま (いつもですが)、飯能市東郷公園の 「もみじまつり」 に出かけました。 遠くなくて行ったことのない所と、11月中旬から下旬の紅葉が見頃ということで決めたのです。 渋滞を心配していたのですが、圏央道が全線開通したからでしょうか、全然問題なし。 首都高、中央道、圏央道を抜けて、299号線を高麗川 (こまがわ) に沿って走ります。 
e0219011_19272476.jpg
武蔵野31番札所 「法光寺」 に立ち寄りましたが、紅葉は。。。 
e0219011_19274656.jpg
「秩父御嶽 (おんたけ) 神社」 は山の上にあり、麓からの辺り一体が 「東郷公園」 とのこと。 途中に東郷平八郎元帥の銅像があり 「東郷公園」 の名前と関わりがあるそうです。 麓の方はまだ緑も多く拍子抜け。 がっかりして引き返そうと思いましたが、それではあまりにも情けない。 来年のカレンダー用の紅葉の写真が欲しいし。。。 
e0219011_19271449.jpg
e0219011_192742.jpg
e0219011_19255331.jpg
他の人たちがどんどん登って行くので、ちょっとくらい登ってみる気になり、付いていて行きました。 なるほど、
なるほど、上に行くほど紅葉があふれています。 公園内には、約1000本のもみじ、かえでが紅葉を始めたそうですが、とても神社までは登るファイトはありません。 結局、半分くらいの所から引き返しましたが、紅葉は充分楽しめました。
e0219011_1926082.jpg
e0219011_1926671.jpg
e0219011_19261630.jpg
e0219011_19262374.jpg
e0219011_19263084.jpg
e0219011_1926381.jpg
e0219011_19273695.jpg

by oshaberichi-yan | 2015-11-18 12:49 | 気軽にぶらり

海風が少し冷たい 「湘南海岸」

久しぶりに海を見に、三浦半島に出掛けました。 本当は葉山の 「ラ・マーレ」 でのランチが目的。 
首都高から横横道路、逗葉新道を走って湘南の海に向かいます。 渋滞にもはまらなかったので、着いたのが10時半。 いくら何でもランチには早すぎる。 で、国道134号線を海岸沿いに走り、荒崎海岸まで行ってみました。  
e0219011_15512086.jpg
荒崎海岸の熊野神社。 境内からは、相模湾の向こうに江の島が見えました。
e0219011_15505913.jpg
e0219011_1551610.jpg
e0219011_15511313.jpg
秋谷・立石海岸の 「立石」 。 空気が澄んでいれば、真ん中に富士山が見えるはずなんだけど、残念。 
「しおさい公園」 は休園日。 葉山の御用邸の前を通って134号線を葉山へ戻りました。 「三崎街道」 って
標識が出ていたけど、134号線のことかしら? こんな所に別荘でもあったりしたら。。。夢ですね。 でも、片道一車線の海岸沿いの道路は、夏は大変な渋滞だと聞きましたが、持ってない人のひがみでしょうか。 
e0219011_15512789.jpg
「森戸神社」 の鳥居。 先日、大洗海岸の岩の上の鳥居を見て、ひどく感激しましたが、海の岩の上の鳥居って、結構、色んな所にあるんですね。 後ろは 「江の島」 。
e0219011_15513377.jpg
漁港にはアジの天日干し。 葉山のシラスも有名なんですって。 1パックお買い上げ!
e0219011_15514095.jpg
e0219011_15514778.jpg
葉山マリーナ。 こういう所に所属する友人もいない。 ギターを弾きながら、歌を口ずさんで。。。 加山雄三の世界かな。
e0219011_1551548.jpg
昼食の目的の 「レストラン ラ・マーレ」 に到着 。 ランチタイムだというのに、駐車場はガラガラ。 おかしいと思ったら、月曜日は定休日でした。 確かに週末はかき入れ時で、月曜日が定休日なのは、あり得る話。 迂闊でした、チェックもしないで。 でも、私たちと同じように、駐車場でUターンして帰った迂闊な人たちが、他に2組いましたよ。
e0219011_1552140.jpg
で、結局いつも行く 「なぎさ橋カフェ」 で、ランチ。 テラスは犬もOKだから、気軽なんですけどね。。。 
e0219011_15522655.jpg
e0219011_1552846.jpg
e0219011_15521585.jpg
e0219011_15523679.jpg
山もいいけど、穏やかな気分になれるのは海かな。。。
by oshaberichi-yan | 2015-10-30 09:40 | 気軽にぶらり

天神峠から眺めた 「谷川岳」

さわやかな秋晴れの日、憧れの 「谷川岳」 にバスツアーで出かけました。 もちろん登るわけではなく、
ロープウェイとリフトをつかって 「天神峠」 まで行くだけですが、それだけでも、かなりの行程。 朝8時15分に日本橋の三越前を出発し、東京駅に戻ってきたのは19時半です。 歩いた距離はさほどでもないのに、
ちょっと疲れました。 

「土合口」 からロープウェイで標高1319mの 「天神平」 に。 この辺りはまだ紅葉が残っています。
e0219011_8575047.jpg
「天神平」 からリフトで 「天神峠」 に。 標高は1502mで、10度くらいと聞いてダウンを持ってきたのですが、セーターで全然OK。 でも リフトで登るほど、もう紅葉は終わった感じ。。。
e0219011_8582681.jpg
e0219011_858767.jpg
「天神峠」 からの眺めは、名前はわかりませんが、山並みがとてもきれいです。
e0219011_8581599.jpg
e0219011_8583313.jpg
e0219011_8584160.jpg
e0219011_8592329.jpg
かつて 「二つ耳」 と呼ばれた 「谷川岳」 。 左が 「トマノ耳」 、右が 「オキノ耳」 。 「日本三大岩場」 として世界的にも知られているそうです。 その岩場は急峻で滑落事故による遭難者も多く 「魔の山」 とも言われていたとか。 そんな命がけの岩場クライミングは止めて、山岳ガイドと行くエコハイキングも楽しいかも。 天神峠から約3km、2時間半くらいと書いてありました。 尾根の道がずーっと続いていて、私でも行けそうな気がしましたが。。。
e0219011_8593037.jpg
日の当たる山並みと影ができた山肌。 「光と陰」 は写真の基本なんですけどね。。。
e0219011_8594030.jpg
e0219011_8594888.jpg
「天神平」 は、登山とスキーの人気ポイントなんですね。 景色を見ているだけでは、何か物足りない。
やっぱり、自分の足で登らないと、眺めているだけでは、本当の素晴らしさはわからないのかも。
e0219011_8595618.jpg
帰りに 「月夜野」 のりんご園に寄って、希望者は 「リンゴのもぎとり」 も体験しました。 リンゴとジュースの試食と試飲をしたら、やっぱり買いたくなりますよね。 自宅にアップルパイとリンゴを配送。
e0219011_90421.jpg

by oshaberichi-yan | 2015-10-22 15:46 | 気軽にぶらり


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ(旅行 - 海外)
旅ごころ(旅行 - 国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん(レストラン)
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

イチョウ並木の校門
at 2017-11-07 18:23
Ginza Place 7F..
at 2017-11-05 11:15
体験から学ぶ防災意識 ー 本..
at 2017-10-06 09:30
十五夜お月さん 
at 2017-10-05 08:57
地域が伝える日本の伝統文化ア..
at 2017-09-21 09:53

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

タグ

ブログジャンル

レストラン・飲食店
旅行・お出かけ

画像一覧