<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

八ヶ岳・清里

週末に八ヶ岳の山景色を想像して出掛けたのですが、生憎のお天気というか何というか?
青空が出たり雨が降ったり、下の方では晴れているのに山の方はガスってたり。 
結局山景色は撮れませんでした。 山がクッキリ撮れるのは、冬の早朝なんでしょうか???
e0219011_14461835.jpg
写真仲間で広角レンズの話題だ出ていたので、出掛ける前日に広角レンズを購入し、試し撮りの積りでした。 広角レンズを使えば、あのビューンとした景色が簡単に撮れるものと思っていたら、どの写真を見ても効果があったのか、違いがないのか??? 当分悩みそうです。
e0219011_1521689.jpg


More
by oshaberichi-yan | 2011-08-30 15:09 | 旅ごころ(旅行 - 国内)

Atago Green Hills 42F 「Salbatore Duimo Bros.」

このビルの最上階にイタリアンレストラン 「サルバトーレ」 があります。 お友達に 「42階のレストランからの景色がとってもきれいだから。」 と誘ったのに、生憎の雨のち曇り。  
e0219011_19102724.jpg
ランチ・コースを予約すれば、窓際の席が確保できます。 右に東京タワー、左にレインボーブリッジを見ながら、 「優雅なランチ」 のつもりだったのに、窓に水滴が付いたりして、ちょっと淋しかったナ。 
夜なら、東京タワーもレインボーブリッジもライトがとってもきれいなんだから。 こんなムードで食事をしたら、壊れかけそうな恋だって、一時的には修復出来るかも。 (今は節電ムードで照明が寂しかったら、かえって逆効果ってこともあるかもネ。)
e0219011_14241754.jpg
e0219011_14243056.jpg


ランチ・メニュー
by oshaberichi-yan | 2011-08-23 14:29 | おそとごはん(レストラン)

蘇った青春

日曜日から銀座でグループの写真展が始まり、前日にその搬入を終えた時には、脱力感というか、満足感というか、やっぱり祝杯をあげたくなりました。 3月から準備を始め、やっと辿り着いたという感じでしたが、それなりに「良いんじゃない!!」と、全員で自己満足。 
e0219011_1011296.jpg
近くの「ライオン」で乾杯した後、銀座を歩いていると、何十年か前、新橋のコリドー街にあるシャンソンバーに通っていたことを思い出しました。 二次回は「シンシュンシャンソンショー(?)」に行こうと、シャンソンバーなどに行ったことがないという若者三人とその店を探しました。 
私の姉がシャンソンが好き、兄がウエスタンが好き。 その影響か私もシャンソンとウエスタンが大好き。 特に古いシャンソンのアンニュイな感じが、子供心(?)にも好きでした。 ウエスタンなら六本木の交差点のビルの地下に、今はなくなりましたが、「Mr. James」があり、シャンソンなら「蛙の歌が聞こえてくるよ~♪」で、迎えてくれる「蛙たち」があり。 その「蛙たち」が同じ所にありましたよ。 この何十年、よくぞご無事で。
でも、メンバーはオーナーを除いて全員変わっていました。 その頃、全盛期だった方は、最近は月に2,3回の出演だそうだし、オーナーを引き継いだ彼も、手術をした直後で歌は唄えないとか。 時は流れているんですね~ でも、つかの間蘇った青春でした。  
e0219011_9562963.jpg

by oshaberichi-yan | 2011-08-22 10:06 | 何気に

負けるもんか!

「犬は、のんきで良いなぁ~」 と、思うことがしばしば。 我が家の迷犬は全神経を食べるこに集中しているような気がする。 寝ていても、セロファンのバリバリって音を聞いたら、耳がピンと立ち、しばし情勢分析。 
食べ物に関係ある音だとわかると飛び起きる。 関係ないと思うと知らんふりして、居眠り続行。 そういえばどこかにこんな旦那もいそうな気がするけど。。。  
e0219011_19472784.jpg
先日、地下鉄の中でのこと。 おばあさん (ゴメンナサイ!) の前に頑張って立っていました。 駅で何人かの乗客が降りて、席が空いたのでしょう。 おばあさんに 「後ろの席が空きましたよ。 お坐りなさいよ。」 と言われてしまいました。 ひどく年老いて見えたのか? 疲れて見えたのか? バッグの中にカメラを入れていて、重かったのは確かだけど。 最近は若い服を着ていても、見破られることが多くなっちゃった。。。 
「貴女は若いから。」 と言われて、 「いや、若作りしているだけですよ。」 と言うと 「ふ~ん」 と、素直に納得されちゃうし。。。でも、暗い道を歩く時は、若作りをしていた方が良いのですって。 ひったくりは大抵後ろから狙うから、素早い若者より、ヨボヨボしている年寄りを探すそうな。 だから、せめて後姿だけでも、若く見せた方が良い。 背筋を立てて、シャンと歩こう!!
by oshaberichi-yan | 2011-08-21 20:12 | 何気に

ズッキーニのクリームソースパスタ

今が旬のズッキーニを使ったパスタです。 濃厚なクリーム味には太めのリングイネを合わせました。 
e0219011_14112771.jpg
ズッキーニとリークを炒めますが、リークは日頃使うことも少ないと思います。 見た感じは太い長ネギですが、味はネギのピリッと感に、甘みをプラスしたってところでしょうか。 ちなみに、恵比寿三越のスーパーでは、 「ベルギー産リーキ」 となっていました。

レシピ
by oshaberichi-yan | 2011-08-16 14:14 | おうちイタリアン (レシピ)

涼を求めて御岳渓谷へ

お盆の帰省ラッシュと重なるのではと心配しましたが、何の根拠もない「大丈夫だよ。」というアシスタントに励まされ(?)出掛けました。 やっぱり水の近くは涼しい! 犬連れなのでテラスでしか食事が出来なかったのですが、風が涼しく感じられ、問題なし。 都内から1時間半でこんな涼しい所があるなんて。 でも、都バスが走っているのにびっくり。 そうか、東京都だもんね。
常なら1時間半で行けるそうですが、帰りが1時間半。 行きはやっぱり中央道の日野から先が渋滞で高速を下りたのですが、ナビや標識を頼りに、2時間半もかかってしまいました。
e0219011_18571692.jpg


More
by oshaberichi-yan | 2011-08-13 19:04 | 気軽にぶらり

芝 「とうふ屋 うかい」

今週はちょっと立ち直って、この暑さにもめげず、友人と「おそとランチ」に出掛けました。 東京タワーの足元近くボーリング場の跡地に、東京とは思えないような緑濃い、懐石料理のお店「とうふ屋うかい」があります。 一の門を入り、2000坪の敷地には池があり、水車があり、お稲荷さんの赤い鳥居と蔵造りの白土塀があり、樹齢100年以上の古木に囲まれた庭園。 どのお部屋もお庭に面していて、緑と蝉の鳴き声で、しばし35度の暑さを忘れました。
e0219011_10321276.jpg
e0219011_10322522.jpg
e0219011_10323799.jpg
お店の中もゆったりスペースで、フロント(?)は作り酒屋風。 秋田の築200年の作り酒屋から移築されたという酒槽と仕込み大樽があったりして、個室に着くまでキョロキョロ。 数寄屋造りとか水屋造りとか、大小の個室が58室もあり、待ち合わせや、食後の一杯にぴったりの 「吉松庵」 というバーも有り、外国人には絶対喜ばれること請け合い。 経費で接待出来る場合は、お勧めです。 それらを写真で掲載したいところですが、切りがないし、広報担当でもないので止めておきます。 

ランチ・メニュー
by oshaberichi-yan | 2011-08-11 10:36 | おそとごはん(レストラン)

繊細なシルクジャスミン

咲き初めて数日、柑橘系の匂いをかいでさわやかな気分を楽しめると思ったのに、翌日の雨に打たれ、
すっかりしおれ、傷ついてしまいました。 何と簡単に諦めてしまったことか。。。 こんなに打たれ弱いとは、
花も人も見かけでは分からないもの。
e0219011_10194148.jpg
先週、先々週と凹みまくっていました。 友達との待ち合わせ時間を間違える (喫茶店で30分待つ)。 
パーティーの写真を撮るのに、マクロレンズを付けて行く (レンズを交換にタクシーで自宅往復)。 データ
ファイルのディスクを忘れる (友達の 「写真は重いから外付けにしてるの。」 って言葉で、「私もそうだった」 と気付く) 。 プリントの勉強にカメラを持って行きそうになる ( 「プリントにカメラ?」 と不安になり、先生に確認をとって、やっぱりカメラじゃなくパソコンが必要だったとわかる) などなど。
皆さまにご迷惑をおかけしたわけではないけれど、次から次とドジを重ねる自分にショックで、ショックで、
このまま立ち直れないような気がしていました。 でも、「悲劇の主人公」 で落ち込んでいるのも、結構疲れるものです。 今週は不死鳥のように蘇えり、旅行の計画を始めました。 若い頃は失恋しても3日寝れば立ち直れたのに、今回の立ち直りには2週間もかかっちゃっいました。 ヤレヤレ。。。。  
e0219011_10195268.jpg

by oshaberichi-yan | 2011-08-08 10:49 | 花ごころ

パプリカのアンチョビソース (Peperoni in Bagna Caoda)

パプリカのアンティパストで、食事のスタートを楽しく演出。 最近いろんな色のパプリカがありますから、
赤、黄、オレンジなどカラフルな色を使って、見た目と味を楽しんで下さい。 赤いパプリカは、他の色より
ちょっと甘めに感じます。 バーニャカウダのアンチョビ味は、その他、ブロッコリー、カリフラワー、ニンジン、
カブなど茹でたお野菜にもぴったりです。 暖かくても冷たくても美味しく頂けますから。
e0219011_1518389.jpg


レシピ
by oshaberichi-yan | 2011-08-02 15:21 | おうちイタリアン (レシピ)


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ(旅行 - 海外)
旅ごころ(旅行 - 国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん(レストラン)
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

イチョウ並木の校門
at 2017-11-07 18:23
Ginza Place 7F..
at 2017-11-05 11:15
体験から学ぶ防災意識 ー 本..
at 2017-10-06 09:30
十五夜お月さん 
at 2017-10-05 08:57
地域が伝える日本の伝統文化ア..
at 2017-09-21 09:53

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

レストラン・飲食店
旅行・お出かけ

画像一覧