<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

西地中海の船旅 (5日目) - バレッタ

2008年の4月、このマルタの英語学校で同じクラスになったのが、ドイツ人のイングリッドとの出会い、その3年後に、又二人でマルタに来るなんて、夢にも思いませんでした。この景色も懐かしい。
e0219011_11425484.jpg
e0219011_11431053.jpg
e0219011_11432697.jpg
英語学校の2週間の授業の午後のアクティビティで、観光スポットは殆ど周ったので、とりあえず、馬車で市街地に行くことにしました。観光バスは窓があって写真が撮り難い。馬車ならオープンだから、写真はバッチリだと思ったのですが、馬はポッカ ♪ ポッカ ♪ リズミカルに揺れるんです。結局、馬車に乗っている間は写真は撮れませんでした。 
e0219011_11434170.jpg
e0219011_1144526.jpg
e0219011_11442264.jpg
e0219011_11452082.jpg
私達が出航を待っている間に、別のコスタが出航して行きました。彼らはどこに行くのかな?
e0219011_11453525.jpg
e0219011_1146275.jpg
e0219011_11461768.jpg
e0219011_1146369.jpg
夕食前の8時から、シアターでは「I have a Dream」という、早く言えば、「スタッフによる隠し芸大会」みたいな催しがありました。歌あり、ダンスあり、楽器演奏ありで、これも楽しい催しです。1000人もいるスタッフの間から、どうやって選ばれるのかな? と思ったのですが、ちゃんとオーディションがあるんですって。
e0219011_13225941.jpg
e0219011_13231786.jpg

by oshaberichi-yan | 2011-09-30 11:50 | 旅ごころ (海外) | Trackback | Comments(0)

西地中海の船旅 (4日目) - 航海中

マヨルカ島を夜中の1時に出航して、チュニジア海を通り、翌日の12時にバレッタに着くまで、この日は1日中海の上。こんな日は特にイベントが盛り沢山で、朝の体操やジムでのトレーニングから始まり、スポーツのトーナメント、アートやクラフトの講習会、キッチンの見学、イタリア語のレッスン、ダンスのレッスン、ゲームやクイズなど、その気になれば、楽しく忙しく過ごせそうです。特筆すべきは、セミナーの「脂肪を燃やせ!」や「老化を遅らせよう!」などで、客層が明白ではないでしょうか?でも、今回は去年の春に比べ、子供達も多かったような気がします。私達は何も参加しないで、ゲームを見ていたり、のんびり読書(数独)で過ごしました。
e0219011_10513268.jpg
e0219011_10522567.jpg
e0219011_10524352.jpg
e0219011_10545169.jpg
e0219011_10531784.jpg
e0219011_10552792.jpg
この日の夕食は、子供たちの夕食、ティーネージャーの夕食、そして「キャプテンのガラ・パーティー」に分かれていました。「キャプテンの。。。」と言っても、シアターでキャプテンがマネージャー達を紹介し、まぁ 「コスタ・クルーズを楽しんで下さい。」というご挨拶程度。もちろん一緒にディナーというクラスもあるのでしょうが、私達の料金レベルでは希望者はキャプテンと一緒に写真も撮れるというところまででした。
e0219011_1056726.jpg
3階から5階まで吹き抜けのホールのシースルーエレベーター。このエリアはレストラン、ダンスホール、バー、カジノなど大人のフロアーなのですが、生演奏をしているダンスフローアーでは、早い時間はヨチヨチ歩きの子共達がダンス(?)を楽しんでいます。演奏者も子供達のために一生懸命(?)演奏しているように見えました。バーは深夜まで開いていたり、生演奏も激しいダンス音楽、静かなダンス音楽、南米音楽、クラシック、ピアノ演奏など、色んな所で色んなジャンルの音楽を楽しめます。コスタの溢れんばかりのサービス精神を感じました。
e0219011_10555378.jpg
お部屋に帰ったら、タオルのウサギがベッドの上に。他に日にはモンキーがぶら下がっていました。お部屋担当のロウエルが作ってくれたみたい。彼らはそういうトレーニングも受けるんですって。それに意外と細かいルールもあるようで、廊下で会ったりするといつも「How are you?」と聞いてくれる。そこで私は学校で習った通り「I'm fine. Thank you. And you?」と答える。「No, I'm not fine.」「Why not?」「I'm excellent!」ですって。それが決まりか、みんなそう言うんです。以後私も「Excellent!」と先に答えるようにしました。
e0219011_10562864.jpg
e0219011_1115398.jpg

by oshaberichi-yan | 2011-09-29 12:18 | 旅ごころ (海外) | Trackback | Comments(0)

西地中海の船旅 (3日目) - マヨルカ島

朝マヨルカ島のパルマに到着し、10時のバスでカテドラルへ。カテドラルっていうとバラ窓の美しさが魅力の一つだけれど、ここのバラ窓から差し込む光はカラフルで、柱にも人にも不思議な明暗を作っていて、特にステキでした。 
e0219011_15193283.jpg
e0219011_15195155.jpg
カテドラルの周りの広場やお土産屋さんを散策して、1時のバスで船に戻りました。船のレストランでの昼食は2時までなので、余裕で間に合うという計算。基本的に飲み物以外は、朝・昼・夜の3食は、クルーズ料金に含まれているので、無駄のないようにスケジュールを作ることも才覚であると思われます。イングリッドはコスタのゴールド会員で年に2,3回利用しているとのこと。だから「勝手知ったるコスタのルール」って感じで、私はイングリッドの言うとおり「付いて歩いている」というのが実情でした。
e0219011_15202165.jpg
e0219011_15203519.jpg
e0219011_15205251.jpg
昼食が終わり、4時からタクシーでパルマから西の海岸線を観光することにして、それまで船の中で自由行動。イングリッドはサンデッキで読書に、私はベッドにひっくり返って数独に耽りました。桟橋を渡るとタクシーが客待ちをしている。値段の交渉もイングリッドの担当で、2時間一人40ユーロで話が付きました。マヨルカ島にはドイツ人や英国人の別荘が多いそうで、イングリッドもちょっぴり自慢気。山の手には、セレブの別荘やフラットがあり、海辺は、若い人たちの避暑地として人気だそうです。
e0219011_15213413.jpg
e0219011_15214846.jpg
e0219011_1522251.jpg
夜中の1時にマヨルカを出航なので、30分前の12時半が乗船の門限です。私は日本人スタッフのさゆりさんと有料のレストランで夕食をとりました。イングリッドも誘ったのですが「日本語で楽しんで来て。」と気を使ってくれて、一人でビュッフェで夕食をとったそうです。我々は優しいピアノを聞きながら、思いっきり日本語で話して、白ワインを1本空けてました。私は機嫌良く部屋に戻り、カメラに充電しようとして、あの悪夢のような事件が起こったのです。結局何とかなったのですが、その時は大パニックで、こんな不幸が自分の身に降りかかるなんて、現実とは思えませんでした。
by oshaberichi-yan | 2011-09-28 15:23 | 旅ごころ (海外) | Trackback | Comments(0)

西地中海の船旅 (2日目) - バルセロナ

午前中は海の上。前日の夜行バスの疲れで、昨夜の9時半の夕食まで待てずに寝てしまったため、9階のビュッフェで意欲的な朝食をとり元気を回復、2時からの市内ツアーに供えました。
最初の寄港地バルセロナから最終のサボナで下船するまで、EU圏外の人はパスポートを預けなければなりません。逃亡を恐れてのことでしょうか?その後、船内では 「コスタカード」 なるものが、身分証明書であり、部屋の鍵であり、クレジットカードの登録をすると、船内ではそのままクレジットカード代わりに使えます。
各寄港地で、コスタ主催のバラエティーに富んだオプショナルツアーが用意されています。申し込み時にイタリア語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、英語など、ガイドの言語を選択出来ますが、日本語はないし、私達は共通言語の英語のツアーに参加しました。 

この日は、グエル公園、サグラダファミリア、カテドラルを観光する2時間のコースにして、街の情景はバスの中から眺めました。港の近くの空中をケーブルカーが横切っているんですが、どんな景色かなと興味が湧く半面、乗るのにはかなり勇気が必要だと思いました。  
e0219011_1015148.jpg
e0219011_12564677.jpg
e0219011_12571112.jpg
グエル伯爵とガウディのコラボで出来た分譲住宅 「グエル公園」 ですが、買い手がなく、市の公園として寄付されたとか。 遊園地のような楽しい公園ですが、確かに住むのにはちょっと。。。
e0219011_1055892.jpg
e0219011_1065559.jpg
e0219011_107406.jpg
    インスタントコーヒーのCMで、日本人が主任彫刻家として活躍していると知って、
    誇らしく思った 「サクラダファミリア」。あまりにも有名なので、建物ではなく、
    ちょっと細部に拘ってみました。
e0219011_1075687.jpg
e0219011_1081142.jpg
      大聖堂 「カテドラル」 。ステンドグラスから透ける光が厳かで、ありがた気。
e0219011_1921172.jpg
街中も、外国ですネ。
e0219011_1082843.jpg
e0219011_1084170.jpg
やっぱり港を離れる時は、センチメンタルになってしまいます。特に夕方とか夜だと。。。
e0219011_109896.jpg
8時からはシアターで 「The International Star(?) マイク ピドネ」 のショウを見て、9時半から夕食。夕食は2つのレストランで、7時からと9時半からの2部制ですが、我々は9時半からを選択しました。
by oshaberichi-yan | 2011-09-27 11:19 | 旅ごころ (海外) | Trackback | Comments(0)

西地中海の船旅 (さぁ 出発!!) - サボナ港

11日の夜11時半に、ミュンヘンの長距離バスの発着所からコスタクルーズ客専用のバスで出発。バスは、スイスのインスブルッグを経てイタリアに入り、ガルダ湖、ジェノバを通ってサボナに到着したそうです。私は眠っていたのでわかりませんが。。。 
12日の朝9時前、港に到着。既に港には各地からのバスが到着し、凄い人。荷物はバスに乗る時預けてあり、それがそのまま私達のキャビンに運ばれるので、ラクチンなこと!
e0219011_15381947.jpg
我々の船は「コスタ・コンコルディア」。総トン数=11万トン、全長=290メートル、幅=35メートル、乗客定員=3000名、乗組員=1090名の超大型船で、キャビンを離れる時は、常に船内マップを持って出ないと迷子になる恐れあり。それでも、毎日結構な距離を歩いたと思います。(何故か船の前後が切れた写真しかありませんでした???ボケたかな??)
e0219011_15395140.jpg
乗船時間の1時まで、ブラブラと街を歩いて過ごしました。 
e0219011_15384164.jpg
e0219011_1539264.jpg
e0219011_15392181.jpg
1時過ぎに乗船した時、日本人の女性スタッフさんが出迎えて下さってご挨拶。今回、日本人は私一人だとかで、ワン・ツー・ワンの対応を期待しましたが、もちろん期待を裏切るものではありませんでした。5月ごろはもっと沢山の日本人のツアーの方がいらしたそうですが、こちらとしては、何かの時に日本語が通じるというのは、本当に心強いものです。それを裏付けるような出来事が後日起っちゃいますけど。。。出航前に避難訓練が行われましたが、サイレンが鳴ったら救命胴衣を着けて集合場所に集まるというもの。まだ船に乗ったばかりで、あまり深刻さはありませんでした。
夕方5時、いよいよ出航!船が港を出る時は、何故かドキドキしながら、ちょっと淋しい。
e0219011_1540285.jpg

by oshaberichi-yan | 2011-09-26 15:42 | 旅ごころ (海外) | Trackback | Comments(0)

クルージング前の3日間をミュンヘン郊外で

浮かない顔の助手に迎えられ、私は元気に生きて帰国。そう言えば、私が出掛ける1週間位前から留守番の助手が妙にウキウキ、うれしそ~うだったのは、何故?!

予告編で「乞うご期待(??)」などと僭越にも書いてしまった戒めか、旅行中カメラの電池が充電出来なかったのです。変圧器の故障かと思い、購入し再トライしたのですが充電ランプが付かない。COOLPIXも携帯電話も充電出来るのに。。。 これはカメラの問題だと思い、マニュアルを読んで、「魚魚!! 」海外用の別売り電源コードが必要だったのです!! ニコンD80では日本で使っていた電源コードを使い、市販の変圧器を使ってアメリカもヨーロッパも南アフリカも問題がなかったのに。。。何故、D7000では変わってしまったのか!!驚きと怒りで船から飛び込みそうになりました。幸いにも2個の電池をフル充電していたし、COOLPIXも持っていたので、
1.無駄な写真は撮らない(実際は沢山ありました。)2.夜、撮った写真のチェックはしない。3.電源はすぐ切る。4.COOLPIXと使い分ける。で、何時電池が切れるかという恐怖と闘いながら、何とか最終地のポルトフィーノまで撮ることが出来ました。 
帰国後、早速ニコンのサービスセンターに「何故、変わったのか?」と怒りを抑えながら電話をしたら、「D80も同じで海外用を使用するようにとマニュアルには書いてある。それが普通に充電出来ていたからって、文句を言われる筋合いではない。」と言下に含んだ、柔らかい説明を受けました。確かにおっしゃる通り!!海外に行く時は、マニュアルを隅から隅までしっかり読んでいくか、注意事項をサポートセンターに確認した方が良いということですか。 

4年前、マルタの英語学校で同じクラスだった縁で、ミュンヘン郊外に住むドイツ人の友人 (仮に、イングリッドとしておきましょう。)と、春は、ベニスから船で東地中海を周り、今回はジェノバ近くのサボナ港から西地中海を周ることになりました。その前にイングリッドのお宅を三度目の訪問、すっかり接待させてしまいました。もちろん私だって、「日本に遊びに来て。」って誘いましたよ。でも、原発の影響は大きく、「滅相もない!」と日本語で言ったわけではありませんが、そんな感じでした。
e0219011_1653888.jpg
翌日、イングリッドが車で1時間位の 「ニュンフェンブルグ宮殿」 に連れて行ってくれました。 歴代のバイエルン君主たちが夏の宮廷として使っていたという。庭園の大きさと宮殿の壁画などの素晴らしさは何と言ったら良いか。。。2時間くらい散歩をしましたが、庭園あり、噴水あり、礼拝堂ありで、丁度気候も良く、とても良い気分でした。日本語の公式ガイドブックを読むと16世紀に基礎起工され、19世紀まで計画、建設、改造され続けたようです。長い歴史を感じました。
e0219011_1711236.jpg
e0219011_1714360.jpg
e0219011_172460.jpg
e0219011_1722213.jpg
e0219011_1723749.jpg
西の空がきれいなのに、生憎イングリッドの家からは夕陽は見えない。残念そうにしていたら、近くの「アンティヒュ湖」に連れて行ってくれました。夕陽がとてもきれいで、イングリッドのご近所さんも犬の散歩がてら、夕陽を見に来ていました。カヌーに乗ってる人も。
e0219011_1725444.jpg
e0219011_173823.jpg
翌日は、ご主人 (仮に、ヘンリーとしておきましょう。) が、「写真の沢山撮れうところに行こう。」と言って、連れて行ってくれたのが「アウクスブルグ動物園」でした。「確かに沢山撮れるけど、外国まで来て動物園か~」と思いましたが、何の何の、とても身近に動物がいて、可愛いんです。我が家の迷犬を思い出しました。私にも、若干の母性がまだ残っていたようで、我ながらホッとしました。
e0219011_1741492.jpg
e0219011_1743143.jpg
e0219011_1744876.jpg
e0219011_175261.jpg
e0219011_1751677.jpg
e0219011_1753062.jpg

by oshaberichi-yan | 2011-09-25 16:21 | 旅ごころ (海外) | Trackback | Comments(0)

西地中海の船旅 - 予告編

春に「ローマからブリンディジまでのアッピア街道を、5日間かけて車で周る」というプランを、トスカーナのとも子さんにお願いしていたのですが、3月の震災で意気消沈。引き籠りの日が続き、海外なんてとても出掛ける元気をなくしてしまいした。ペンディングになっていたプランを再燃させたのが7月。その時はもう、とも子さんの秋のスケジュールが詰まっていて、5日間は無理とのこと。
e0219011_10373976.jpg
方向転換し、ミュンヘンの友人と相談した結果、船旅愛好家の彼女のリクエストで再び船旅をすることに。昨年の春は「1週間の東地中海の船旅」。今回は、イタリア・ジェノヴァの近く「サボナ」から出航し、スペイン「バルセロナ」、「マジョルカ島」、マルタの「バレッタ」、シシリア島の「パアレルモ」、最後に 「ローマ」に寄って「サボナ」 に戻る「8日間の西地中海の旅」です。その前に、ミュンヘンで3日、船旅の後にイタリアンリビエラ「ポルトフィーノ」で4日を過ごし、23日に元気で帰ってくる予定。
今回は、広角レンズも持参しようと張り切っているのですが、手荷物が重くなり、これでちょっとモチベーションが下がり気味。でも頑張ります!しばらくブログをお休みしますが、乞うご期待 ! 
by oshaberichi-yan | 2011-09-07 11:31 | 旅ごころ (海外) | Trackback | Comments(0)

芝パークホテル フレンチの「タテルヨシノ」

3,4年前何気に出掛けたこのお店。 ランチの終わり頃に突然お隣の席の周りにスタッフの方達が集まり、
「Congratulation ♪ Celebration ♪ ♪ ♪」 の歌がゴスペル調で始まったのです。 それも驚きましたが、
その歌の上手なことにびっくり。 このお店のファンになったのは、この歌のせいかも知れません。
一生懸命お誕生日の人を探して出掛けています。 今日もカメラ仲間の友人の誕生日が近いことを聞きつけ、誘ってしまいました。  
e0219011_1739418.jpg
2011年の「ミシュラン・ガイド東京」で、芝店が2つ星に昇格したのも、この歌のお陰? いくら歌が聞きたくても、自分のお誕生日に自分でお願いするのも、何だか淋しい。 去年は同じ頃のお誕生日の人4人でお互いにプレゼントし合いました。 それなら何とか。。。 でもそれも毎年となると、それはそれで淋しいと思う。
そうそう、このお店には 「” 恋に効く ”3つの約束」 があるそうですよ。 効果が知りたい。。。 

ランチ・メニュー
by oshaberichi-yan | 2011-09-06 17:44 | おそとごはん | Trackback | Comments(2)

浜離宮 「コスモス」

浜離宮の黄花コスモスが見頃だと、TVの天気予報で聞いて、我が写真班は出動しました。 
TVを見てから3日経っていたので、黄色いコスモスはちょっと疲れ気味。 ピンクのコスモスはこれからって感じ。 何とか広角の醍醐味を実感したいと思ったのですが。。。
e0219011_19373237.jpg
これなら、マクロレンズの方が良かったのかな?という気がしないでもない。 又も納得行かず!
e0219011_19374653.jpg
モデルさんを撮っていらっしゃる方がいらしたので、「すみません。 私も2,3枚撮らせてもらっていいですか?」って伺ったら、快く(?)OKが出ました。 でも、その私に便乗して、一緒に参加している知らない熟女がいるんですヨ。 お互いもう怖いものが無くなっちゃったんだって、我ながらちょっと淋しい思いをしました。
e0219011_2042014.jpg
モデルさんと先生(?)、折角撮らせて頂いたのに、こんな写真ですみません!! 道は映らなかった方が良かったかな?
by oshaberichi-yan | 2011-09-01 20:04 | 花ごころ | Trackback | Comments(2)


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ (海外)
旅ごころ (国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

睡蓮と菖蒲の「明治神宮」
at 2017-06-23 18:29
白金の住宅街 「今井記念館」..
at 2017-06-09 19:55
「第40回 女性だけの写真展」
at 2017-05-24 10:14
ニューカメラの練習(ニコンD..
at 2017-05-21 10:56
箱根の隠れスポット 「深沢銭..
at 2017-05-18 10:23

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
料理・レシピ

画像一覧