<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

うそ替え神事の亀戸天神社

毎年1月24日と25日は、亀戸天神の 「うそ替え神事」 が行われるという。 檜で作ったうそ鳥を、毎年新しいものと取り換えることにより、これまでの悪いことが ”うそ” になり、これからの一年の吉兆を招き、開運・出世・幸運を得るそうです。 私は去年ついたウソが帳消しになり、忘れて良いという有難い行事だと思っていました。 もちろん私には必要ありませんが。。。 
e0219011_1062886.jpg

e0219011_1073970.jpg
この日にしか手に入らない貴重なお守りとして人気があるようで、購入する人の長い列が出来ていました。 ここだけではなく、左の方にもっともっと長い列があるんです。 その列を見ただけで、我々は購入を諦めました。
e0219011_1063847.jpg
       ここに去年のうそ鳥をお納めします。
e0219011_10225654.jpg
境内神楽殿で都無形文化財指定の 「里神楽 葛西囃子」 の音が聞こえていましたが、他の所を撮っていて着いた時には終わるところ。  さっきまで、ちゃんと笛も吹いていたし、太鼓も打っていたんですって。 先に着いていた助手に 「音物はすぐ撮らないと終わっちゃうんだよ!」 と偉そうに言われ、く・や・し・い ~
e0219011_10101752.jpg
梅が一輪、やっと咲き始めたところ。
e0219011_10103242.jpg
       池に3つの橋が架かっていますが、最初の太鼓橋 (男橋) は過去、真ん中の平橋は現在、
       最後の太鼓橋 (女橋) は未来を表し、人の一生に擬えているとか。
e0219011_10112585.jpg
       市ヶ谷で総武線に乗り換えてから、電車の窓からも 「スカイ・ツリー」 が見えますが、
       ここでも、藤棚の向こうに背筋を伸ばして、くっきりと見えました。 
       亀戸神社は藤の花でも有名だそうですが、5月の 「藤まつり」 の頃はきれいでしょうね。
e0219011_10115533.jpg
亀戸天神から駅に向かう途中、香取神社に寄ってみました。 境内はひっそりとしているのですが、「2020年東京オリンピックの招致」 の旗がはためいて、ちょっと不似合な感じ。 
e0219011_10144135.jpg
それもその筈、ここはスポーツ振興の神様だったのです。 昔から武将や剣豪の崇敬も篤く、現代でも武道修行の人たちは祖神として崇めているそうです。 スポーツで勝つ、病気に勝つ、自身に勝つという 「勝守り」 。
e0219011_1013106.jpg
e0219011_10133997.jpg
e0219011_1014963.jpg
これが楽しみな 「ぶらりランチ」 。 今日は亀戸大根の料理で有名な 「升本」 で。 予約をしようと思ったのですが、10時半には既に予約席は満席。 2階の席は早い者順だとかで、11時半前に到着して、無事、待ち時間なしで座れました。 
e0219011_10171885.jpg
江戸下町の風味を味わえる 「亀戸大根あさり鍋」 。 大根と浅蜊の相性はピッタリです。 麦ご飯に、秘伝の汁で煮込んだ具やだし汁をたっぷりかけて頂きます。 
12時半ごろには帰りの電車に乗って、2時間半のかなり軽めのぶらりでした。
e0219011_10174662.jpg

by oshaberichi-yan | 2013-01-26 18:21 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

築地から月島へ ぶら~り

「今日のランチは築地で」 ということになり、そっち方面にカメラを持って”Let's go!”
先日、大島渚監督の葬儀の模様をTVで見て、「築地本願寺」 の豪華なことにびっくり。 まるでモスクのようで、一度行ってみたくなりました。 ランチは築地で、それから勝鬨橋を渡って、月島を歩いて、大江戸線で帰るというスケジュール。

本当に 「築地本願寺」 は建物が凄い。 その割に庭園らしきものはどこにも見当たりませんでした。 
普通お寺と言えば、お庭を見たり歩いたりして心穏やかになるというのが、相場だと思ったのですが。。。  モスクのようと思った外観は、古代インド仏教様式だそうです。
e0219011_20574171.jpg
正面は、浄土真宗の御本尊 「阿弥陀如来」 。
e0219011_20545626.jpg
それから歩いてすぐの 「築地場外市場」 に。 活気があって、珍しいものもあって、キョロキョロしちゃって
飽きません。
e0219011_20552412.jpg
有名な玉子焼き屋さん。 長蛇の列でも食べたいんですよね。 その気持ちは私には???
e0219011_20555099.jpg
乾物屋さん。 何か分かりませんが不思議なものもありました。  
e0219011_20564925.jpg
           タワシのクリスマスツリー。 茶目っ気が気に入った!!
e0219011_2112995.jpg
「場外市場」 から晴海通りを歩いて、路地をちょっと入った所にある天ぷら屋さん「黒川」。 5,6人が座れるカウンターとテーブル席が2つ。 こじんまりした、小粋な江戸の味わいといった感じのお店です。
e0219011_212536.jpg
かき揚げ天丼と穴子天丼を頼んだのですが、その天丼が出てくる前に、色々な天ぷらが3回に分けて、揚げたてが出てきます。 これが二人分の一皿だから、これの約3倍のてんぷらの後に、天丼と海老で出汁をとった味噌汁がセットです。 
e0219011_2122861.jpg
「勝鬨橋」 を渡って月島に。 「勝鬨橋」 は隅田川にかかった可動橋。 昭和45年以前は1日5回20分づつ中央部が跳ね上がっていたそうですが、橋上の交通量の激化と東京湾の整備により大型船の通過もなくなったため、開閉は中止されました。 一年に1度くらいイベントとして再現出来ないのかな~ そしたら、絶対写真を撮りに行くね! 中央部の資料館では開閉のための設備が残っていて見ることも出来るそうですが、設備なんか見てもね~
e0219011_2131133.jpg
          ここ隅田川にも 「ゆりかもめ」 。 何でみんな同じ方を向いているんだろう?
e0219011_2133366.jpg
懐かしの 「東京タワー」。
e0219011_2135425.jpg
          現代を代表する高層電波塔 「スカイツリー」。 あなたはどっち派?
e0219011_2141887.jpg
親水護岸からスカイツリーを撮ったら、月島西仲通りの四番街から一番街までを歩きました。 もんじゃ焼き屋さんが両側にずらり。 通称 「もんじゃストリート」 というそうです。 こんなにもんじゃ焼き屋さんが並んでいて成り立つのかと、余計な心配をしながら、下町の商店街を楽しみました。 もんじゃ焼きが好きな方は、ここでランチも良いかも。
e0219011_2145663.jpg
      通りから左右に伸びた路地には下町の風情いっぱいの看板。 映画のワンシーンのようでした。 
e0219011_2152873.jpg
佃公園を横切って、住吉神社に。 社前が廻船の港だったことから、海上安全、渡航安全の守護神として信仰を集めていましたが、その後、月島、勝どき、豊海、晴海と次々に埋立てられ、今はこの地域の氏神様として信仰されているそうです。
e0219011_2154731.jpg
住吉神社の裏には、船泊りがあって昔を偲ばせます。 ちょっと歩き疲れて、駅前の 「マック」 でお茶を飲んで月島駅から地下鉄で。 10時に家を出て約4時間の 「ぶらり」 でした。
e0219011_216369.jpg

by oshaberichi-yan | 2013-01-24 18:50 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(2)

北品川から天王洲へ 「品川宿巡り」

助手の提案により、北品川から東海道品川宿で写真を撮り、天王洲アイルでランチをして帰るというコース。
顔はピリピリとするくらい冷たい。 でも、頑張って出かけよう!!

北品川の駅からどこかを歩いて、北品川橋に出ました。 釣船や屋形船の船泊まりをビルを背景に撮ると
いうのが助手の考えだったらしい。 そのアンバランスが狙いだとか。 ハイハイ、撮りますよ!!
e0219011_9493665.jpg
e0219011_9494519.jpg
この 「利田神社 (Kogata) 」 は、沢庵和尚が弁財天を祀ったのが起こりだそうです。 神社の境内には、暴風雨で品川沖に迷い込み、漁師に捕まったその鯨の供養碑 「鯨塚」 があるとか。
e0219011_9503175.jpg
私がそれだと思って撮ったのは、神社の近くにある公園の鯨の遊具でした。 変だとは思ったのですが、
看板もあるし、助手も 「それで良い」 と言ったので。。。 だから、これは公園の写真。 本物の 「鯨塚」 ではありません。
e0219011_14242117.jpg
船泊まりで撮影していたクルーとこの北品川本通り商店街でも一緒になりました。 プロと狙いが同じとは、我々も捨てたものじゃありませんよ。 雑誌かな? それとも地域情報誌? 人力車のお兄さんがコースを案内していたので、多分品川宿を回っていたのだと思うけど、その後は会いませんでした。 
e0219011_1345596.jpg
商店街の中に真言宗の寺 「一心寺」 があります。
e0219011_9515984.jpg
e0219011_952915.jpg
商店街の 「左 品川橋を経て南品川宿」 という石標に沿って、ちょっと路地を入った所にある 「養願寺」 。 
こちらは天台宗のお寺です。
e0219011_9523848.jpg
e0219011_9525144.jpg
     この辺りになると、何時ものように、どこをどう歩いているのか分からない 「ここはどこ?」 状態。 
     とりあえずお寺の屋根が見えたので、そっちの方に歩きました。 出た所は北馬場参道通り商店街。
e0219011_9534016.jpg
屋根が見えたのは、その商店街の中にある真宗大谷派の 「日夜山 正徳寺」 でした。 お寺はみんな同じような感じだと思っていましたが、こうしてみると、それぞれ特徴があるんですね。 「一心寺」 は寿老人さま、「養願寺」 は布袋さま、東海七福神の中のお寺です。 ちなみにその他、大黒天は 「品川神社」、恵比寿さまは 「荏原神社」、毘沙門天は 「品川寺」、福禄寿は品川の 「天祖諏訪神社」、弁才天は大田区の 「磐井神社」 だそうです。
e0219011_9532977.jpg
とりあえず、天王洲と思われる方向に歩いて、天王洲橋に出ました。  見ると、運河に沿って遊歩道が続いているので、寒そうだけど歩きたくなりました。 「高浜運河沿緑地コース」 とあります。
e0219011_957862.jpg
天王洲側に幾つか橋が架かっていますが、一番近かった 「楽水橋」 を渡って 「江南公園」 に。 緑地コースから見えた丸い形の輪っかは一体何なのでしょう??? 後ろは 「天王洲ふれあい橋」。
e0219011_9564678.jpg
          近くに行ったら、あの輪っかはこんな形をしていました。
e0219011_9574546.jpg
お天気の良い日は、子供たちの散歩コースかな。
e0219011_958450.jpg
     歩行者専用の 「ふれあい橋」 を渡ったら、まだ雪の残った天王洲アイルの一角。 運河の水門は、
     ここを抜けると別世界に抜け出せるような、そんな錯覚を起こさせませんか?
e0219011_9582336.jpg
こんなに近いのに天王洲アイルのビル群には、品川宿の雰囲気は全くない。 それが、この街の魅力かも。
ビルのピザ屋さんでランチをして、天王洲アイル駅から 「りんかい線」 で大崎に出て、3時間半で一周り。
e0219011_9583561.jpg

by oshaberichi-yan | 2013-01-20 14:37 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(2)

初雪と名前のないメール

昨日の雪は見る見るうちに積もって、隣の女学校の校庭もあっという間に雪景色。 見ているだけならきれいで良いけど、とても出かける気にはならない。 家に籠って、犬と昼寝の一日でした。
e0219011_14494382.jpg
e0219011_14511092.jpg
最近、名前のないメールを受け取りました。 「明けましておめでとうございます。 なんとか二人でやってます。 お身体を大切にしてください。 XXさんにもよろしくお伝え下さい。」 というもの。 誰なんだろうと必死で考えるんだけどわからない。 XXさんにもよろしくとは、ちゃんと亭主の名前が書いてあるから、間違いメールではないらしい。 メールアドレスを見ると、「angel何とか1209@・・・」 とある。 名前のヒントにはならないし、数字は誕生日だとしても、知人の誕生日を全部知っているわけではない。  「明けましておめでとう」 とあるから、年賀状の来ていない人かな? 「何とか二人でやっている」 ということは、結婚して二人で暮らしを始めたか、子供たちが巣立ち二人暮らしになったか。。。 日頃推理小説を愛読している者として、そこまでの推理は働くのだけれど。。。
以前にも、同じように名前のないメールを受け取ったことがあります。 近々上京するので、会えないかと、日にちと宿泊するホテルの名前が書いてありました。 その時は、メルアドが 「kazu何とか@・・・・」 になっていたので 「和」 の付く名前の友人を思い浮かべたら、XX 和子 さんがいました! 会うことにして当日そのホテルのロビーで和子さんを捜したが見当たりません。 すると、一人の女性がニコニコしながら私に近づいてくるのです。 思い出しましたYY 和代 さんだったのです。 確かに 「KAZU」 さんだけど。。。 
そんなことがあるんですね。 もちろん、間違えたなんて振りは微塵も出しませんでしたよ。 やっぱり名前はちゃんと書くべきだと思います。 
by oshaberichi-yan | 2013-01-15 15:43 | 何気に | Trackback | Comments(2)

上野周辺 「湯島天神」 と 「不忍池」 5時間のぶらり

ちょっと寒いけど天気は良いし、腰と靴先にホカロンを入れて、ぶらっと写真を撮りに出かけました。 
靴先と腰のホカロンと長いダウンを準備すれば、寒さも気にならない。 寒いのは顔だけ。 顔にマスクをし、
メガネをかけたら、完璧だけど、それはちょとね~。。。。
我が家からもそんなに遠くなく、行ったことがない所ということで、「湯島天神」 から 「旧岩崎邸庭園」 、
「不忍池」 に廻って、池之端辺りで昼食をし、ついでに上野の 「うさぎや」 で、どら焼きと最中を買って
帰るという段取りです。 

「湯島天神」 と言えば、行ったことはなくても、梅と合格祈願の天神様として知っています。 
でも、梅はまだ花を開くつもりはないらしく、プンとも匂いませんでした。 2月に入ってからが見頃だとか。 
e0219011_19461559.jpg

e0219011_19443249.jpg
私の周りには受験生はいないけど、こんなに沢山の絵馬を見ると、最後に神様の力に頼りたくなる切実さが分かるような気がします。 合格祈願のお詣りをして願いが叶った時には、神様にお礼のお詣りをするのが神様に対する礼儀だそうです。 これを 「お礼参り」 という。
e0219011_19424922.jpg

e0219011_19493836.jpg
天神様と牛は切っても切れない縁起や伝承があるとか。 境内の牛も鼻が悪いからと鼻を撫でたり、足が悪いのでと足を撫でたり、角を撫でたり、手を合わせたり。 「撫で牛」 として、信仰されているそうです。 
この人は頭が良くなるようにと頭を撫でているのかな?
e0219011_19451013.jpg
「旧岩崎邸庭園」 は、「湯島天神」 から歩いて数分の所にある日本建築史に残る洋館です。 ボランティアの方が館内を案内して下さるのですが、残念ながら館内は撮影禁止。 庭園は芝生の庭でした。 何てことか、私はバラで有名な 「旧古河庭園」 と間違えていたのです。
e0219011_19474243.jpg
「不忍池」 も 「旧岩崎邸庭園」 から、歩いて10分くらいの近さ。 このコースは歩くのには適当な距離です。 
池を囲んだ冬枯れの景色もこれまた風情がある。
e0219011_19491095.jpg
おばさんの日課になっているのでしょうか、ユリカモメが取り巻いていました。
e0219011_19534028.jpg
e0219011_19541324.jpg
冬枯れの蓮池。 咲いている蓮のキリッとした姿勢も清々しいものがありますが、この思いっ切りの枯れ具合も雰囲気があって、気に入りました。
e0219011_20362841.jpg

e0219011_19544462.jpg

e0219011_19492266.jpg

e0219011_19551452.jpg
e0219011_19552846.jpg
地下鉄の 「湯島」 に10時半に着いてから2時間、丁度お腹も空いた頃なので、池波正太郎さんの本で読んだ 「亀屋 一睡亭」 で、鰻を食べて。 そこから又、歩いて 「うさぎや」 に寄って。 5時間ちょっとの 「ぶらり」 でした。
e0219011_19564039.jpg

by oshaberichi-yan | 2013-01-14 10:39 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

Q.E.D. クラブ (和食)

今週はまだお正月休みで、私の周りはいつものペースには戻っていません。 遊んでくれる友人もなく、
テレビも特別番組ばかりで、時間を持て余し、暮れに行ったレストランのデータをアップすることにしました。
もっとも私は一年中連休だから、始めからお正月休みといった気分ではありませんでしたが。 
クリスマスの頃、「洋食のレストランはクリスマス・メニューで、コースだけの特別料金だから、和食に行こう。 まさか和食にクリスマス・メニューはないであろう。」 と、和食のレストランを選んだのですが、クリスマス・メニューではなく、年末メニューというのがあったのですね。 迂闊でした!

JRの恵比寿駅から歩いて10分ほど。 元ハンガリー大使公邸だったという優雅な邸宅と1100坪からなる庭園が素敵な 「Q.E.D.クラブ」。 フレンチと和食と鉄板焼きに分かれています。 何年か前にフレンチの
レストランに行ったことがあるのですが、その時の記憶は 「駅からずいぶん歩いたな。」 というものでした。 
e0219011_9475443.jpg
ちょっと離れのような和食棟でのランチでしたが、おしゃべりに夢中になり、<先付>の 「河豚の煮凍り」 と<椀物>の 「鱈とろろ昆布」 を撮り忘れました。
e0219011_948377.jpg
<お造り>
e0219011_9481598.jpg
<焼物>
鰤の酒香焼き、下仁田ネギと合鴨の田楽
e0219011_9482364.jpg
<煮物>
大浦牛蒡鶏射込み、松笠慈姑筍、青身野菜
e0219011_9483612.jpg
<揚物>
天ぷら盛り合わせ (白子、南瓜、ばってん茄子)
e0219011_9485153.jpg
<食事>
浅蜊の炊き込み御飯
e0219011_949819.jpg
e0219011_9491929.jpg
<甘味>
抹茶と洋梨と共に
e0219011_94934100.jpg
「Q.E.D.」 って何の略だろうと思っていました。 知っている単語に結びつかず、三文字熟語として覚え難い。 HPによるとラテン語の 「quod erat demonstrandum」 に由来し、「これ以上、最高のものはない」 という自画自賛の名前 (?)かと思いましたが、その精神を守り続けるという姿勢を表しているそうです。
e0219011_9495713.jpg

by oshaberichi-yan | 2013-01-04 13:16 | おそとごはん | Trackback | Comments(2)

氷川神社に初詣

明けましておめでとうございます。
今年も(?)、今年は(?)、今年こそ(?) 皆様にとりましても、私にとりましても良い年でありますように。

そんな思いで、近くの氷川神社に初詣に行って来ました。 元旦は石段から道路にまで初詣客が並んでいたそうですが、三日となるとチラホラ。 お蔭でゆっくりお参りできました。
e0219011_12522952.jpg

e0219011_125313100.jpg
e0219011_12532522.jpg
おみくじを引いたら 「中吉」 。 結んで帰ろうかと思いましたが、あまりにもピッタリなので離し難く、心に刻むため持って帰ってきました。

           桜花 盛りはすぎて ふりそそぐ 雨に散りゆく 夕暮れの庭

私の人生、もう夕暮れなんだ。。。。  た・し・か・に
e0219011_12525327.jpg
e0219011_12515163.jpg
           今年もよろしく! おみくじなんか気にしないで、好きに生きよ!!っと。
by oshaberichi-yan | 2013-01-03 13:20 | 何気に | Trackback | Comments(2)


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ (海外)
旅ごころ (国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

ニューカメラの練習
at 2017-05-21 10:56
箱根の隠れスポット 「深沢銭..
at 2017-05-18 10:23
ネモフィラの丘(国営ひたち海..
at 2017-04-29 12:39
山梨の「桃源郷」
at 2017-04-15 18:18
白金台のフレンチレストラン「..
at 2017-04-09 19:38

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
料理・レシピ

画像一覧