<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

幸せ感じる 「羽衣ジャスミン」 の香り

又、ジャスミンの季節がやって来ました。 朝、窓を開けた時、入ってくるジャスミンの微かな香り。 雲一つない爽やかな日差しの中で、何をやっても幸せに過ごせると、錯覚してしまう。 とりあえず、気分は良い。 
この羽衣ジャスミンは、見かけによらずずうずうしく、垣根から始まって、椿に絡み、桜の木に登り、我が物顔で占拠していく。 でも、香りが良いから許しちゃうよ。 庭に出て、咲き始めたばかりのジャスミンの中で、思いっ切り深呼吸。 そして、しばし、嫌なことを忘れましょう。 香りをお届け出来ないのが残念。
e0219011_141823.jpg
e0219011_1411798.jpg
e0219011_1414491.jpg
4月から、ブログの文章が上手く書けるようになれたらと、カルチャーセンターの 「作文教室」 に通い始めました。 そのクラスは40年も続いていて、生徒さんの中には継続20年の超ベテランさんもいらっしゃる。 
初日に、先生から何故このクラスに入ったかと質問されました。 で、私は 「ブログのコメントが面白いというか、素敵というか、上手く書けるようになりたい」 と言いました。 すると、「文章はね、生まれつきというか、才能というか、センスの問題なんだよ。 習ったら書けるようになるというもんではないんだよネ。」 と一発、出鼻をくじかれました。 これって、このカルチャーセンターの営業妨害じゃない? 入らなきゃ良かったと思いました。 でも、3か月分の授業料は払ってしまったし。。。
毎回お題が出て、800字程度の作文を提出し、講評をしてもらいます。 最初の作文の講評は、 「この部分、意味わかんない。 それに、全体に饒舌というか、無駄が多いんだよね。」  思わず 「性格が出るんですね。」 と言いかけましたが、そんな雰囲気ではない。 こうまで、ケチョンケチョンに言われると、「そこまで言わなくても。。。」 と腹立たしいというより、笑うしかないという気分。 私は傷つかないという顔をしているんでしょうか? 笑っているけど、本当はかなり傷付いた。。。。。。。。。。。  
by oshaberichi-yan | 2013-04-28 20:04 | 花ごころ | Trackback | Comments(4)

宮城大河原 「一目千本桜」

福島駅の観光案内所の情報では、今なら会津若松の 「八重の桜」 か大河原の 「千本桜」が見頃 だとのこと。 「八重の桜」 はNHKの大河ドラマで人気になっているから混むことを予想し、大河原に向かいました。
e0219011_16143017.jpg
e0219011_1614932.jpg
       一旦福島駅に出て、JR東北線で30分位の大河原駅で降ります。 桜まつりの会場
       「白石川右岸河川敷公園」 までは徒歩5分程度。 川の両側には千本あるかどうか
       わかりませんが、桜並木が続いていました。 でも、ここも、時すでに遅しの感あり。 
       満開の時は見ごたえがあるでしょうね。 自然が撮影対象の時は、タイミングがとても
       大切。 天気が悪かったり、気温が急変したり、計画通りにならないのは、人生と同じ。
e0219011_16135449.jpg
e0219011_16144652.jpg
e0219011_16152716.jpg
正面には雪を被った蔵王連峰が連なり、花見の屋形船も、期間限定で運行されています。
e0219011_1615140.jpg

e0219011_16155682.jpg
e0219011_16162448.jpg
⒈時間半ほど写真を撮り、大河原駅に戻って、又、福島駅で昼食。 もう行く所もない。 2日間、ずいぶん
歩いたし、リュックを背負ったままの時間が長かったので、少々疲れ気味。 予定の新幹線より2時間も早い列車に振り替えて、早々に帰宅しました。 
今回も、リュックを背負って行ったのですが、本当に肩が凝る。 皆さんそんなことはないのでしょうか? 
リュックで後ろに引っ張られ、カメラで首が前に引っ張られ、身体が 「S字」 になりそう。 両手が空いていると、何かと便利で動きやすいかもl知れないけど、何か楽な方法はないのかしら?
by oshaberichi-yan | 2013-04-22 17:25 | 旅ごころ (国内) | Trackback | Comments(4)

すでに葉桜 「福島 花見山」

例年の桜の開花状況から19,20日に 「花見山」 に桜撮影に行くことにしました。 ところが、福島出身の
友人が実家に問い合わせては開花情報をくれたのですが、日に日に開花が進み、先週末に 「花見山」 の満開は通り過ぎてしまいました。 葉桜だと覚悟をして、福島へ。
「花見山」 へは、駅前から直通のバスが約20分間隔で出ていて、所要時間は15分くらい。 東京から新幹線で1時間半だから、2時間あれば、行けるってこと。 次回は、開花情報を聞きながら、即決で日帰りをした方が間違いないかも。 駅の構内には、「花見山」 の案内所があり、集落の近くの細い道には、スタッフの方たちが交通整理をし、地域全体でこのイベントに力入れていることがよくわかります。 桜満開の時は、かなり混むことが想像出来ますが、どんなにきれいか、やっぱり見てみたい。
e0219011_15201374.jpg
「花見山公園」 は、一軒の花卉園芸農家の私有地で、周辺の農家も花卉園芸を行っており、この辺り一帯を総称して 「花見山」 というそうです。 故に花見では当たり前の宴会は禁止、ウォーキング型の花見を楽しむこと。
e0219011_15191124.jpg
30、45、60分のコースがあって コースの所々にスタッフの方たちもいて、草花の質問に答えたり、案内をしてくれます。
e0219011_15192652.jpg
私たちが行った時は、確かに桜は80%終わっていましたが、菜の花、花桃、レンギョウ、雪柳、サンシュユ、それに紅葉がカラフルでとてもきれ~い。 花卉園芸は個々の草木に陽が当たるよう、丘陵地中腹の傾斜を利用し、花木が重ならないように植えられているんだそうです。 だから、どこから見ても花が一杯で、桜がなくても絵になる眺め。
e0219011_1520719.jpg
写真家の故・秋山庄太郎氏が 「福島に桃源郷あり」 と感嘆し、全国区の花の名所として知名度が上がったとか。 
e0219011_15202730.jpg
e0219011_15203850.jpg
e0219011_15204893.jpg
一度福島駅に戻って、昼食。 このまま飯坂温泉に行くのもちょっと勿体ない。 駅の案内所でもう一か所、桜の名所を聞いて 「信夫山」 の 「護国神社」 に廻りました。 予想は出来ていたけど、やっぱりここも桜は終わっていました。
e0219011_15213862.jpg
福島駅から飯坂線で30分位の奥座敷 「飯坂温泉」。 福島出身のお友達のお勧めです。 旅館の部屋からの眺めも 「里の春」 。
e0219011_15215564.jpg

e0219011_15214690.jpg

by oshaberichi-yan | 2013-04-22 11:31 | 旅ごころ (国内) | Trackback | Comments(0)

鎌倉 「長谷寺」

クラス会ではないのだけど、小・中学校のクラスメートが誘い合わせ、由比ヶ浜のレストランで集まりました。卒業後長い年月が経ち、連絡を取り合っている人は少なく、それぞれの繋がりを手繰って集まった9名。 
卒業以来会ったことのない人もいて、どんな人になっているんだろうと、ちょっとスリルとサスペンス! 
由比ヶ浜の駅で、同年配の人が地図でさがしているのを見て、「ひょっとして、同じ会の参加者かな?」 と
思ったのですが、顔に覚えがないし、彼も全く気にしていない様子。 でも、同じ方向に向かって歩き、同じ
レストランに入りました。 やっぱりクラスメート。 マドンナが参加すると、ドキドキしながら来た元少年は、駅で彼女と 「改札口は何処か」 と言葉を交わしたけど、気が付かなかったというから、時の流れの罪なこと。 でも、仕方がないか、覚えているのは、何十年前のおかっぱ頭の少女といがぐり頭の少年なんだから。 
そんなことで、久しぶりに鎌倉に出かけ、食事の後 「鎌倉文学館」 と 「長谷寺」 までブラブラ歩いて、海岸べりでお茶をして、思い出の会は終了しました。

これからの季節、鎌倉は花で有名なお寺が沢山あって、きっと混むことでしょう。 週末はもちろんですが、平日もそれなりに混んでいるそうです。 でも、ちょっと気になるのは道路の狭さ。 歩道を歩いていても、
かなり注意が必要で、恐いくらい。  「長谷寺」 は、藤、牡丹、シャクナゲやつつじがとてもきれい。 混んでいるのも仕方がないかも。 「長谷観音」 で、思わず買ってしまった 「ぼけ封じ」 のお守り。 黄楊で作った瓢箪が6つ付いていて、無病=六瓢にあやかったとか。 ご利益がありますように。
e0219011_1853937.jpg
e0219011_186091.jpg
e0219011_186840.jpg

e0219011_1865766.jpg

e0219011_1875648.jpg
e0219011_1881032.jpg
e0219011_1883450.jpg
長谷の海岸のカフェで我々は海を見ながらお茶タイム。 若者は海に身を投げ出しサーフィン。 やっぱり海はいいな~! 年に合った楽しみ方をすれば良い。
e0219011_19273668.jpg

by oshaberichi-yan | 2013-04-16 09:58 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(2)

チーズバスケットのサラダ (Insalata servita in un cestino di parmiggiano)

チーズで作ったバスケットの香ばしさとパリパリ感。 はちみつ入りドレッシングの甘ピリ感がポイント。 サラダは葉物をメインにお好みでどうぞ。 このチーズのパリパリはチーズフォンヂュの最後にお鍋の底に残ったあのお焦げのチーズと同じ。 癖になります。 
e0219011_1619425.jpg
チーズ・バスケットの中には、パスタやリゾットを入れても美味ですが、熱いものを入れると、チーズが溶けてしまうことがあるので、要注意。 チーズの上にパン粉をかけて焼くと破れにくいし、リゾットを入れても溶けにくいですけど。 ドレッシングのオイルがちょっとキツイなと思われたら、少しホワイト・ワイン・ビネガーを加えても、GOODです。

レシピ
by oshaberichi-yan | 2013-04-16 09:49 | おうちイタリアン (レシピ) | Trackback | Comments(0)

ZESTスクール - 「小湊鐵道 撮影会」

カメラを始めた頃に通ったZESTスクール。 基本はマン・ツー・マンのレッスンなので同級生はいませんが、修了者の交流も盛んですし、スクールからも色々な撮影会が一年を通して企画されます。 鉄道写真には、あまり関心がなかったのですが、久しぶりに懐かしくなって出かけてみました。
小湊鐵道の 「飯給 (いたぶ) 駅」 と 「上総大久保駅」 が今回の撮影ポイント。 桜も菜の花も見頃はすでに終了し、鉄道マニアの姿は私たちを除けば2、3組くらい。 貸し切り状態で自由に撮影が出来ました。

「飯給駅」 はトタン屋根の可愛い無人駅で、周りは畑や田んぼののどかな田園地帯。 電車 (電化されていないので 「電車」 とは言わず、正しくは 「気動車」 もしくは 「ディーゼルカー」 と言うとのご指摘を頂きました。 すみません!) は上り・下りを合わせて30分か1時間に1本なので、その間は近くの 「白山神社」 にお詣りしたり、辺りをぶらぶら。 周りの田んぼからはカエルの大合唱が聞こえるのですが、姿は見えず。 誰かが言ってました 「本と椅子を持ってくれば良かった。」  同感!! 鉄ちゃんには怒られますね。
e0219011_19425122.jpg
e0219011_1943946.jpg
           「白山神社」
e0219011_19432255.jpg
「来た~!」 オレンジ色の1両編成の小っちゃな気動車が来ました。 鉄ちゃん気分で、ちょっと興奮!!
e0219011_19434254.jpg
e0219011_19435978.jpg
時刻表にもない時間に大きな列車のような音がして、慌ててカメラを向けると、何とトロッコのような。。。? 鉄道マニアの方の説明では、オートバイを改造した保線用の軌道自転車で、小湊鐵道だけで走行されているそうです。 いつ走るかわからないので、思いもよらなかったと、その方も感激気味でした。 マニアの間では有名だそうです。 
e0219011_11135536.jpg

e0219011_1944174.jpg
「飯給駅 」 で6本ほど列車を見届け、「上総大久保駅」 に移動し、ここでも4本ほど待ちました。
e0219011_19451411.jpg
小湊鐵道は、房総半島左上のJR内房線 「五井駅」 から、右下のいすみ鉄道 「上総中野駅 」 に向かって内陸部を39.1kmを走っています。 列車は 「キハ200形気動車」 、ワンマン運転ではなく、女性の車掌さんを見かけました。 
e0219011_19455642.jpg
e0219011_1946152.jpg

e0219011_19524695.jpg

e0219011_1951534.jpg
e0219011_19511368.jpg
帰りには、「海ほたる」 で、夕景を撮ることになっていたのですが、生憎の強風のため、アクアラインが通行止め。 おかげで京葉道路も渋滞で丸の内まで2時間半もかかっちゃいました。 夕日が撮れなかったのは残念だけど、 「鉄ちゃん」 を満喫できたから、それで良いか。。。 あのずーっと列車を待つという忍耐力が私には欠如しているから、再び行くことはないと思うけど、一度は 「鉄ちゃん」 を経験するのも面白い。
by oshaberichi-yan | 2013-04-11 16:13 | 写真教室 | Trackback | Comments(2)

銀座のイタリアン 「Giaggiolo 銀座」

久しぶりに友人と銀座でランチ。 私はいつも行く店が決まってしまうので、友人から新しいお店を紹介されるのはうれしい。 それにニコンの近くなので、カメラのクリーングを待つ間にランチが出来るし、楽しみが
増えました。
イタリア・フィレンツェの薬局 「サンタ・マリア・ノヴェッラ」 の自然治癒や予防医学という思想を、基にしたというリストランテ 「ジャッジーロ銀座」 。 地下1階に階段を降り始めた時からハーブの匂いに包まれます。
e0219011_1853273.jpg


ランチ・メニュー
by oshaberichi-yan | 2013-04-07 12:40 | おそとごはん | Trackback | Comments(0)

花の散る時

昨日の雨と風の春の嵐が嘘のように今日は暖かく、穏やかな日。 買い物がてら、犬を散歩に連れ出しました。 道には風に散らされた桜の花びらや椿の花が、無残な姿で落ちている。 花だってきれいな時だけではないんですよね。 咲いた後の淋しいこと。 昨日まで話題の中心だったのに、もう東京の桜は忘れられてしまうでしょう。 誰も葉ばかりになった桜の木を見るために、お弁当を持って出かけたりはしないと思う。 人間の勝手なこと。 自分の人生も重ねて、色々思うことが多い今日この頃。  
e0219011_1613177.jpg
e0219011_16131163.jpg
散歩の途中、撮影現場に遭遇しました。 外苑西通りの裏道のレストラン前。 「何の撮影ですか?」 「遺留捜査っていうテレビ番組のロケです。」 「あぁ、うえやま (上山) 何とかって人が主人公の番組ですよね。」 「う~ん、かみかわ (上川 ) ですが。。。」 言わなきゃ良かった! 口は禍の元。 ここでまた一つ、思ったこと。
by oshaberichi-yan | 2013-04-04 17:20 | 花ごころ | Trackback | Comments(0)

4月になれば。。。

この間まで 「桜」 、「さくら」 ともてはやされ、我が世の春を謳歌しているように見えた桜も、今日の雨で
すっかりしょげちゃって。。。 傘の上には、桜の花びらが散って、可愛い模様になっていました。
e0219011_1029581.jpg
4月は心新たに、何かを始めたいと思う時。 慣れ切った毎日から、ちょっと一歩踏み出して、何かを始めてみよう! 三日坊主で終わってもいいじゃない。 ひょっとしたら、新しい何かが見つかるかもしれないし。  私達の知っている人も、知っていることも、知っている世界は、本の、本の、本のちょっぴり。 覗いてみたら、違った世界が見えてくるかも。
e0219011_10292733.jpg

e0219011_10301086.jpg

by oshaberichi-yan | 2013-04-02 19:34 | 何気に | Trackback | Comments(0)


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ (海外)
旅ごころ (国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

睡蓮と菖蒲の「明治神宮」
at 2017-06-23 18:29
白金の住宅街 「今井記念館」..
at 2017-06-09 19:55
「第40回 女性だけの写真展」
at 2017-05-24 10:14
ニューカメラの練習(ニコンD..
at 2017-05-21 10:56
箱根の隠れスポット 「深沢銭..
at 2017-05-18 10:23

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
料理・レシピ

画像一覧