<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

桜、満開宣言!

この季節になると、やっぱり日本人、桜を見たくなります。 最近は日本人ばかりではないようですが。 
桜の名所といわれる所は都内にもいくつかありますが、見渡せば、身近な公園や学校でも桜が満開です。 
徒歩圏内を廻ってみました。

             「白金台四丁目児童遊園」 。 ビルの裏手にあるからか、子供たちには
            あまり人気はないようで、いつも静かです。
e0219011_1427433.jpg
e0219011_14273634.jpg
目黒通りを目黒に向かって歩きました。 通りからはよく見えませんが、知る人ぞ知る 「東京大学医科学
研究所」 の桜。 秋は正門前の大銀杏がシンボル。
e0219011_14275179.jpg
e0219011_1428275.jpg
              「白台児童遊園」 は遊具もあって、いつも賑わっています。
e0219011_14295158.jpg
近くで一番大きな 「どんぐり公園」 。 子供たちが野球をしたり、保育園のみんなが散歩に来たり。 時にはフリーマーケットやいろいろなイベントもあるし、この周りは犬の散歩コースとしても人気です。
e0219011_14295942.jpg
             「附属自然教育園」 の前の桜。 
e0219011_1430872.jpg
            「自然教育園」 の隣の 「庭園美術館」 。  4月25日から庭園も一部
            公開されますが、それ以降はまだ未定だそうです。
e0219011_1430166.jpg
 「庭園美術館」 前の目黒通り沿いですが、交通量の激しい所とは思えないくらい緑がいっぱい。
 このまま、まっすぐ歩けば目黒川の桜並木に到達するのですが、混んでいることが予想されるので、
 ここからUターンしました。 
e0219011_14302447.jpg
            日本庭園で有名な 「八芳園」 に寄り道。 桜も見事ですが、5月の新緑、
            秋の紅葉もステキ。 「八芳園」 の名前は 「裏・表なく八方から眺めて美しい」
            という意味もあるとか。
e0219011_14303370.jpg
e0219011_1430402.jpg
            近くの女学校の校門から見た桜。
e0219011_14305039.jpg
e0219011_1431145.jpg
            我が家の 「さくら」 。
e0219011_14311118.jpg

by oshaberichi-yan | 2015-03-30 21:16 | 何気に | Trackback | Comments(0)

ニコン・カレッジ 「本格的な風景撮影」 - 神代植物公園

去年の3月にも同じ先生の 「春風景 構図へのアプローチ」 という中・上級クラスに間違って参加。 三脚を使えなくて苦労しました。 今度は初・中級クラスだったので、ひょっとして三脚は使わなくても良いかもと、淡い期待をしていたのですが、風景写真に三脚は必須なんですって。 三脚、カメラ、その他手荷物は全部で4.3kg にもなるんですから、2時間も歩いていたら疲れるはずです。 3時間の実習時間だったのですが、2時間で一足お先に失礼させて頂きました。
去年は、調布の駅前でランチにお好み焼きを食べて参加したのですが、深大寺の参道には蕎麦屋さんが並んでいて、駅前で食べてしまったことを悔やみました。 だから、今回は実習場所を聞いた時から、ランチは 「深大寺そばを食べよう」 と決めていたのです。 このクラスは実習が午後からなのがうれしい。

深大寺の近くに 「水生植物園」 がありますが、今は花もなく水もなく、意外にさびしい。
e0219011_1063092.jpg
参道の蕎麦屋街。
e0219011_1063777.jpg
名前に釣られて入った 「雀のお宿」 。 蕎麦が得意ではない私には、残念ながら深大寺蕎麦と普通の蕎麦の違いはわかりませんでした。 きな粉餅は美味しかったけど。
e0219011_1064789.jpg
深大寺の中の 「元三大子堂」 。 深大寺には 「動物霊園」 もあって、ペット供養もしてくれるそうです。 
この日はちょうどお彼岸で 「春季動物慰霊彼岸法会」 も開かれ、その会場では、犬や猫の里親探しの会も開かれているとか。 バスで隣り合わせた方から伺いました。 
e0219011_1065524.jpg
ここからが実習用の写真。 何故かこの先生も 「前ボケ」 推奨。 去年のクラスでは、全くそんな気配はありませんでした。 最近、流行っているのかな? この時期は、梅も終わり、椿も散り始め、桜にはまだちょっと早い。 でも、そんな中での被写体探しも、疲れるけど楽しい。
e0219011_107284.jpg
e0219011_1071228.jpg
e0219011_1072163.jpg
e0219011_1073233.jpg
e0219011_1074396.jpg
e0219011_107509.jpg
e0219011_1084986.jpg
e0219011_108562.jpg
難しいのは、どの3枚を提出するかということ。 先生の傾向と対策を考えても、そんなこと分からないから、最後は自分の好みで決めてしまいます。 6枚くらいの候補が残って、迷いに迷って3枚を決めて、現実には 「あぁ、あっちにすれば良かった」 と、後悔するのがいつものこと。 別の写真を提出しても、やっぱりそれはそれで、いろいろ修正個所を指摘されるのでしょうけど。。。 スライドで大写しになと、パソコンでは見えなかった小さなことも、はっきり見えてしまうし。 今回は、大外れの3枚でした。 
by oshaberichi-yan | 2015-03-27 08:03 | 写真教室 | Trackback | Comments(2)

ニコン・カレッジ 「写真の引き出し」 - 新宿御苑

「写真の引き出し」 の2回目の実習は 「新宿御苑」 で、10時半から2時間。 同じ場所に、キャノンのグループも集合していました。 やっぱり、都内で行きやすい所が一番良い。
課題は 「新宿御苑だとすぐわかるような写真ではないこと。 前ボケなどを使って奥行きを出すこと。」 ってことは、新宿のビル群や苑内の建物は入れないで、花をアップで撮るかな? でも、提出する3枚の写真の全てを、あえてビルをメインにしている生徒さんもいましたから、結局勝手なんですけどネ。

           私は提出しませんでしたが、思わず撮ってしまった 「NTTドコモ代々木ビル」 。 
e0219011_1246425.jpg
前や後ろのボケを意識しました。 年からいえばボケは得意の筈なんだけど、それとは関係ないらしい。 
以前、前ボケは目障りだと習ったような気がしますが、最近?若い先生?ニコンの先生?から、よく聞くようになりました。 前ボケは柔らかい雰囲気になるとのこと。 もちろん、うまく使えばってことでしょうけど。
e0219011_12464942.jpg
e0219011_124853.jpg
e0219011_12481353.jpg
e0219011_1249139.jpg
e0219011_12521270.jpg
ボケばかり撮っていると、本当にボケてしまいそうだから、ボケていない写真も。 
e0219011_12532662.jpg
e0219011_12473987.jpg
e0219011_1249454.jpg
e0219011_12492157.jpg
回遊式日本庭園にある 「旧御涼亭」 。 その他イギリス風景式庭園やフランス式整形庭園などがあったようですが、写真を撮っていると、花や池や庭園の名前など気にしている余裕はありません。 
e0219011_1247698.jpg
少しは引き出しも増えると良いのだけど。。。 先生も大変です。 講評する時は、一人3枚の写真で15名くらいだから、4,50枚の写真を一枚づつ、まず、良いところを言って、それから 「あとは。。。」 と付け足して、良くないところを言う。 結局は、その 「あとは。。。」 のところの方が一番言いたいところなんでしょうけど。 あまり嫌な感じを与えると、事務局に言いつけ口をする人もいるとのこと。 私は無実ですよ。 先生も気を使っているのでしょう。 まぁ、最初から悪いところばかり言われたら、凹むのが普通でしょうからネ。 
by oshaberichi-yan | 2015-03-22 21:22 | 写真教室 | Trackback | Comments(0)

春が来た!!

3日前の都内20度越えの日から、犬の散歩を再開しました。 久しぶりの散歩道も木々は芽を吹き、ミモザは黄色い花を満開にし、春の訪れを告げているようです。 でも、私が一番春を感じたのは、最後の写真。 
絶対最後まで見てくださいね。 
e0219011_146209.jpg
e0219011_1462826.jpg
e0219011_146364.jpg
e0219011_1464540.jpg
e0219011_1465438.jpg
冬眠を終え、顔を出した青大将の子供を庭で見つけました。 あまり気持ちの良いものではありませんが、自然は正直ですから、これを見て、春が来たことを実感しました。 親がどこかにいるらしいのですが。。。。
e0219011_14756.jpg
悪趣味ですみません! 赤い舌を出した時に、うまくシャッターが押せませんでした。
by oshaberichi-yan | 2015-03-19 14:27 | 何気に | Trackback | Comments(3)

寅さんのふるさと 「柴又」

何の因果か、わたくし、この度、柴又に行ってまいりやした。 映画 「男はつらいよ」 で有名になった柴又。 映画はあまり観ていないけど、 渥美清さんの 「寅さん」 といくつかの名セリフは頭に浮かびます。 それと、伊藤佐千夫の小説 「野菊の墓」 で有名になった 「矢切の渡し」 。 特に何のイベントもない時期でした。

            「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又。 帝釈天で産湯をつかい、
             姓は車、名は寅次郎、人呼んで、フーテンの寅と発します。」
             駅前の寅さんの銅像。 旅に出る寅さんがさくらの方を振り返った
             シーンをモチーフに作られたそうです。
e0219011_19341269.jpg
駅前から帝釈天までの参道にある食事処 「とらや」 。 「男はつらいよ」 の1作から4作まで、寅さんの実家として撮影されたお店です。 草だんごも人気とか。
e0219011_1934258.jpg
約200メートル続く帝釈天参道の両側にはうなぎ屋、だんご屋、線香屋、土産物屋など、昔のままの面影を残したお店が軒を並べています。 
e0219011_19284321.jpg
e0219011_19283189.jpg
e0219011_19285211.jpg
             参道の突き当りは 「帝釈天 二天門」 。
             帝釈天の正式名称は 「教栄山 題経寺 (きょうえいざん だいきょうじ)」 。 
e0219011_1929022.jpg
二天門を入った境内正面に位置する入母屋造瓦葺の 「帝釈堂」 。 大正から昭和にかけて建造されました。 境内の回廊式の庭園 「遼渓園」 も見どころの一つ。 それはそうと、葛飾区観光課の発行している 「柴又マップ」 に、寅さんが産湯をつかった 「御神水」 と言うのがあるのですが、本当でしょうか? 「それを言っちゃあ、おしめぇよ。」
e0219011_1929936.jpg
彩色を施さない素木造のため一見地味に見えますが、全面に浮き彫りの装飾彫刻が、とっても精巧です。 もっともっと見たい方は 「彫刻ビャラリー」 がお勧め。 内殿を建物ごとガラスの壁で覆い、彫刻は保護されていますが、法華経で説かれている代表的な説話10話を選んで浮き彫りで装飾されています。 
e0219011_19322858.jpg
南大門から出て、柴又公園へ行く途中、近道のつもりで園内を通り抜けようと思って入った 「山本亭」 の庭。 お部屋でぜんざいと抹茶で一休みしたくなり、しばし休憩。 この建物はカメラ部品製造会社の創立者 「山本栄之助翁」 の自宅だったもの。 建物は伝統的な書院造と洋風建築を複合した和様折衷ですが、庭は純和風です。 昭和63年葛飾区が取得し、平成3年から一般公開されています。 近くにある 「寅さん記念館」 や 「山田洋次ミュージアム」 へも行ってみたい方には、セット入館券がお得です。
e0219011_19331479.jpg
少し歩いて、江戸川沿いの 「柴又公園」 へ。 堤防沿いのサイクリングロードは、江戸川区、葛飾区を通り、茨城県まで続きます。
e0219011_19332184.jpg
「矢切の渡し」 は、3月中旬から11月末までの運行。 3月11日だったから、もうちょっとだったのに。。。 調べていかなかったから、仕方がないけど、乗ってみたかった!!
e0219011_19332995.jpg
帰りも参道に戻って、うなぎや川魚料理で有名な 「川千家」 で、うな重と天丼のランチ。  
e0219011_19335196.jpg
          これで、いつものように何の計画もない、いい加減な今日の散策は、お・わ・り
e0219011_19333858.jpg

by oshaberichi-yan | 2015-03-17 19:39 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(3)

アール・デコの美術品 「東京都庭園美術館」

2011年から約3年間に及ぶ大規模な改修工事が終わって、去年の11月、リニューアル・オープンした白金台の 「東京都庭園美術館」 。 旧朝香宮邸を1933年の創設当時の姿に出来るだけ復原し、ホワイト・
キューブのギャラリーを新館として竣工しました。 アール・デコ様式を取り入れた旧朝香宮邸も、終戦後は
吉田茂首相の公邸、白金迎賓館として利用され、1983年から美術館として一般公開されていました。
朝香宮邸はフランス人装飾美術家アンリ・ラパンが主要な部分の内装をデザインし、ジュエリー・デザイナーのルネ・ラリックがガラスレリーフの扉やシャンデリアなどの制作をしました。 そして、その建造物の設計・造営には建築のエキスパート集団、宮内省内匠寮 (くないしょうないたくみりょう) が関わったという日仏融合の貴重な作品でもあるそうです。 でも、ラパンやラリックはデザインを担当しましたが、一度も来日したことがないとのこと、完成を見ていないなんて、残念ですネ。 

東京都指定有形文化財に指定されている旧朝香宮邸の本館正面玄関。 建築の外観だけではなく、内装や家具やカーペットまでを含めてデザインされているのが、アール・デコの魅力だとか。 邸内では、優雅な部分と思いの外簡素な部分に出合いますが、材料・材質は全て良質を極め、部屋の隅々まで目を凝らせば 「匠の技」 に目を奪われるでしょう。 
e0219011_9182596.jpg
まだ、庭園は開園されていませんが、4月25日から、庭園の一部が公開されるそうです。 車椅子でも散策できるようになります。
e0219011_9183777.jpg
          正面玄関のガラスの扉は、ルネ・ラリック作のレリーフ 「翼を広げた女性」 。
e0219011_9185135.jpg
         大広間にあるレオン・アレクサンドル・ブランショの大理石のレリーフ 「戯れる子供たち」 。
e0219011_919465.jpg
大広間と大客室をつなぐ次室にある香水塔。 アンリ・ラパンのデザインによる噴水器は、上部の照明部分に香水を垂らし、香りを漂わせたところから、現在は香水塔と呼ばれています。 
e0219011_9191585.jpg
        大客室の扉は、ガラス工芸家のマックス・アングランによる銀引きフロスト仕上げの
        エッチング・ガラスを嵌め込んだもの。
e0219011_9201914.jpg
来客時の会食用に使用された大食堂。 暖炉の上の壁画はアンリ・ラパンの作で、赤いつる棚と泉が油彩で描かれています。 照明器具やガラス扉には果物がモーチーフとして使われ、ラジエーター・カバーには 魚介がデザインされていますが、食堂らしい雰囲気を配慮したのでしょうか。
e0219011_9204147.jpg
各部屋のラジエーター・カバーは、真鍮やブロンズで制作されたものが多く、デザインもとても凝っています。 魚介のラジエーター・カバーは食堂だけでなく、幾つかの他の部屋にも使われています。 どなたか魚の好きな方がいらしたのでしょうか? 理由はわからないとのことでした。
e0219011_921118.jpg
本館の平面はこの中庭を囲む 「ロ」 字型。
e0219011_9212666.jpg
 1階の客間から2階の家族の居室に通じる第一階段。 3種類の大理石を用い、手すりのデザインは
 アール・デコの特徴のジグザグのラインが強調されています。 
e0219011_921515.jpg
            2階広間の照明柱。 柱も第一階段と同じパターン化された花模様で
            統一されています。 
e0219011_9222592.jpg
正方形の部屋の四隅に飾り棚を設置し、室内を円形に仕上げた書斎。 
e0219011_9234217.jpg
サーモンピンクの大理石製マントルピースと円形の鏡が可愛い姫宮居間。
e0219011_924938.jpg
            若宮寝室と若宮居間の間にある合の間の照明。
e0219011_9232641.jpg
現代的なデザインと最新の技術で新館は改装されました。 併設されたカフェ・テラスとショップ。 庭園を見ながらおいしいケーキとお茶を、ショップでは美術館オリジナル・グッズを。 
e0219011_9264096.jpg
ラジエーター・カバーや照明器具の凝ったデザインに見惚れてしまいました。  基本的には土・日・祭日以外は撮影OKですが、混みようによっては禁止になります。
by oshaberichi-yan | 2015-03-12 16:07 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(0)

勝浦の 「2015かつうらビッグひな祭り」

去年は 「真壁のひな祭り」 に行ったので、今年は千葉県の 「かつうらビッグひな祭り」 に行って来ました。 普通の家庭も商店も工夫を凝らし、町中あげての 「お・も・て・な・し」 。 2月20日から3月3日までなので、最後の日、天気が今一なんて言ってられませんでした。 別に 「毎年行かなきゃ」 って訳でもないですけど。
道路が混むからと、朝7時過ぎに出発したので、いつものように道を間違えても9時過ぎには到着。 早かったからか、平日からか、天気のせいか、ゆっくりと街中を散策および撮影が出来ました。 

この 「遠見岬神社 (とみさきじんじゃ) 」 のひな壇がお目当ての一つ。 
60段の石段に1,200体の人形が飾られているんですって。 とても
数えられないけど。 夕暮れからはライトアップされるようですよ。 
e0219011_13301571.jpg

外房線 「勝浦駅」 の近く 「墨名交差点」 から 「遠見岬神社」 と 「覚翁寺 」 近辺が会場の中心。 ポストの上や酒屋さんの店先、普通のおうちの2階に上がる外階段などに、アイデイア一杯のひな飾り。 歩いているのも楽しい!
e0219011_13302983.jpge0219011_1331646.jpge0219011_1331281.jpge0219011_13313938.jpge0219011_1332745.jpge0219011_1333024.jpge0219011_13331872.jpg

「覚翁寺 (かくおうじ) 」 の山門前には、10段飾りの特設ひな壇には600体とHPには出ていたけど、そんなにあったのかなぁ? 「雨が降ったらどうするんですか?」 って、ボランティアのお兄さんに聞いたら、皆で片付けるんですって。 ブルーシートでも掛けるのかと思ったんだけど。 大変だ!
e0219011_13373439.jpg
お昼ご飯には早すぎるので、来る時、目に入った 「小湊漁港」 近くの 「誕生寺」 に行くことに。
e0219011_13344555.jpg
車の中から見た真っ白な石灯篭が気になったんだけど、あまりのきれいさと言うか、真新しさが空々しい気がしました。 日蓮聖人が小湊の出身で、ここが 「日蓮宗の大本山」 なんですって。 正面は 「仁王門」 。 
e0219011_13345398.jpg
            日蓮聖人の 「誕生堂」 。 その他、幼い頃の 「日蓮聖人御幼像」 や
            「祖師堂」 など、さすが日蓮聖人に関わる施設がいっぱいです。
e0219011_13361671.jpg
「鐘楼」 。 建物には、細かい細工があり、歴史を感じさせるのに、石灯篭は最近の物なのでしょうか? 
e0219011_133628100.jpg
            「祖師堂」 の中には日蓮像が安置され、天井には天女が描かれている
            そうですが、私は細かい彫刻に目を奪われ、中には入りませんでした。 
            と言うか、靴を脱ぐのが面倒だったからかな。。。
e0219011_13363621.jpg
e0219011_15382766.jpg
ちょうど12時を回ったので、漁港近くの 「浜よし」 で、お昼ご飯に。 やっぱり海に来れば、海鮮丼と鯛の煮魚定食が一番。 そう言えば 「誕生堂」 の境内で鯛のお守りが売られていました。 日蓮が母を蘇生させた伝説から、願満の祖師のお使いとして鯛がお守りになったとか。 縁起物だから鯛を食べない方もいるようですが、勿体ない。 私は美味しく頂きました。
by oshaberichi-yan | 2015-03-04 18:11 | 気軽にぶらり | Trackback | Comments(2)

ニコン・カレッジ 「写真の引き出し」 - 夢の島公園

ニコン・カレッジ 「写真の引き出し」 の最初の実習は新木場の 「夢の島公園」 でした 。 現地集合も11時で都内なら更にうれしい。 夢の島公園は、ゴミの埋め立て処理場の跡地に整備され、熱帯植物園や各種
スポーツ施設、バーベキュー広場などを含む面積43ヘクタールの総合公園です。
e0219011_1121718.jpg
            園内の花盛りにはちょっと早いけど、蜂は食欲旺盛のよう。
e0219011_11182418.jpg
熱帯植物園は、A,B,Cの3つのドーム型の温室を中心に映像ホールやイベントホールなどから構成され、温室の熱源は隣接する新江東清掃工場の余熱を利用しているそうです。 
外でカメラに付けていたレンズは温室の中に入った途端、気温差でレンズが曇ってしまいます。 その時は、拭いたりしないで10分~15分待っていると、自然に曇りがとれてくるそうです。 かえって拭いたりすると、ゴミが付いたり、傷が付いたりする時もあるとか。 その曇った写真も面白いかもと待っていたのですが、
私のレンズは全く曇る気配がない。 結局最後まで曇らなかったのですが、先生に色々状況を説明して謎が解けました。 私は外で使っていたレンズを温室に入る前に取り換えていたのです。 その温室で使ったマクロレンズは、それまでバッグの中にクッション付きの袋に入れていたので、温室の中と温度差がなかったのでは ? ということ。 なるほど! 偶然とは言え、私も 「出来る!! 」 ことがある。
e0219011_11184154.jpg
            今回、私は熱帯植物園の中の植物をマクロレンズで撮ることに集中。 
            めったに使わないから、良い機会になりました。 温室の中は風がなくて撮りやすいし。
            「A ドーム」 は水性シダと水辺の景観。
e0219011_11191494.jpg
e0219011_11192169.jpg
            「B ドーム」 はヤシと人里の景観、「C ドーム」 は小笠原の植物と
            オウギバショウがテーマだそうです。 でも、ここから先は撮影に夢中で、
            どちらの ドームだったか、覚えていません。 それに、植物の名前の
            確認も忘れてしまいました。
e0219011_1119299.jpg
e0219011_11193736.jpg
e0219011_11201759.jpg
e0219011_11202452.jpg
e0219011_11203196.jpg
e0219011_11204368.jpg
「食虫植物の温室」 にいた動物。
e0219011_11205572.jpg
1月の講座から教室が品川に移ったのをすっかり忘れて、初回は田町に行ってしまいました。 エレベーターに乗って 「何階だだっけ?」 と思って、案内掲示を見たけど出ていない。 「あれ?エレベーターを間違えた?」 と思った時、移転していたことを思い出しました。 田町と品川だから山手線で1区だけだけど、ちょっと遅刻。 我が家からはどちらも差ほど違いはないけど、駅から歩く距離が品川校の方がちょっと長いかな。 
ニコンの本社も同じビルに移転しており、この近辺にキャノン、ソニーと3社が揃ったようです。 
by oshaberichi-yan | 2015-03-01 13:15 | 写真教室 | Trackback | Comments(3)


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ (海外)
旅ごころ (国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

ニューカメラの練習
at 2017-05-21 10:56
箱根の隠れスポット 「深沢銭..
at 2017-05-18 10:23
ネモフィラの丘(国営ひたち海..
at 2017-04-29 12:39
山梨の「桃源郷」
at 2017-04-15 18:18
白金台のフレンチレストラン「..
at 2017-04-09 19:38

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
料理・レシピ

画像一覧