人気ブログランキング |

蝉の殻

庭で蝉の殻を見つけました。何だか淋しくて写真を撮ってしまいました。生身の方はどんな人生(蝉生?)を送っているのでしょうか。蝉は殻から出て1週間しか生きないと言われていますが、それは人間によって捕らわれの身になって、1週間くらいしか生きないということで、自然の中では1カ月から1カ月半くらいの人生だそうです。そんな短い間に何を体験するのでしょう?今も庭からは巣立った蝉でしょうか、ミーンミーンって声が聞こえます。
e0219011_10162013.jpg
e0219011_10161296.jpg
e0219011_10162930.jpg






# by oshaberichi-yan | 2019-08-10 10:36 | 何気に

梅雨の晴れ間の撮影旅 ー 山中湖

富士吉田の「鐘山(かねやま)の滝」にちょっと寄り道。幹線からすぐなので、便利は便利なのですが、わかりにくかったです。
山中湖や忍野八海からの流れをもととする桂川の滝だそうです。滝つぼが深く、夏でも涼しい隠れたスポット。
e0219011_09273913.jpg
e0219011_09272864.jpg
流れに沿って歩いていくと、涼し気な道が続きます。
e0219011_09271109.jpg
もう一つ、「天井山」へロープウェイで上って、アジサイを撮りに行こうと思ったのですが、定期点検か何かでロープウエイがお休み。アジサイの群生地は山の中ほどとのこと。とにかく歩きたくない我々は、ここはカットということで意見の一致。

「山中湖」の期待の星「花の都公園」に。今の時期はポピーが一面に咲いていました。季節によって、ひまわりや百日草に変わるようです。
e0219011_09210457.jpg
e0219011_09205297.jpg
e0219011_09204384.jpg
もう一つの期待していた「石割神社」。403段の階段を上って、大岩の隙間を3回通れば幸運が開けるとのこと。ネットで見て、是非写真を撮りたい、岩の隙間を3回廻って、幸運をつかみ取りたい!! そう思っていたのですが、我々は、多分無理だろうと半分は諦めていました。
e0219011_09203246.jpg
e0219011_09201771.jpg
ここから石段が始まる。。。
e0219011_09200294.jpg
やっぱり無理だと確信しました。これで、幸運ともお別れです。。。。
e0219011_09193726.jpg
e0219011_09190522.jpg
今回は犬連れだったので、山中湖近くのドッグホテルに宿泊しました。ホテルの屋上から早朝に見えた富士山。
e0219011_09222486.jpg
e0219011_09220631.jpg
犬連れは大変。慣れたものの方が犬も安心できるだろうと、ベッド、毛布、トイレ、食料などを持参。私の持ち物より多い。ドッグランでは何もできず、本人も戸惑っていました。
でも、幸いだったのが、我々がチェックアウトをしたら、改装で数日お休みになるとかで、宿泊客は我々以外いなかったこと。お陰でさくら(愛犬)の啼き声も気にすることなく、
びくびくしないで過ごせました。
e0219011_09224922.jpg
e0219011_09223671.jpg
ただ申し訳なかったのが、我々二人のためだけに、シェフとサービス方人がいてくださったこと。パクパク美味しそうに食べられれば良いのだけど、小食とダイエット中の二人では、シェフも張り合いがないだろうと思いました。すみません。。。

# by oshaberichi-yan | 2019-07-06 17:10 | 旅ごころ(旅行 - 国内)

梅雨の晴れ間の撮影旅 ー 河口湖

一泊で、犬連れで気軽に行ける所として思い立った富士五湖。5つを廻るのは無理だから
河口湖と山中湖に絞りました。
まず、河口湖では、絶対訪ねてみたかったという助手の意見を優先し「久保田一竹美術館」に。染色家久保田一竹の「一竹辻が花作品」が展示され、富士山の麓という立地を生かして、自然の中を歩く散策路は、気分爽快!
e0219011_09310063.jpg
琉球石灰岩でできているという新館には、ショップやカフェが併設されています。ワイン好きの友達へのお土産に辻が花染めのボトルカバーを買いました。でも、その友達には「ワインの方が良かった」と言われましたが。。。(館内は撮影禁止)
e0219011_09305018.jpg
e0219011_09303647.jpg
e0219011_09303007.jpg
久保田一竹の構想で造られたという庭園。滝の流れに沿って、木立の中を歩きます。
e0219011_09302346.jpg
e0219011_09301652.jpg
曇り空だから、「木々の間の木漏れ日が。。。」とはいきませんが、気分は爽やか。
e0219011_09300597.jpg
e0219011_09295673.jpg
河口湖畔北側の「大石公園」。ハーブフェスティバル開催中でしたが、ラベンダーの開花にはまだ早かったようで、色もちょっと淋し気。
e0219011_09293751.jpg
このススキを通して見える湖の風景が私は好き。
e0219011_09292997.jpg
e0219011_09291757.jpg
お昼は、和風が良いと湖畔で「ほうとう」を食べたのですが、うどんと同じ?
e0219011_09290028.jpg
e0219011_09285270.jpg
河口湖大橋を渡って南側に。ハーブフェスティバルのもう一つの会場「八木崎公園」にも行ってみました。
e0219011_09284359.jpg
こちらの方がラベンダーの色がラベンダーらしい。
e0219011_09283440.jpg
e0219011_09371509.jpg
e0219011_09282233.jpg
こういう光景には、憧れちゃうなぁ~。
e0219011_09280762.jpg

























# by oshaberichi-yan | 2019-07-05 16:13 | 旅ごころ(旅行 - 国内)

大船の「黙仙寺」と「大船観音寺」

日比谷花壇フラワーセンターの後、大船駅近くの「黙仙寺」と「観音寺」に周りました。

「黙仙寺」には、可愛いお地蔵さまがあるとのこと。ただ、かなり石段を登らなくてはならないらしい。多分無理と思いながら、地図を観ながら大船駅の近くで探したのですが、あまり知られていないのか、お店の人も知らない様子。3軒目で尋ねたお店の人が、駐車場はないから、車をここに止めて、右に石段を上るようにと教えてくれました。確かに見上げると石段が続いている。
e0219011_16042236.jpg
とりあえず、最初のお地蔵様のある所まで昇りました。その後は。。。情けなくも、ここから撤退しました。駐車場を使わせて下さったお店の人に感謝!!
e0219011_16041486.jpg
今度は「観音寺」へ。見かけたところ、あまり急な石段もなさそうなので、ホッとしながら進みました。
e0219011_16040706.jpg
「大船観音寺」は、観音思想を普及のため、昭和4年に着工されましたが、財政的な理由から昭和9年、工事は中断されます。その後、財団法人「大船観音協会」が発足し、東急グループが中心になって昭和35年、落慶式が行われたそうです。
山門を入って、まだ観音様の姿は見えません。やっぱり、少し石段を登らなければならないよう。
e0219011_16035754.jpg
e0219011_16034951.jpg
e0219011_16034281.jpg
e0219011_16033429.jpg
       山の上に、観音様が見えてきました。別名を「白衣観音」と
       言われているようで、姿を見て納得。高さは25m、幅19m、
       奥行13mだそうです。
e0219011_16032526.jpg
    とても優しいお顔です。一生に一度でいいから、こんな顔で、世の中を見てみたい。
e0219011_16031443.jpg


# by oshaberichi-yan | 2019-05-28 06:54 | 気軽にぶらり

日比谷花壇 大船フラワーセンター

2018年4月1日から「神奈川県立大船フラワーセンター」が「日比谷花壇大船フラワーセンター」として、リニューアルオープンしました。昭和37年に観賞植物の生産振興と花弁園芸の普及のため開設され、改良・育成されたシャクヤク、バラ、ハナショウブなど、今では1年を通じて3000品種の植物が栽培・展示されているそうです。5月中旬はバラ、シャクナゲ,サツキ、ルピナスが見ごろと聞いて、行ってきました。
e0219011_10310207.jpg
日陰棚のある休憩所横のスイレンの池。
e0219011_10305566.jpg
バラ園には、370品種、1200株が植栽されているとのこと。見ごろは5月中旬~7月上旬と10月中旬~11月中旬だそうです。
e0219011_10304899.jpg
e0219011_10304247.jpg
e0219011_10302731.jpg
シャクヤクは、以前、この地にあった農業試験場で、輸出を目的として品種改良された210品種、2500株と全国有数の規模を誇っているそうです。
e0219011_10302158.jpg
e0219011_10301368.jpg
e0219011_10300644.jpg
e0219011_10295988.jpg
     かなり真剣なカメラマンさん。被写体に傘をさしかけ、光の調整かな?
e0219011_10295029.jpg
日陰では、絵描きさんのグループ。
e0219011_10294356.jpg
坊やがシャボン玉を飛ばしているの、わかりますか?
e0219011_10293753.jpg
藤の花を逆さにしたような花穂が特徴の「ルピナス」。別名は、立ち上がって咲いていくような「昇り藤(ノボリフジ)」というそうです。
e0219011_10292895.jpg
ポピーとネモフィラが自由に入り乱れて咲いていました。
e0219011_10291331.jpg
e0219011_10285548.jpg














# by oshaberichi-yan | 2019-05-23 11:42 | 気軽にぶらり


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ(旅行 - 海外)
旅ごころ(旅行 - 国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん(レストラン)
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

蝉の殻
at 2019-08-10 10:36
梅雨の晴れ間の撮影旅 ー 山中湖
at 2019-07-06 17:10
梅雨の晴れ間の撮影旅 ー 河口湖
at 2019-07-05 16:13
大船の「黙仙寺」と「大船観音寺」
at 2019-05-28 06:54
日比谷花壇 大船フラワーセンター
at 2019-05-23 11:42

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

レストラン・飲食店
旅行・お出かけ

画像一覧