熱帯夜から解放された 「上高地」 - 河童橋 ~ 明神池

朝8時半、参加者3人とガイドさんと添乗員さんの5人で、ホテルを出発しました。 心配した昨日の疲れもなく快調。 天気も良く、絶好の散策日和です。 さわやかな空気を吸いながら、足取りも軽くスタート! 
梓川の左岸を明神池まで歩き、右岸を戻ってくるという、6時間半の行程。 大丈夫かな? 穂高橋を渡り、右岸コースを河童橋に向かいます。 
上高地を起点に穂高岳や槍ヶ岳を登り、日本アルプスの素晴らしさを世界に紹介し 「日本近代登山の父」 といわれたイギリス人宣教師のウェストン碑に感謝しながら、河童橋まで。 
e0219011_8271829.jpg
e0219011_827367.jpg
e0219011_1418269.jpg
なだらかな道が続きます。 途中、ビニール袋を持ってゴミ拾い活動をしている方たちとすれ違いました。 上高地の美観を守るために、日々いろんな活動をされているようです。 
e0219011_8275519.jpg
e0219011_14183531.jpg
林道を歩いていると、珍しい草花や鳥を見かけます。 ガイドさんが、ちゃんと説明してくださるのですが
「右から左」 すぐ名前も忘れてしまいます。 この草木1本も持ち出し禁止なんですって。
e0219011_8285319.jpg
河童橋を渡って、次は、約3.5キロほど上流の明神池を目指して左岸を歩きました。 小梨平キャンプ場でキャンプをしている人も見かけましたが、日中は快適でも、夜は寒くないのかしら? ガイドさんから樹齢の計算法を教えてもらいました。 地上130cm位の幹の周りを測り、cmに換算し、0.7を掛けるんですって。 例えば、幹回り2mなら、200 X 0.7で140年てこと。 樹によって成長の速さは違いますが 「およそ」 がわかります。
e0219011_1418455.jpg
e0219011_14185224.jpg
左岸コースは、道の高低差は多少ありますが、山登りというイメージはなく、至って歩きやすい。 「途中で歩けなくなったら、タクシー呼んでもらえますか?」 と聞いて笑われましたが、自分でもこんなに軽く歩けるなんて思ってもいませんでした。 
e0219011_14191421.jpg
e0219011_14192457.jpg
2003年に架け替えられた明神橋。 もっと古いと思っていたので、ちょっとイメージが違いました。
e0219011_14193654.jpg
穂高神社奥宮では、毎年10月に明神池に平安朝の船を浮かべて、お船神事を行うそうです。
e0219011_14194436.jpg
明神一之池。 この感じが私の上高地のイメージでした。
e0219011_14201862.jpg
明神二之池。
e0219011_14202518.jpg
ウェストン氏を山に案内した猟師が上条嘉門次さん。 彼のひ孫に当たる4代目が当主の嘉門次小屋。 
ここで、ランチです。 岩魚の骨酒も風味が自慢とか。 でも、まだ道中が長いので、それはちょっと。。。 
e0219011_14203759.jpg
囲炉裏で焼いた香ばしい岩魚の塩焼き定食。 頭からしっぽまで全部食べて、おいしかった~ 
ふっと気が付けば、空がだんだん暗くなってきて、ちょっと嫌な予感が。。。 
e0219011_14204585.jpg
          やっぱり降り始めました。 あまりに天気が良かったので、私と友人は、雨具を
          ホテルに置いてきてしまいました。 これが 「山の天気は変わりやすい」 という
          ことなんですね。 ガイドさんにカッパとビニールシートを借りて、ちょっと惨め。 
          ビニールシートを被って歩くなんて。。。 まぁ、知っている人に会うはずもなく、
          構わないけど。
e0219011_14212342.jpg
          右岸は、高低差はありませんが、木道が多く、雨で濡れたりすると滑りやすいので、
          要注意。 植生へのダメージを極力防ぐため、木道が多いのだそうです。
e0219011_14213512.jpg
林道と木道を歩き、岳沢湿原を抜け、河童橋まで戻った頃、雨が止みました。 お土産屋さんで、ちょっと
買い物をして、もう少し梓川に沿って左岸を歩きます。 右岸も左岸も所々に説明板があって 「上高地の
おいたち」 や 「大正池の解説」 のほか、草木についても、丁寧な解説があります。 これを全部覚えれば、上高地のガイドさんになれるかな?
e0219011_8311792.jpg
e0219011_19585013.jpg
e0219011_142145100.jpg
ホテルに帰る途中の小道で数匹のサルに出会いました。 他の林道でも見かけましたが人懐っこいんです。 友人は 「私の側に来て、ハイタッチをしようとした。」 と言っていました (?)  でも、エサやり禁止です。
e0219011_94581.jpg
ホテルに着いたのが3時ごろ。 途中、ランチをとったり、小休止はしましたが、6時間半もの行程でした。 脹脛や腿が、少し痛いけど、想像していたより全然楽。 環境によって、疲れが違うってことでしょうか? 
自信が付いたというより、とっても不思議な感じです。 気持ち良かったし、行って良かった!! 
by oshaberichi-yan | 2015-07-28 10:21 | 旅ごころ(旅行 - 国内)


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ(旅行 - 海外)
旅ごころ(旅行 - 国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん(レストラン)
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

夏の終りの箱根芦ノ湖
at 2018-09-07 18:30
蒸し暑い夏
at 2018-07-29 17:01
自分のそう遠くない未来
at 2018-07-02 14:23
掃除機大好き、看板ネコの「き..
at 2018-06-06 09:55
高輪の絶対隠れ家「アトリエ・..
at 2018-05-27 08:39

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

レストラン・飲食店
旅行・お出かけ

画像一覧