カテゴリ:気軽にぶらり( 98 )

夏の終りの箱根芦ノ湖

久し振りに愛犬「さくら」を連れて、箱根「芦ノ湖」に行って来ました。良く晴れていて「富士山も見えるかも」なんてワクワクしながら出かけたのに、ターンバイクを上がるに
つれて曇ってきて、芦ノ湖付近はすっかり曇り空。でも、気温は22度と快適、快適。
e0219011_10150872.jpg
芦ノ湖の遊覧船。
e0219011_10145707.jpg
芦ノ湖に浮かんだ「箱根神社」の鳥居。
e0219011_10144814.jpg
芦ノ湖に突き出した半島のような「塔ケ島」の「恩賜箱根公園」。展望館、二百階段、時期ではないけどヒメシャラ林など、散策するにはとても良い所だと思います。でも、我々は。。。
e0219011_10144219.jpg
もうアジサイも終わりかな。
e0219011_10143570.jpg
公園の中の「弁天の鼻遠望台」。晴れていたら、きれいな山景色なんでしょうけど。。。
e0219011_10142827.jpg
ランチに寄った「芦ノ湖テラス」の中の「ラ・テラッツア芦ノ湖」。以前は「アクアパッツア」でした。1時半を過ぎていたのに、待っている人たちが20組はいたみたい。他に思い当たるお店もないので、来てみたんだけど、混んでいるのでびっくり。
e0219011_10141936.jpg
理由が分かりました。2つあるテラスの1つが、翌日の6時からの「ミュージック・フェア」の
録画だとかで、入れない。「EXILE」の次の次の次のグループだとか。おじさんに気づかれて
ダメって言われたけど、もう撮った後でした。そんなに待つ気になれないので、向かいのお蕎麦屋さんで冷やしうどんのランチにしました。
e0219011_10141223.jpg
やっぱり、上から見たのでは何処もスッキリしない。
e0219011_10140571.jpg
旧東海道の「甘酒茶屋」の前を通って帰路に着きました。お店の前に同じ名前のバス停もあるのです。私の今お気に入りの甘酒は「八海山」。
e0219011_10134214.jpg
e0219011_10135633.jpg
e0219011_10133189.jpg
雷も鳴って、何だか空模様も怪しくなってきましたが、前方に素敵な入道雲。何とか雨の降る前に家に着きました。
e0219011_10131902.jpg












by oshaberichi-yan | 2018-09-07 18:30 | 気軽にぶらり

隅田川 Tokyo Cruise で橋めぐり

思いっきりの快晴、日の出桟橋から浅草まで隅田川を船で往復し、橋の写真を撮ることにしました。橋の数は14かな?そのうち幾つ撮れたでしょう。
我々が乗船した「竜馬」は、13時発。片道40分くらい。赤と青の船体に白の窓枠が可愛いいのですが、屋上デッキはないし、前の部分は操舵室、両脇は座席で、窓は波しぶきか雨の痕が一杯。写真が撮れるのは船の後方部分だけなので、写真を撮りたい人は、そこに集っています。船が橋をくぐってからカメラを向けて、どんどん遠ざかる橋を撮るのですが、橋をくぐった後、行は逆光になり、橋の色がはっきりしない。帰りを期待して。。。
e0219011_16560444.jpg
浅草からお台場海浜公園を結ぶ「ホタルナ」。屋上デッキが付いている船もありました。
e0219011_16562618.jpg
和風クルーズを楽しめる御座船「安宅丸」。
e0219011_16561848.jpg
「海舟」。屋上デッキが広く、サイドデッキもあって、眺めは良さそう。定期運航のスケジュールには入っていませんでした。   
e0219011_16561182.jpg
日の出桟橋を出て、最初の橋「築地大橋」。
e0219011_16555704.jpg
「築地市場」。どうなるのでしょうか?
e0219011_16554805.jpg
中央が開閉式の「勝鬨橋」。完成当時は跳開橋として東洋一の規模を誇っていましたが、隅田川を航行する船の減少、交通量の増加などによって、昭和45年11月29日の開閉を最後に、現在では開かずの橋となっているそうです。
e0219011_16554043.jpg
「佃公園 石川島灯台」江戸時代に使用されていた灯台を復元したモニュメント。
e0219011_16553017.jpg
バブル期に建設された豪華な「中央大橋」。
e0219011_16551726.jpg
ブルーがポイントの「永代橋」。東京メトロ東西線が走っています。
e0219011_16545263.jpg
関東大震災の復興事業として、永代橋と共に計画された「清洲橋」。
e0219011_16544144.jpg
歌川広重の絵に出てくる橋の面影は、全くないような「新大橋」。最初に架橋されたのが元禄、
それから20回も改修されたそうです。 
e0219011_16543269.jpg
JR総武線「隅田川橋梁」。
e0219011_16542177.jpg
橋全体が稲の籾殻をイメージして黄色に塗装されている「蔵前橋」。
e0219011_16541427.jpg
三連の緑のアーチが目に付く「厩橋」。見えませんでしたが橋全体にウマを連想させるレリーフなどが施されているそうです。    
e0219011_16540795.jpg
久し振りにみた「スカイツリー」。まだ上ったことはないのだけど。
e0219011_16535128.jpg
曲がりくねった高速道路。その下もくぐります。
e0219011_16533747.jpg
左側の赤い橋が「吾妻橋」。「アサヒビール スーパードライホール」の上にある金色のオブジェが、隅田川ではスカイツリーの次くらいに有名。少し前の修理中の時は、壁で覆ってあって少し寂しかったけど。。。ビ-ルの泡が流れているのかと思ったら、炎をイメージしているんですって。  
e0219011_16532866.jpg
ここで船は向きを変え、日の出桟橋に向かって帰るのですが、この数分間の間に、ビルの壁に映った黄金のスカイツリーを観られたら、幸せになれるって、船内アナウンスで言ってました。歩いていればずーっと見られるから、もっと幸せになれる?
e0219011_16531818.jpg
永代橋、清洲橋、新大橋は季節によってライトアップをしているようですが、2020年東京五輪・パラリンピックに向け新たな観光名所にしようと、都は隅田川に架かる橋のライトアップを大幅にリニューアルし、大会前には12本を整備して、水辺の賑わい作りの目玉の一つにしたい考えだそうです。    
橋は10本撮れましたが、佃大橋、隅田川大橋、両国橋はブリッジもなく、あまり特徴がないので撮りませんでした。駒形橋は、似た橋の写真はあるのですが、はっきりわからなかったので、これもアップできません。


















by oshaberichi-yan | 2018-05-25 09:08 | 気軽にぶらり

館山城のつつじと大山千枚田

久し振りに助手が写真を撮りに「たてやま」に行くと言う。私は「立山」と思い、心躍らせながら、でも「行けるの?」と言うと、「大丈夫だよ、1時間で行けるよ」。1時間で行ける「たてやま」? なぁんだ「館山」か。。。 そりゃあそうだよね、「立山」は前日に思いついて行けるような所ではないもの。今、ツツジが見頃だという。まぁいいか。。。

9時に家を出て、アクアラインを渡り、富津館山道路の道の駅「富楽里とみやま」で野菜と果物を買うため一休み。周りの黄緑と濃い緑の樹々の色合いが、とてもきれいでした。高速道路に近いので、どうしてもガードレールは入ってしまう。残念!
e0219011_07575257.jpg
     ツツジは「城山公園」が見頃だという。でも、駐車場に着いた途端
     「遅かったか~」だって。山頂にある「館山城」まで、緑に囲まれた
     なだらかな道ですが、15分(?)位歩いたでしょうか。疲れる位歩きました。 
e0219011_07574323.jpg
坂道から見える集落。「うさぎおいし かの山・・・」なんて歌が浮かんできました。でも、歌う元気はありませんでした。
e0219011_07573357.jpg
頂上から観た「館山湾」。
e0219011_07572107.jpg
山頂の「館山城」。もうすぐ5月なんですね。すっかり忘れていました。
e0219011_07570399.jpg
e0219011_07570952.jpg
帰りは、近道を選択。終りかけているツツジを、枯れた花を入れずに撮る。苦肉の策(1)が、遠くから。
e0219011_07564824.jpg
        ツツジの樹は、もっとたくさんあるんですが、どうしても
        枯れた花が入ってしまう。
e0219011_07564081.jpg
苦肉の策(2)が、きれいな所だけをアップで。
e0219011_07563125.jpg
  途中の「孔雀園」。啼き声は、とても孔雀の優雅さはないけど、羽根を広げた時は、
  き・れ・い!
e0219011_07561665.jpg
ランチは助手がお気に入りの立山駅前にあるお寿司屋さんに行ったのですが、生憎その日は週1回の定休日。で、2階のイタリアンでパスタとピザを食べて、「食」については、残念ながら館山を味わえませんでした。
 
もう1ケ所「日本の棚田百選」にも選ばれている「大山千枚田」に行きました。2年前の秋にライトアップを撮りましたが、春は水をはった375枚の棚田に苗が植えられ、あぜ道の緑が縁取りのようで、秋とは全然雰囲気が違います。
e0219011_07555887.jpg
e0219011_07553819.jpg
e0219011_07553010.jpg
e0219011_07551793.jpg
今朝の朝日新聞に「朝のきらめき」として、この棚田の写真が載っていました。3月から水が張られ、苗が育つまでの間、朝日が昇ると、田んぼの水面が鏡のように輝くのだそうです。私達が行った日の朝は、日の出前から30人ほどがカメラを構えていたとか。早朝がシャッターチャンスだとは知りませんでした。でも、私には、そんな早い時間は元々無理ですが。














by oshaberichi-yan | 2018-04-29 10:36 | 気軽にぶらり

逗子海岸と富士山

明けましておめでとうございます。今年もよろしく!

毎年、1年間に撮った写真の中から翌年のカレンダーを作っていますが、去年はあまり写真を撮らなかったから、納得いく写真を選べませんでした。月々の季節感に合わせて、風景、花、動物、建物とか、そのバランスなどにも、一応配慮しているのですが、なかなか難しいです。その反省から、来年のカレンダーのことも考えて、写真班は初出動しました。
e0219011_19252470.jpg
早速1月用に富士山を撮りに逗子海岸に行きました。片道1時間ちょっとで行けるのに、朝食も食べずに、8時に家を出て。何故なの。。。?と思っていたら、助手は助手なりに、考えていたのです。冬の朝で早い時間の方が、空気が澄んでいて、きれいに撮れるのです。
e0219011_19251725.jpg
写真より、もっときれいに本当にすっきり見えていました。手前は「江ノ島」です。
e0219011_19251158.jpg
逗子海岸近くの「なぎさ橋珈琲 逗子店」で朝食。お店のテラスは、犬の同伴OKだし、富士山がきれいに見えます。朝7時~24時まで、オープンしているのですって。朝はわかるけど、夜のそんなに遅くまで、サーファーが来るのかな?
e0219011_19250422.jpg
e0219011_19245745.jpg
e0219011_19245172.jpg
        帰りに、大仏様はどうかと、鎌倉まで廻ってみました。
        これはカレンダーには不向きかも。
e0219011_19244598.jpg
e0219011_19243844.jpg
e0219011_19243053.jpg
この時、カメラの電源を入れると「ジージー」って音がする。半押しすると「ジッジッジッジ」と、今にも壊れそうな音。でも写真は撮らないといけないし。写真は撮れていたけど、他のレンズに変えると正常に動く。このレンズが問題だ。早速、昨日ニコンに修理に持って行ったのですが、点検と修理と部品などを取り変えたら、7,8万円かかるとのこと。思わず「高い!」と大声を出してしまいました。じゃ、新しいのを買った方が良いかもと思ったら、定価11万円ですって。その足でビッグカメラに行ったら。同じものが、税込み 45,100 円でした。あまりの安さに、偽物じゃないかと何度も製品番号を確認しちゃいました。量販店が、こんなに安いとは思いませんでした。それとも、メーカーの付けている定価って、何なの?







by oshaberichi-yan | 2018-01-07 11:21 | 気軽にぶらり

竹芝ふ頭のプロムナードをぶらり

秋の気配が感じられた一日、ランチを兼ねて竹芝をぶらり。「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」の近くにあるレストランの駐車場に車を入れ、まだランチには早かったので、近くの桟橋に行ってみました。
「新東京丸のりば」から大人の男の人が大勢下りてきます。珍しいツアーだなと思って後で調べたら、東京都が運航している視察船でした。東京湾の重要な役割を案内するために、東京湾に関心のある15歳以上の人を対象に運航しています。竹芝からレインボーブリッジ、大井ふ頭、青海ふ頭、廃棄物処理場などを廻って、竹芝に戻ってくる1時間半のコースで、無料だそうですが、予約が必要です。こんな東京湾クルーズがあるの知っていました?東京湾の役割を知るために、是非乗ってみたいナ。
e0219011_18141757.jpg
クルーズはともかく、お昼の時間になったので、眺めが良くて。。。というレストラン「T'SUKI sur La mer ツキ シュール・ラ・メール」へ。レストランは2階で窓は総ガラス張り。レインボーブリッジや東京湾を行く船を眺めながらの優雅なランチです。結婚式場も兼ねているので、玄関に向かう階段に赤い絨毯が敷いてあるのが、ちょっと。。。
e0219011_18140078.jpg
<スープ> 7種類の野菜のクリームスープ
e0219011_18135279.jpg
<メイン> サーモンムースの フリット アンチョビのクリームソース
e0219011_18134569.jpg
<メイン> ステーキとフレンチフライ
e0219011_18133724.jpg
<デザート> 栗のエクレアとシャーベット
e0219011_18133021.jpg
帰り際に、お店のパンフレットを貰ったら、間違えて中国語のものを貰っちゃいました。まさか日本語以外のパンフがあるなんて思わなかったし、ましてそれが中国語だなんて。。。それだけ中国からの観光客が多いってことでしょうネ。こんな所にまでと言うと失礼ですが、素直にびっくり!
食事を終えて「竹芝ふ頭公園」に向かってプロムナードを歩いてみました。
e0219011_18132321.jpg
晴れているのに、ガスっているのでしょうか? 何かみんな灰色に見えます。 
e0219011_18131618.jpg
お台場の観覧車も見えますが。。。
e0219011_18130820.jpg
始めてみた和船です。
e0219011_18124921.jpg
「御座船 安宅丸」だそうです。ランチコース、ディナーコース、トワイライトコースとか、色々。演劇付きのコースもあるとか。ちょっと乗ってみたい気がします。
e0219011_18122658.jpg
e0219011_18121484.jpg
e0219011_18120335.jpg
水辺を歩いて、雲を見て、秋も近いことを感じました。







by oshaberichi-yan | 2017-09-18 08:35 | 気軽にぶらり

新旧の日本橋界隈

最近よく耳にするようになった日本橋三越の向かいの「コレド室町1,2,3」。中央の「コレド1」は2010年に三井ビルの低層階をリニューアルし、商業施設と日本橋地域最大級の多目的ホールになりました。「コレド2」と「コレド3(手前ビル)」は2014年にオープンし、ファッション小物、生活雑貨、インテリアなど選りすぐった一品を紹介しているそうです。
e0219011_19191607.jpg
「コレド1」の鳥料理のお店でお昼を食べて、「コレド2」と「コレド1」間の歩行者天国にあるカフェでお茶をして、道行く人を眺めるという、久振りにゆったりした時間を過ごしました。
e0219011_19191050.jpg
e0219011_19190260.jpg
e0219011_19185454.jpg
歩行者天国の端にある「福徳神社」。二代将軍秀忠公が参詣した時、皮付きの鳥居に、春の若芽が芽生え出ていたことから、別名「芽吹神社」という名前が付いたとか。
e0219011_19184779.jpg
e0219011_19183936.jpg
「コレド室町」から少し離れた「むろまち小路」には老舗が軒を並べ、同じ日本橋で新旧二つの
時代が何の不思議もなく共存しています。
e0219011_19182719.jpg
e0219011_19181802.jpg
e0219011_19175567.jpg
e0219011_19180766.jpg
        日本橋の横に「日本橋魚市場発祥の地」の碑がありました。
        昔の「築地」?
e0219011_19173841.jpg
最近、日本橋の上を走る首都高速を地下に埋めてしまおうという話が取りざたされていますが、
確かに景観は良くなるかも。
e0219011_19172501.jpg
日本橋の下を流れるのが「日本橋川」だって知りました。隅田川の延長かと思っていました。
e0219011_19170973.jpg


by oshaberichi-yan | 2017-07-23 11:10 | 気軽にぶらり

睡蓮と菖蒲の「明治神宮」

梅雨の晴れ間に菖蒲を撮りたいと、見頃の場所を探した結果、ちょっと遅いかなとは思いましたが、6月初旬から中旬という「明治神宮」に出掛けました。
原宿に着いて驚いたのは、駅の神宮橋の歩道橋が無くなっているんです。ずいぶん長い間、原宿とは無縁になっていたから、何時なくなったのか、全く知りませんでした。
e0219011_10415423.jpg
参道を歩くのは、平日に時間のある人と、外国からの観光客です。
e0219011_10414629.jpg
「北門」には、菖蒲の看板がありました。まだ、大丈夫のようです。
e0219011_10413683.jpg
「南池(ナンチ)」には、菖蒲ではなく睡蓮が花盛り?思わぬ収穫です。ここは以前、カワセミを撮るために三脚を立て待つ人たちが沢山いて、気の長い撮影に頭が下がりました。
この日はいらっしゃいませんでしたが。そうそう、狸もいたのですが。。。
e0219011_10412832.jpg
e0219011_10411582.jpg
e0219011_10410593.jpg
e0219011_10405732.jpg
「花菖蒲園」を歩きながら、カメラを向けても、やっぱり少し遅すぎました。1週間くらい前が良かったかな。。。枯れた花を入れずに撮るのも難しい。
e0219011_10405046.jpg
      16枚の花菖蒲田がやさしく曲線で続いています。
e0219011_10404046.jpg
e0219011_10403146.jpg
小高い丘の上には花菖蒲を眺める茅葺の四阿(あずまや)がありました。
e0219011_10402018.jpg
        きれいな花だけを撮るには、後ろをボカす?
e0219011_10400300.jpg
これ以上、広げると、枯れた花が写っちゃいます。
e0219011_10392515.jpg
「三の鳥居」から苑内に入ります。
e0219011_10384910.jpg
e0219011_10390027.jpg
e0219011_10391163.jpg
e0219011_10383388.jpg
1時間の撮影が終わり、ランチをするお店を探して15分。結局、適当なお店が見つからず恵比寿に行ったのですが、15分、カメラをぶら下げて歩いているのは疲れました。以前のカメラより336g 軽くなったと言っても、1kg は越えているのだから軽くなったという実感はありません。「写真は二つのキンリョクが必要」だそうですが、両方 (筋力と金力) ともありません。

by oshaberichi-yan | 2017-06-23 18:29 | 気軽にぶらり

箱根の隠れスポット 「深沢銭洗弁財天」「阿弥陀寺」「蓬莱園」

助手が箱根のツツジを撮りに行くと言う。ツツジの花だけなら、わざわざ出かけなくても、どこで撮っても同じでは? そしたら「銭洗弁天」と「阿弥陀寺」にも行くと言うので、全てお任せで出かけました。

まず最初に、箱根登山鉄道「塔ノ沢」駅のホームに直結している「深沢銭洗弁財天」に行きました。駅の近くに車を止めて、ホームを探すことに。何だか裏山のような所でしたが、工事中のお兄さんに聞いたら、ご親切にもホームに降りる坂道まで案内してくれました。正規ルートなのかはわかりません。ちょっと足元の危ない坂道でしたが、ホームに入るとすぐ弁天さまが見つかりました。
e0219011_11275672.jpg
駅の上りホームから、境内に続く参道があります。私の他には外国人が一組いただけ。あまり知られていないのかな?緑に囲まれ、静かな所でした。電車の中からでも見られると思いますが、気にしていなかったら、気が付かないかも。
e0219011_11274854.jpg
本宮の前に、お金を洗う柄杓と笊がおいてあります。ここの水でお金を洗うと、何倍にも増えて金運向上のご利益があるそうですが、お金は車の中に置いてきてしまっていて残念。老後が心配になりました。
e0219011_11273474.jpg
     なぜ蛙なのかわかりませんが、大きな蛙の背中にも後にも、可愛い蛙が。
     何か意味があるのでしょうね。
e0219011_11272791.jpg
私たちが行ったのは12日。毎年5月11日例祭では、このホームで、ご利益のあるだるまやお札を販売しているそうです。一日遅かった! ここでも運に見放された感じ。
e0219011_11274199.jpg
      そんなに広くないのですが、弁天さまの奥に観音さまがあります。
      駅からすぐお参りできる二つのパワースポット。怠け者の方には、お勧め。
      電車の中からでもお参りできますが、そんな手抜きじゃご利益ないかもね。
e0219011_11271900.jpg
「塔ノ沢」駅から、20分の山登りで「阿弥陀寺」だという。「僕はさくらと待っているから、行って来たら」と勧められましたが、行き先は森のようで全然先が見えません。本当に20分で着くのか心配。迷っていたら、小さな看板を見つけました。そこに矢印があり「阿弥陀寺 駐車場あり」と書いてあるんです。「やった~」。俄然行く気になって、車で入っていたのですが、一台がやっと通れるような細い道。もし、前から車が来たら、坂道のバックなんて。。。最近は、アクセルとブレーキの踏み間違いとか、老人の自動車事故が多いからドキドキしましたが、車と出会うこともなく、無事、駐車場に到着。
e0219011_11270920.jpg
e0219011_11264075.jpg
そこの駐車場から本堂までは、更に坂道を上るのだから、下から歩いて20分では、絶対辿り着けないと思います。男坂、女坂とあるようですが、それどころではありませんでした。
e0219011_11262328.jpg
       参道には、檀家や信者の方々の供養石仏や石塔が並んでいます。
e0219011_11261071.jpg
6月には「六地蔵」の周りのアジサイがきれいだとか。
e0219011_11255103.jpg
やっとたどり着いた「阿弥陀寺」。
e0219011_11253521.jpg
お堂から講和の声が聞こえてきました。ご住職の奥さまが出て来られて「講話を聴いていきませんか」と声をかけてくださいました。40分間位とのことだったので、お参りだけにして。今度は財布をちゃんと持ってきていて良かった!講和中なので「転法輪」は打たないでとのこと。本堂の頭上に掛かっている「百万遍転法輪」は、箱根町の重要文化財。弾誓上人の日課念仏の教えから、信者が一日千遍の念仏を唱える仲間を集め、数珠車に名前を刻んで、毎日住職に廻してもらえば、念仏を唱えたことになると考えて造った数珠だそうです。でも。。。それでいいの?
e0219011_11252552.jpg
小涌谷まで戻る途中です。場所はどこかわかりません。
e0219011_11250074.jpg
          藤の花を、初めて撮りました。
e0219011_11244797.jpg
箱根のツツジで有名な場所は「蓬莱園」の他にも「小田急 山のホテル」とか「強羅公園」とかあるようですが、咲きっぷりをネットでチェックし、「蓬莱園」に決めたようです。
このツツジだけを見て、「皇居東御苑」だとか「根津神社」だとか「蓬莱園」だとか、違いなんて分かりませんよね。
e0219011_11243447.jpg
e0219011_11242404.jpg
e0219011_11241541.jpg
e0219011_11240252.jpg
e0219011_11233280.jpg
今回は偶然の助けを借りて、3時過ぎには家に着き、一度も迷わなかったことを、助手は自慢気。普通だと思うけど。。。機嫌が良かったのか「強羅 花壇」のランチをご馳走してくれました。でも、犬が車に酔ったのか、元気がなく、食事もしないで寝込んでいました。今までは、車酔いなんてしなかったのに。。。


by oshaberichi-yan | 2017-05-18 10:23 | 気軽にぶらり

ネモフィラの丘(国営ひたち海浜公園)

このところ毎日、連休の観光穴場とか、お勧めスポットなどの情報がテレビや新聞にあふれています。その中でもかなり多く取り上げられているのが、ここ「国営ひたち海浜公園」のネモフィラ。あの一面のブルーは「凄い!」。一昨年の10月には紅葉のコキアを撮りに来ていたので、あのブルーの丘を撮ってみたいと、9時前に家を出てきたのですが。。。
10時半過ぎに駐車場に着いた時には、もう既にこの観光バスの行列。なのに、まだまだバスが入ってきます。この他にも駐車場はありますが、西口ゲートがネモフィラの「みはらしの丘」に一番近いのです。一体何人の人が丘に登っているのでしょうか。ゾッとしました。
e0219011_18305210.jpg
   白と青のネモフィラで作った「みはらしの丘」の方向を指す矢印 →
e0219011_18304488.jpg
   ゲートを入って、「みはらしの丘」の麓まで、歩いて10分ちょっと。
e0219011_18303755.jpg
   お勧めの「混雑回避ルート」は、こんな森を抜けます。ここを抜けた時には。。。
e0219011_18302957.jpg
   森を抜けた時、目の先に広がる一面のブルーに、みな「ワァー!」と声を上げました。
   人の多さにだったかな? びっくり!!
e0219011_18301985.jpg
   もう最近は、平日でも空いているところはないですね。高齢者が多くなり、一年中連休
   だから、カレンダーの休みは関係ありません。逆にそれを避けて平日に出掛けるから、
   やっぱり平日も混むんです。
   この頃は、スイセンは終わっていたけど、菜の花の黄色とのコンビネーションも良い。
   あぁ、青い空が欲しい!!
e0219011_18300231.jpg
e0219011_18295362.jpg
e0219011_18293414.jpg
e0219011_18292179.jpg
   最初は結婚式の写真を撮っておるのかと思いましたが、多分モデルさんでしょう。
   ずーっとその辺りにいて、みんなのカメラに応えていました。
e0219011_18291133.jpg
e0219011_18290150.jpg
    丘からの下り道。
e0219011_18285188.jpg
e0219011_18283784.jpg
   ここでは、菜の花に合わせた、黄色いドレスのモデルさん。そういえば、丘の上の
   「みはらしの鐘」のそばには、白いドレスのカップルがいたのですが、その人たちも
   モデルさんだったかな。周りの色と合わせての、モデルさん配置? おしゃれ~
e0219011_18282627.jpg
そうそう、もうすぐ「端午の節句」なんですね。最近はあまり見ない古民家と「こいのぼり」。
e0219011_18281579.jpg
ゲートの手前の「レイクサイドカフェ」付近。
e0219011_18280227.jpg
4月27日は、朝まで降っていた雨も上がり、青空を期待したのですが、ずっとうす曇りでした。
12時前には撮影終了。もっと他にも、砂丘エリア、草原エリア、バーべキュー広場など、サイクリングで回ることも出来るのですが、みはらしエリアだけで、もういいか。。。
公園内は混んでいるし、お弁当も持ってきていないので、常磐自動車道の途中のSAで食事を済ませて、3時には自宅に到着。今年の「春の花」写真班はこれで終了です。
「スカイツリー」に高速の車内から挑戦。連写で何枚撮ったかな?
e0219011_18274637.jpg


















by oshaberichi-yan | 2017-04-29 12:39 | 気軽にぶらり

山梨の「桃源郷」

笛吹市の桃を撮って、勝沼のワイナリーでランチをして帰ってくるというコースで出発。ネットで検索し、手当たり次第にプリントするので、何処に行くのか私にも分からないし、具体的には助手自身も考えてなかったと思います。
朝9時に家を出て、途中で一度、ワンコのトイレのために談合坂SAで休憩。スタバでコーヒーを買おうと思ったら、凄く並んでいて、20人のうち15人は外国人でした。
中央自動車道の渋滞もなく、10時半には「釈迦堂PA」に到着。ここが目的地だったのかどうか分かりませんが、桃の樹が沢山見えたので、とりあえず、ここで撮ることにしました。パーキングエリアから専用階段を上がっていくと、高台に「釈迦堂遺跡博物館」があり、周りは桃畑。博物館は中央自動車道建設時に発掘された縄文遺跡や土器が展示されているそうです。
e0219011_09273185.jpg
e0219011_09271885.jpg
e0219011_09271029.jpg
桜の樹は、並木とか川沿が名所になっていますが、ここは畑なんだから、それは凄い!桃の樹がこんなに群生(?)しているのを見たことがなく、びっくりで感動です。時期的には8,9割り咲きで丁度いい感じ。でも、桃の香りはあまりしなかったような気がします。
e0219011_09263822.jpg
e0219011_09261440.jpg
    ちょっとボケちゃったけど、やっぱり桃の花のアップがないと淋しいから。
e0219011_09252531.jpg
e0219011_09251227.jpg
e0219011_09254244.jpg
向こうの山並みは南アルプス。右の方の一番高い山は「北岳」で、富士山の次に高い山だそうです。売店のお兄さんに教えてもらいました。これで「もう帰ってもいいね」なんて思いましたが、折角だからもうちょっと。
e0219011_09245491.jpg
次は水芭蕉がきれいだという「大窪いやしの杜公園」を目指したのですが、いつものように「ここはどこ?」状態。農家の方に道を聞きながら、走ったのですが。。。そして、迷い道の途中に行き着いたのが「八代町ふるさと公園」。「ここも来ようと思っていたんだよ!」だってサ。
e0219011_09244014.jpg
後が桜の樹、手前に桃の樹。ピンクの濃淡がきれいでした。
e0219011_09243002.jpg
e0219011_09241918.jpg
笛吹市一帯が桃の絨毯を敷いたよう。
e0219011_09235914.jpg
やっとたどり着いた「大窪いやしの杜公園」。公園内は水芭蕉の群生地ですが、もう9分通り終わっていました。ベスト・シーズンは3月の後半ですって。
e0219011_09234962.jpg
e0219011_09233663.jpg
「藤垈の滝」から流れる清流に沿って、歩道橋を歩きながら水芭蕉が楽しめるはずです。
e0219011_09232502.jpg
中央自動車道で勝沼まで戻って、ワイナリーでランチを。又、ここでも「こっちの方だと思う」と言う助手の言葉が曖昧で。。。目的のワイナリーの場所を他のワイナリーで聞くというのが間違いでした。「うちにもありますよ」という言葉で、引き返せなくなってしまって、挫折。「シャトー勝沼ワイナリー」のランチも美味しかったし、工場見学も一人で回れたから、文句はないんですが。
e0219011_09231095.jpg
e0219011_09225956.jpg
本来の目的地だった「ぶどうの丘」。もうちょっと登れば良かったんだ!
e0219011_09224440.jpg
「写真を撮るには、筋力がいる」って本当ですね。車に乗ったり降りたり、坂道を上ったり下ったり。立ったり座ったり。だんだん疲れを感じるようになりました。首にかけているカメラも重くて、肩が凝ります。犬も動いたり止まったりを繰り返すので、疲れたようです。長時間留守をするのは可哀想と思って連れて行くのですが、かえって迷惑だったかも。静かにゆっくり寝ていたいと思っていたりして。。。



by oshaberichi-yan | 2017-04-15 18:18 | 気軽にぶらり


 カメラの趣味、          10年経っても進歩がない。


by oshaberichi-yan

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
写真教室
旅ごころ(旅行 - 海外)
旅ごころ(旅行 - 国内)
花ごころ
おうちイタリアン (レシピ)
おそとごはん(レストラン)
気軽にぶらり
何気に
未分類

最新の記事

夏の終りの箱根芦ノ湖
at 2018-09-07 18:30
蒸し暑い夏
at 2018-07-29 17:01
自分のそう遠くない未来
at 2018-07-02 14:23
掃除機大好き、看板ネコの「き..
at 2018-06-06 09:55
高輪の絶対隠れ家「アトリエ・..
at 2018-05-27 08:39

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
オリーブとブドウ畑のあいだで
エキサイトブログヘルプ
きっと、たぶん、大丈夫。
otanko*photo

外部リンク

以前の記事

2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

ブログジャンル

レストラン・飲食店
旅行・お出かけ

画像一覧